PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > エピックゲームズのアンリアル・エンジン4.21がBlackmagic DesignのDeckLinkシリーズに対応

News

エピックゲームズのアンリアル・エンジン4.21がBlackmagic DesignのDeckLinkシリーズに対応

2018-11-21 掲載

DeckLink Duo 2

Blackmagic Designの発表によると、エピックゲームズのリアルタイムエンジン「アンリアル・エンジン4.21」がBlackmagic DesignのDeckLink 8K Pro、DeckLink Duo 2、DeckLink 4K Extreme 12Gキャプチャ・再生カードのサポートを開始したという。エピックゲームズによるSDKバイナリおよびソースコードは、エピックゲームズのアンリアル・エンジンのマーケットプレイスから無償でダウンロード可能。

アンリアル・エンジンは、VRおよび拡張現実の世界を作成するソリューションを世界中に提供しており、高いレベルを求めるアーティストの要求にも応えられるように設計されたツールを搭載していながら、個人デベロッパーでも大規模のクリエイティブチームでも規模を問わずに使用できる柔軟性があるとしている。

アンリアル・エンジンは、バージョン4.20で1080p60までのHDMIおよびSDIキャプチャ・再生のサポートを追加。4.21では、増え続ける生放送やバーチャルプロダクションのワークフローでの使用に対応するため、多数の新機能が追加された。その中で鍵となる新機能がBlackmagic DesignのDeckLink製品のサポートおよびSDKだという。

DeckLink 4K Extreme 12G

これにより、アンリアル・エンジンのユーザーはキャプチャ・再生カードであるDeckLinkを使用できるようになり、カメラ、コンピューターソース、デッキ、ライブフィードを編集、エフェクト、放送デザインシステムに直接キャプチャ可能となった。

エピックゲームズのUnreal Engine Enterprise本部長のマーク・ペティット氏は次のようにコメントしている。

ペティット氏:放送および映像制作だけでなく、軍のシミュレーション、ゲーム制作、モーションキャプチャにおいて、簡単に高品質のビデオをVRや拡張現実の空間に取り込めることは必須です。Blackmagic DesignのDeckLinkシリーズを使用することで、ユーザーはハイエンドのビデオおよびオーディオでの作業を効率的かつ簡単に行えます。

DeckLinkのサポート追加によるもう一つの利点は、Blackmagic Designが豊富な放送や映像制作のソリューションおよびワークフローを取り揃えていることです。必要なものを網羅していて、キャプチャ用のカメラから、ライブキーイングやポストプロダクション用のソリューションまで扱っているため、ユーザーはすぐにこのサポートによるメリットを感じられるはずです。

DeckLink 8K Pro

(以下、プレスリリースより引用)

DeckLink製品およびアンリアル・エンジンのマーケットプレイスのSDKプラグインを使用することで、アンリアル・エンジン4.21には以下が追加される:

  • リアルタイムビデオ、オーディオ、タイムコード入力のサポート
  • キー&フィル出力のサポート、およびアンリアル・エンジンがレンダリングしたイメージをキャプチャーし、SDIフィードを介して出力する機能のサポート
  • YUVの読み取り、および8-bitまたは10-bit RGBへの変換機能
  • アンリアル・エンジンをビデオ入力に同期、あるいはビデオ出力とゲンロックする機能
  • Blackmagic Media ExpressでSDI入力フィードをキャプチャーする機能
  • 1080p60までのプログレッシブおよびインターレースHDのサポート。将来的に4Kも対応予定。
  • オーディオおよびタイムコードの読み取り機能
  • アンリアル・エンジンのタイムコードとの入力同期
  • Blackmagic Media Expressソフトウェアを介してアンリアル・エンジンのタイムコードのコントロール

[ Category : ]
[ DATE : 2018-11-21 ]
[ TAG : ]

関連する記事

DaVinci Resolve/DaVinci Resolve Advanced Panel事例:シンガポールのゾンビコメディ「Zombiepura」の場合

Blackmagic Designの発表によると、シンガポール初のゾンビコメディ「Zombiepura」のカラーコレクションに、DaVinci ResolveおよびDaVinci ... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:YouTubeシリーズ「Flunk」の場合

Blackmagic Designの発表によると、Amazon PrimeやHere TVでもオンエアされているYouTubeシリーズ「Flunk」がURSA Mini Pro、B... 続きを読む

DaVinci Resolve Studio事例:Gorilla Groupの場合

Blackmagic Designの発表によると、Gorilla Groupが施設拡張の一環としてDaVinci Resolve Studioを導入し、Netflix用のDolby... 続きを読む

[NAB2019]ブラックマジックデザイン、NABにて日本語で新製品紹介ツアーを実施

ブラックマジックデザインは、2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019の同社ブース(サウスホール/SL216)にて、日本語による新製品紹介ツ... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:中国の安徽テレビの場合

Blackmagic Design製品事例:中国の安徽テレビの場合 Blackmagic Designの発表によると、中国の安徽テレビが、Blackmagic Design製... 続きを読む

トップ > ニュース > エピックゲームズのアンリアル・エンジン4.21がBlackmagic DesignのDeckLinkシリーズに対応