PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > AJA、「HDR Image Analyzer」を出荷開始

News

AJA、「HDR Image Analyzer」を出荷開始

2018-12-27 掲載

AJA Video Systems社は、「HDR Image Analyzer」の出荷を開始した。以前、今秋出荷開始予定としていたもの。希望小売価格は税別2,240,000円。

HDR Image Analyzerは、放送やOTTプロダクション、ポストプロダクション、クオリティコントロール(QC)のための4K/UltraHD/2K/HD、HDRやWCG(高色域)コンテンツの波形、ヒストグラム、ベクトルスコープでのモニタリングと分析を行うことが可能。HDR Image Analyzerの主な特長は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • ディスプレイ・リファードSDR(Rec.709)、HDR ST2084/PQおよびHLG分析に対応
  • シーン・リファードARRI®、Canon®、Panasonic®、RED®、Sony®製カメラカラースペースに対応
  • ルックアップテーブル(LUT)による表示とカラー処理に対応
  • 受賞歴のあるColorfront Engineに基づいた自動カラースペース変換機能
  • CIEグラフ、ベクタースコープ、波形、ヒストグラムに対応
  • Nitレベルとフェーズメーター
  • False Color(フォールスカラー)モードで、規格外の色域や輝度のピクセルを簡単に発見
  • 規格外の色域や輝度を検出する精度の高いエラー検知
  • ピクセルピッカーでデータ分析
  • 走査線や縦線に着目して分析できるラインモード
  • タイムコード付きのファイルベースエラーロギング
  • リファレンスの保存
  • ネイティブ解像度で映像を表示できるUltraHD UI
  • 最大4K/UltraHD 60p対応の4x3G-SDI入力とループスルー出力
  • SDI信号を自動認識
  • 放送用モニター向けのループスルー出力
  • 3年間の製品保証

[ Category : ]
[ DATE : 2018-12-27 ]
[ TAG : ]

関連する記事

AJA、九州放送機器展2019にてマルチチャンネルH.264レコーダー「Ki Pro Go」や12G-SDI対応製品を展示

AJA Video Systems社は、2019年7月31日~8月1日の2日間、福岡国際センターにて開催される「九州放送機器展2019」の三友株式会社ブース(No.L-91)と、ビ... 続きを読む

Zero Density、AJAとのパートナーシップを発表

Zero Density社は AJA Video Systems社との戦略的な協力関係を結び、AJAの持つ映像機器の開発に関する知見と、Zero DensityのReality E... 続きを読む

AJA、「HDR Image Analyzer」v1.1の提供開始。HDRモニタリング、分析などの機能を追加

AJA Video Systems社は、「HDR Image Analyzer」v1.1のダウンロードを開始した。同社Webサイトより無償でダウンロード可能。以前、近日中に提供開始... 続きを読む

AJA、「FS-HDR」ファームウェアアップデートv3.0の提供開始。Colorfront Engineビデオ処理によるHDR/WCGリアルタイム変換を提供

AJA Video Systems社は、リアルタイムHDR/WCGコンバーター&フレームシンクロナイザー「FS-HDR」のファームウェアアップデートv3.0の提供を開始した。同社W... 続きを読む

AJA、関西放送機器展2019出展概要を発表。マルチチャンネルH.264レコーダー「Ki Pro Go」や12G-SDI対応製品を展示

Ki Pro GO AJAは、2019年7月10日~11日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第4回 関西放送機器展」に出展する。同社ブースでは、マルチチャンネルH.2... 続きを読む

トップ > ニュース > AJA、「HDR Image Analyzer」を出荷開始