PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]ナックイメージテクノロジーブース:ARRIのデジタルシネマカメラやオリジナルフルサイズレンズ「CAT’S EYE」を展示
News

[InterBEE2018]ナックイメージテクノロジーブース:ARRIのデジタルシネマカメラやオリジナルフルサイズレンズ「CAT’S EYE」を展示

#NAC #ARRI #Inter BEE 2018

2018-11-22 掲載

ナックイメージテクノロジーブース 360°全天球動画
RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

テジタルシネマ機材関連を網羅、オリジナルフルサイズレンズ「CAT’S EYE」に注目

ナックイメージテクノロジーでは、ARRI ALEXA LF、ARRI ALEXA Mini、ARRI AMIRAといったARRIのデジタルシネマカメラを出展。今回はナックレンタルからもオリジナルフルサイズレンズが発表された。同レンズは ZEISSのCompact Primeの光学系にスリット板と針金を装着したアナモフィックレンズの特徴を再現したレンズで、その見た目からCAT’S EYEという名称になっている。

ナックレンタルではこうしたレンズの改造を以前から行っており、昨年はハイライトの光が桜のようにやわらかく広がり印象的なコントラストを表現できるSAKURA Lensや独特なフレアとローコントラスト感を描写できるFlower Lensなどを開発していた。

また、ブース内の撮影コーナーではARRI ALEXA LFのほか、ソニーVENICEやRED MONSTRO、キヤノンC700FFなど、35mmフルサイズ機が並べられ、同社が扱っている各種レンズの描写を体験可能になっていた。

また、ARRI ALEXA MiniやAMIRAなどのスーパー35mmモデルもあり、35mmフルサイズカメラとの描写の違いも体験できた。そのほかにもレンズコントロールシステムなどのレンズ周辺機器やARRI のLED照明SkyPanelやLシリーズなども出展。

なお、ブースの一角にはグリーンバックのスタジオが設営されており、ここでは同社のバーチャルプロダクトとして自由度の非常に高いカメラトラッキングシステムNcamの実演デモが行われていた。

ナックレンタルの新作オリジナルレンズCAT’S EYEは、ZEISS Compact Primeの光学系に写真のようなスリット板と針金を組み込んだもの。いくつかの焦点距離の物がラインナップされている スリットが猫の目のような形状をしていることからCAT’S EYEという名称に。写真を見て分かる通り絞り開放で最大の効果が得られるようになっており、楕円形のボケの形が変化する CAT’S EYE独特のボケのカタチはアナモフィックレンズの描写に近く、スリット板にあえて反射材を使用しコントラストをやわらかくしたことで、オールドスタイルの映画のような描写になっている 桜のようにやわらかく広がり印象的なコントラストを表現できるSAKURA Lensも展示 往年のクラシックKOWAアナモフィックレンズの筐体を作り直し、使いやすくしたもの ARRI signature-primeは、12mmから280mmまで16本という幅広いライアンナップ 新製品のマルチフォーマットに対応した高倍率ズームレンズAngenieux Optimo Ultra 12x。S35 (φ31.1mm)、U35 (φ34.6mm)、FF/VV (φ46.3mm)の3種類のイメージサークルに対応している Angenieux Optimo Style sphericalのラインナップとして新発売の48-130mm/T3のほか、30-72mm/T2.8や16-40mm/T2.8を展示 Angenieux Type EZ Seriesは光学系を交換することによりスーパー35mmとフルフレーム35mmに対応可能。マウント交換機能も兼ね備えたハイコストパフォーマンスなズームレンズシリーズ。写真はEZ-1で45-135mm/T3(スーパー35mm光学系装着時は30-90mm/T2となる) HD/2K/4K UHD対応のARRI AMIRA。ARRIのワイヤレスレンズコントロール受信機を内蔵した新製品CフォースミニRFとともに出展。ARRI AMIRAはProRes収録のほか別売の追加ライセンスでARRIRAW収録に対応した。ProResHD時は最大200コマ/秒のハイスピード撮影が可能 バーチャルプロダクトとしてカメラトラッキングシステムNcamの自由度を一般的なクレーンを用いてのデモンストレーション Ncamは映像から特徴点を自動的に算出し、カメラのXYZ位置とローテーション情報に加え、レンズのフォーカス・アイリス・ズーム情報も最小のディレーでリアルタイムにストリーミング出力可能 Ncamのデータ出力を受け、アンリアルエンジンを使った実写合成をリアルタイムに出力可能 新発売のスカイパネル360-C。従来のS60-Cの4倍の出力と6倍の照射面を搭載 SkyPanelやLシリーズなどのARRI LED照明。スマートフォンやタブレットで一括制御できる新しいアプリケーションとしてステラを出展

[ Category : , , ]
[ DATE : 2018-11-22 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020]まとめ:ARRI編

製品レポート SRH-360 Orbiter Stellar 2 ... 続きを読む

[再現NAB2020:ARRI]様々なライティングがフレキシブルに行える高輝度LED照明「Orbiter」

ARRIの新ライト、高輝度LED照明「Orbiter」 昨年発表されたARRIの高輝度LED照明「Orbiter(オービター)」は、新しいLED素子技術によりかつてな... 続きを読む

[再現NAB2020:ARRI]照明制御アプリStellarの最新バージョン「Stellar 2」でARRI以外の灯具を制御可能に

他社製の灯具も制御可能となった「Stellar 2」 ARRIの照明制御アプリStellar(ステラ)の最新バージョン「Stellar 2」を紹介しよう。Stella... 続きを読む

[再現NAB2020:ARRI]改良型スタビライズドリモートヘッド「SRH-360」を発表

従来機からパン軸の機能が大幅に改良された「SRH-360」が登場 ARRIから新製品として改良型スタビライズドリモートヘッド「SRH-360」が発表された。SRH-360はユ... 続きを読む

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.09 ARRI、パンバータイプのコントローラー「DEH-1」やシグネチャープライムレンズの12mmと280mmを初展示

txt・構成:編集部 パンバータイプで操作できる「DEH-1」をCine Gearで初展示 ARRIブースでもっとも話題の展示はデジタルエンコーダーヘッドの「DEH... 続きを読む

[NAB2019:ARRI]シネマ業界大注目のホットなカメラ「ALEXA Mini LF」を展示

ARRIブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Ch... 続きを読む

[NAB2019]ARRIブース(動画)

NAB2019のARRIブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.02(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Sonyブース、Tokinaブース、ARRIブース、Leitzブース、SHARPブースからお届けします... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]ナックイメージテクノロジーブース:ARRIのデジタルシネマカメラやオリジナルフルサイズレンズ「CAT’S EYE」を展示