PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:FIFA19コンチネンタルカップの場合

News

Blackmagic Design製品事例:FIFA19コンチネンタルカップの場合

2018-12-04 掲載

Blackmagic Designの発表によると、ESL UKがコンテンツ制作、再生、配信用のマルチレイヤーBlackmagic Designライブインフラを、パリゲームウィークのソニー・インタラクティブエンタテインメントによる「FIFA19」の世界大会「コンチネンタルカップ2018」の大画面ディスプレイおよび複数のライブストリーミングに使用したという。

同プロトーナメントでは、世界中から集まった32名のゲーマーが特設イベントホールで熱戦を繰り広げた。ESL UKは17のマルチカム制作を行い、中央ゲームアリーナ、複数のコメントゾーン、スタジオセット、観客席、プロダクション・ギャラリーをカバーした。

すべてのアクションを逃さずに、イベントの来場者および世界各地の視聴者に届けるため、ESL UK は4つのプログラム(PGM)ミックスを作成した。これには、2つの英語版ミックス、メインのATEM 4 M/E Broadcast Studio 4KからのLCDスクリーン用フィード、フランス語版ミックスが含まれる。フランス語版は、ATEM 2 M/E Production Studio 4Kをプロダクションのハブとして、ESLのフライアウェイPPUで同時に作成された。

ESL UKの制作総指揮を務めるサム・ディーンズ氏は次のようにコメントしている。

メインのプログラムフィードには、ゲームのプレイ動画、グラフィック、タレント、広告コンテンツが含まれ、メインのATEM 4 M/EスイッチャーとATEM 2 M/E Broadcast Panelの組み合わせを使用してデリバリーしました。しかし、一部の放送パートナー用に、特定のカメラ信号と宣伝コンテンツを除いた別のフィードも必要だったんです。

これには、M/E 3を代替のマトリックスバスとして使用しました。これにより、M/E 1のライブソースに応じて、カスタマイズしたコントロールプログラムを用いて、様々の信号が自動的にスイッチングされました。

4台のMicro Studio Camera 4Kがプレーヤーの前に設置され、対戦中のプレーヤーの表情やリアクションを捉えた。アリーナ全域に設置されたプレーヤー、MC、コメンテーターを撮影するカメラに加え、ESL UKは再生および瞬間リプレイの4チャンネルも取り回した。これには、複数のビデオ信号を同時に扱うために、DeckLink Quad 2キャプチャー・再生カードが使用された。

パリゲームウィークのライブストリーミングは、新しくリリースされたゲームの最初のeスポーツ放送だったため、高品質で多面的なライブプロダクションを行うことは極めて重要でした。切り替えを行うコンテンツが非常に多く、また視聴者がすべてのキック、タックル、シュートをリアルタイムで見られるようにするには、ライブ機器に完全に頼れる必要がありました。Blackmagic Design製品を使用した弊社のワークフローでは、複雑でマルチレイヤーのプログラムの放送を可能とし、プレイヤーが経験していることをゲーム愛好家の方達にありのままに伝えることができました。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-12-04 ]
[ TAG : ]

関連する記事

DaVinci Resolve/DaVinci Resolve Advanced Panel事例:シンガポールのゾンビコメディ「Zombiepura」の場合

Blackmagic Designの発表によると、シンガポール初のゾンビコメディ「Zombiepura」のカラーコレクションに、DaVinci ResolveおよびDaVinci ... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:YouTubeシリーズ「Flunk」の場合

Blackmagic Designの発表によると、Amazon PrimeやHere TVでもオンエアされているYouTubeシリーズ「Flunk」がURSA Mini Pro、B... 続きを読む

DaVinci Resolve Studio事例:Gorilla Groupの場合

Blackmagic Designの発表によると、Gorilla Groupが施設拡張の一環としてDaVinci Resolve Studioを導入し、Netflix用のDolby... 続きを読む

[NAB2019]ブラックマジックデザイン、NABにて日本語で新製品紹介ツアーを実施

ブラックマジックデザインは、2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019の同社ブース(サウスホール/SL216)にて、日本語による新製品紹介ツ... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:中国の安徽テレビの場合

Blackmagic Design製品事例:中国の安徽テレビの場合 Blackmagic Designの発表によると、中国の安徽テレビが、Blackmagic Design製... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:FIFA19コンチネンタルカップの場合