PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]ヴァイテックプロダクションソリューションズブース:Flowtech 100と専用グラウンドスプレッダーを国内初展示
Special

[InterBEE2018]ヴァイテックプロダクションソリューションズブース:Flowtech 100と専用グラウンドスプレッダーを国内初展示

2018-12-05 掲載

■ヴァイテックプロダクションソリューションズブース 360°全天球動画

RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

コンセプトはFlowtechのセッティングスピードを実感できる体感型ブース

ヴァイテックプロダクションソリューションズブースの目玉は、軽量、短時間のセッティングが可能なFlowtech 100とFlowtech専用グラウンドスプレッダーだ。Flowtech 75は、今年4月に発売し、供給が間に合わなくなるほど人気の高い三脚だ。その一方で、ラインナップは75mmボール径のみであり、「シネマカメラシステムで使える100mm版はいつ発売されるのか?」と質問するのがメーカーとの定番のやり取りになっていた。

そしてついに、今年9月のIBC 2018でFlowtech 100を発表。InterBEEでは国内初展示とあって、多くの人の注目を集めていた。

新製品のFlowtech 100。こちらはVintenブランドモデル

ブースでは看板で100mmのボール径への対応をアピール

Flowtech 100は100mmのボール径に対応

すでに発売中のFlowtech 75の75mmボール径。比較の参考として掲載してみた

今年の同社ブースはFlowtech三脚の展示が中心で、Flowtech 100は約10台、Flowtech 75は10台から15台をずらりと並べて体験できるようになっていた。

Flowtech以外の三脚は、Flowtechと比較のために用意したという。たとえばスピードロックとFlowtechのスピード勝負や、ポジロックは重さの比較だったり、ダイヤル式のスプレッダーは操作の手間の比較するなど、Flowtechの特長を隅々体感できるようになっていた。

ブースの左半分はFlowtech 75、右半分はFlowtech 100のコーナーに分かれており、約10台ものFlowtech 100を展示。自由に体験できるようになっていた

VintenとSachtlerの2ブランドバージョンを発売

Flowtech 100はFlowtech 75と同じくVintenとSachtlerの2ブランドから発売される。Flowtech 100と75の機能はほぼ一緒で、ロゴと色の違いだけだ。100mmボール径であれば、VintenとSachtlerどちらのヘッドでも載るように共通化されている。

Sachtlerはドイツ、Vintenはイギリスのブランドだが、両ブランドのFlowtechの脚はイギリスで製造されている。Vitecグループは、2018年6月にイギリス・イングランド南東部のベリーセントエドマンドにAutocue、Autoscript、OConnor、Sachtler、Vintenの機材を製造する66,000平方フィートの工場を開設。こちらの工場にFlowtech三脚のカーボン素材を編み上げる特殊な機械を新規導入して、両ブランドのFlowtechが作られているという。

Flowtech 100はFlowtech 75と同じ、赤いロゴのSachtler(左)と水色のロゴのVinten(右)の2ブランドから発売

脚に使われる材質はカーボン製で、モータースポーツのカーボンファイバーを応用したもの。従来のカーボンより若干重いが、高密度に編み込むことにより強度を高めている。

気になるねじれはかなり堅牢に造られており、心配なさそうだ。この後に紹介するグラウンドスプレッダーと一緒に使うことにより、ほとんどねじれの心配はないといっていいだろう。

素早く高さを変更できるクイックリリースレバーを搭載

Flowtech 100の魅力は、なんといってもFlowtech 75で好評だったクイックリリースレバーの搭載だ。これまでの三脚は脚の上段と下段にブレーキ—が付いていてそれぞれ別に高さを調整する必要があり、瞬時に高さを調整することはできなかった。Flowtechのセットアップ方法は、一番上の手元に集約されたクイックリリースレバーを引き上げて三脚の必要な高さに調節し、高さが確定したらレバーを下げるだけで固定できる。この早さは世界最速級だ。

