PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]エーディテクノブース:LCDモニター、コンバーや光ファイバー、グラフィックボードなどを出展
Special

[InterBEE2018]エーディテクノブース:LCDモニター、コンバーや光ファイバー、グラフィックボードなどを出展

2018-11-21 掲載

エーディテクノブース 360°全天球動画

RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

エーディテクノは、自社開発のLCDモニターのほか、コンバーや光ファイバー、グラフィックボードなどを出展した。今回新製品として12G-SDI対応4KマルチメディアディスプレイUH1250Sや、フルHD 8.9型マルチメディアディスプレイLCD8901、フルHD 7型フィールドモニター75SBのほか、韓国Digital Forecast社製のBridgeUHDシリーズより、12G-SDI/クワッド3G-SDI対応コンバーター4機種やADVOLI社製HDBaseT搭載グラフィックボード3機種、プラスチック光ファイバAOCケーブルなどを出展した。

新製品の4KUHD対応映像/音声信号変換、分配、延長製品BridgeUHDシリーズは、HDMI2.0→12G-SDIコンバーターUHD_MHS、12G-SDI→HDMI2.0コンバーターUHD_MSH、HDMI2.0→クワッド3G-SDIコンバーターUHD_HQS、クワッド3G-SDI→HDMI2.0コンバーターUHD_QSHの4機種。

新製品のHDMI2.0→12G-SDIコンバーターUHD_MHSと12G-SDI→HDMI2.0コンバーターなど、Digital Forecast社製のBridgeUHDシリーズを展示。UHD_MSH。4K映像を同軸ケーブル1本で長距離伝送するSMPTEST2082に準拠した12G-SDIとHDMI2.0間の映像・音声信号変換器。UHD_MHSは、1系統のHDMI入力に2系統のSDI出力端子を搭載。4K UHD 60p信号を12G-SDI信号へ変換し、2系統同時分配出力する。UHD_MSHは、1系統のSDI入力をHDMI2.0へ変換出力する他、SDIスルーアウト出力を1系統搭載。HDMIモニターへの送出と同時に12G-SDI対応機器への送出が行える。いずれも2018年12月7日発売予定で価格は税別90,000円前後

Digital Forecast社の新製品3G-SDIコンバーターUHD_HQSとクワッド3G-SDI→HDMI2.0コンバーターUHD_QSH。UHD_HQSとUHD_QSHは、クワッド3G-SDIとHDMI2.0間の映像・音声信号変換器で、クワッド3G-SDIは2SI/SQDの2つの方式に対応しており、本体ディップスイッチにて選択可能。UHD_HQSはHDMI2.0をクワッド3G-SDIへ変換出力するもので、クワッド3G-SDI対応の4Kシステムに接続して、撮影されたHDMI 4K映像を簡単に取り込む事が可能。UHD_QSHは、クワッド3G-SDIをHDMI2.0へ変換出力する事で、4K映像のモニタリングがHDMIモニターで可能となる。いずれも2019年1月下旬発売予定で、価格は税別75,000円前後となっている

advoli Limited社製の組込型GPU搭載HDBaseTグラフィックカード3機種を出展。HDBaseT送信口を6系統搭載し各送受信機器間をCAT 5e/6ツイストペアLANケーブルで接続。非圧縮の映像(HDMI)・音声(HDMI)・リモコン制御(IR)信号を最大150Mで伝送可能。グラフィックカードに搭載されたGPUにて画像処理を行い、最大4K30p4:4:4(10.2Gbps)フォーマットの映像を各ポートより同時出力ができる

ビデオ拡張インタフェースMXM3.0/3.1規格のスロットと、HDBaseT送信機回路を搭載したPCIe 16スロットタイプグラフィックカードで、ドライバーはAMDより提供された標準Radeonドライバーにて動作するため、Windowsのミラーリングや拡張表示等、設定を容易に行うことができる

グラフィックカード上のHDBaseT出力ポートから受信機までの信号伝送の確立や伝送距離、状況等をモニタリングする診断機能も備えており、LANケーブル取り廻しの問題など、設置環境にて起こりうる伝送問題を解決するツールとして利用することも可能。同社では同製品の取扱いに伴い、同グラフィックカード搭載済み業務用組込型カスタムPCを利用用途に合わせた形で提供する予定

フルHD 7型IPS液晶パネル搭載フィールドモニター75SB。1920×1200のIPSパネル搭載で4K30pに対応する。3G-SDI、HDMI入出力端子搭載しているほか、ヒストグラムやオーディオレベルメーター、フォールスカラー機能のほかピーキングやゼブラ表示にも対応

フィールドモニター75SBにはHDMIやSDIのスルー端子を備えている。電源は7-24Vまでのワイドレンジ対応

12G-SDI対応4K Ultra HD 12.5型IPS液晶パネル搭載業務用マルチメディアディスプレイUH1250S。4系統のHDMI入力端子搭載(HDMI 2.0×1/HDMI 1.4×3)しているほか、2種類のクワッド3G-SDI入出力方式にも対応(2SI/SQD)。4つのフルHD映像を同時表示させる4分割画面表示機能や2つの映像を上下または、左右に表示させる2分割画面表示機能、画面の中に小窓表示するPinP画面表示が可能

プラスチック光ファイバ脱着式マルチAOCケーブル。最大18Gbpsまでの信号を伝送可能で、最長50m HDMI伝送に対応したAHT-xxBやDisplayPort対応アクティブケーブルAPO-xxN、DVI-D対応のADO-xxPなどを出展。長さは10mや100mなど機種により各種ラインナップがある

前面IP65対応パネルマウント式組込みモニター。7-19型まで各種サイズがあるほか、タッチパネルやアナログ、デジタル入力などをラインナップ


[ Category : , , ]
[ DATE : 2018-11-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

Virtual Production Field Guide Season2 Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]エーディテクノブース:LCDモニター、コンバーや光ファイバー、グラフィックボードなどを出展