低い位置から高い位置へのセットアップの変更が数秒で行えるということは、撮りたいショットを逃す確率も低くなる。こういった意味でもかなり魅力的な三脚だ。

また、雨風や泥にも強い堅牢な耐久性を実現し、ちょっとやそっとでは壊れない。台風などの雨水や海水、砂が混入しても自動的に排出されるシステムも特長だ。

赤い部分がクイックリリースレバー

ワンタッチで脚部を開閉できるヒンジロック機構

Flowtech 75から引き続き、スプレッダーレスでも使用できるヒンジロックシステムも特長だ。ヒンジロックを解除して開脚した状態から脚を閉じると、各ロックポイントを通過するごとにクリックが聞こえて脚が開かなくなる。20°/46°/72°の三段階から状況に応じて脚の角度を調節できる。

ヒンジロックを解除すると開脚し、閉じていくと特定の角度でロックされてる

最も高く設定した状態は153cmだが、ヒンジロックを完全解除で90°に開くと高さは26cmとなる。しかも瞬時にこの高さに設定できるのは大変便利だ。

最も低くい26cmの状態

待望のグラウンドスプレッダーを展示

InterBEEで初公開されたグラウンドスプレッダーも大注目だ。これまでのグラウンドスプレッダーは、ノブ式のためにしゃがんでノブの調整をしなければならなかったが、新しいグラウンドスプレッダーはグレーのボタンを踏んで調整可能。立ったまま足で操作が可能なので、セットアップがとても楽だ。

数字が記入されているので、伸ばす位置を決められる。脱着もワンタッチで可能。Flowtech 75でも使用できる。単体の購入も可能で、価格は約7万円になる予定。

InterBEEで初公開されたグラウンドスプレッダー

グレーのボタンを足で抑えて伸縮させる

3ヶ所の伸縮位置は記入された数字を目安にできる

グラウンドスプレッダーは足で抑えて伸縮が可能

新製品のグラウンドスプレッダーはFlowtech 75にも対応する

Flowtech 75と異なるデザインの中間スプレッダー

Flowtech 100は、Flowtech 75の機能をそのまま踏襲しているが、中間スプレッダーだけは異なっている。Flowtech 100の中間スプレッダーは、ノブを回すことに4段階ごとにロックの位置を設定できる。取り付けもワンタッチで可能で、スプレッダー先端にあるリリースボタンを押し込み、セットするだけだ。

ちなみに、Flowtech 75の中間スプレッダーは機能的にはほぼ一緒なのだが、三か所止のアーム固定ノブを緩めたり、締める従来の方式のものとなっている。

Flowtech 100の中間スプレッダー。Flowtech 75とはデザインが違う

角度は4段階から選択できる

角度を平らにした状態

中間スプレッターは従来通り、ワンタッチで装着が可能

便利なキャリーハンドル

Flowtechは三脚の持ち歩きのスタイルも変えている。これまでの三脚は、カメラを外して肩に担いで持ち運ぶことが多かったが、Flowtechシリーズにはキャリーハンドルが用意されており、三脚を片手で持ち運ぶことができる。各脚は脚部固定用マグネットでが開かないように固定されるのも便利だ。

キャリーハンドルはFlowtech 75では別売りアクセサリーとして用意されていたが、Flowtech 100は標準で付属する。側面には、3/8のネジ穴のアクセサリードックが3ヶ所あり、小型のHDモニターをアームで搭載したり、Vマウントバッテリーを取り付けられるようになっているのもかなり使えそうだ。

キャリーハンドルは三脚にがっちり固定されている。取っ手はゴム製で覆われて持ちやすくなっている

ワンタッチで脱着可能なラバーフィート

Flowtech 75とFlowtech 100の共通機能として、ラバーフィートの取り付け方も新しくなっている。この原理を使ってパチンとワンタッチで取り外しや取り付けが可能になるように変更された。こちらも一瞬で脱着が可能だ。また、フィートのレバーがケーブルがひっかかってしまうトラブルが起きることがあったが、ケーブルがひっかからない丸みをもった形に変更されている。

ラバーフィートをスパイクの間に置き、レバーをロック位置に到着するまで持ち上げる

レバーはノブにケーブルがひっかからないデザインに変更されている

Flowtech 100では三脚と中間スプレッダーセットの販売も開始

Flowtech 100は、従来の三脚とヘッドのセットのほかに、Flowtech 75にはなかった三脚と中間スプレッダーのヘッドなしセットの販売も行われる。「Flowtech 75の三脚のみ購入したい」という声が多かったが、供給の問題でヘッドとのパッケージ販売を行っていたという。Flowtech 100では、そんな要望に応える形で三脚と中間スプレッダーのセット販売を実現したとのこと。価格は約40万円を予定している。

もちろん、従来通りのヘッドを付けたタイプも用意されており、Flowtechとヘッドをセットした値段を考えるとお買い得な価格といえるだろう。Flowtech 100の中間スプレッタータイプは2018年12月発売予定。グラウンドスプレッタータイプは2019年1月受注開始を予定している。

ヘッドもつけたタイプも発売中で、Sachtlerブランドのシステムパッケージの例になるが、FSB10ヘッドからVideo 18ヘッドまで5種類をラインナップ


[ Category : , , ]
[ DATE : 2018-12-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2011]ヴィンテン ジャパン株式会社ブースレポート

Vision blue メインの展示は、2Kg前後の小型軽量カメラ向けにヴィンテンが出したカメラサポートシステム「Vision blue」。ヴィンテンでは従来まで「Vinten ... 続きを読む

[NAB2011:VITEC]Vinten、Sachtler、OConnor、Manfrottoが一同に会するVITECグループ

VITECグループはVinten、Sachtler、OConnor、Manfrottoといった三脚メーカーなどを傘下に入れており、NABでも同グループがまとまってブースを出展。その... 続きを読む

[InterBEE2010]ヴィンテン ジャパン株式会社ブースレポート

Vision blue 現在発売中のPro-5とPro-6がVision blueにリニューアル。重量バランスが切り換え式だったが、VintenのVisionシリーズの特徴で... 続きを読む

[InterBEE2010]ザハトラー・ジャパン株式会社ブースレポート

Cine DSLR 1~5kgのデジタル一眼レフカメラに最適なCine DSLR。通常よりも長い独特のカメラプレートを備える 注目の新製品は「Cine DSLR」と呼ば... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2009]Vol.03 小型ビデオやデジタルシネカメラにフォーカスした三脚部門

2009年の三脚のトレンドは? Vinten、sachtler、国内では平和精機工業がNABを皮切りに新たなラインアップを発表した。三脚はカメラの進化とともに変化を遂げるものだが... 続きを読む

[InterBEE2009]ヴィンテン ジャパン株式会社ブースレポート

来年(2010年)100周年を迎えるヴィンテンは、LFドラッグ方式のVision3、6、8、11の4機種を約10年ぶりにモデルチェンジ。新たにVision AS(AS= Advan... 続きを読む

[InterBEE2009]ザハトラー・ジャパン株式会社ブースレポート

ザハトラー・ジャパンは、新製品として、先日発表したフルーイドヘッドFSB8およびDV10SB、シネ7+7HDの3機種を出展したほか、調光機能付きLED照明リポーター8LEDimを展... 続きを読む

[ケーブルテレビショー2009]ザハトラー・ジャパンブース ~システム三脚SOOMやautoscriptプロンプターなどを出展~

ザハトラーは、システム三脚SOOMやautoscriptプロンプター、Petrolの各種バッグなどを出展。残念ながら先のNAB2009で発表された三脚は見ることができなかった。 ... 続きを読む

[InterBEE2008]ザハトラー・ジャパン株式会社ブースレポート

ザハトラー、小型三脚FSB 4と1台4役のSOOMハイポッドシステムを展示 ザハトラー・ジャパンは、創業50周年。起業当時の商品を紹介しながら、最新のものまで展示されている。中で... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]ヴァイテックプロダクションソリューションズブース:Flowtech 100と専用グラウンドスプレッダーを国内初展示