PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [CES2019]Insta360、最大11K画質で、8つのレンズを搭載したVR映画用カメラ「Insta360 Titan」を発売

News

[CES2019]Insta360、最大11K画質で、8つのレンズを搭載したVR映画用カメラ「Insta360 Titan」を発売

2019-01-08 掲載

Insta360は、8つのレンズを搭載し、最大11K画質の360°写真および、動画撮影可能なVR映画用カメラ「Insta360 Titan」の予約受付を開始した。2019年4月から順次出荷開始定。販売価格は税込1,880,000円。

Titanは11K撮影が可能な一体型360°カメラ。11K@30fpsの2Dまたは10K@30fpsの3Dの360°動画、11Kの3Dまたは2D 360°写真が撮影可能。他にも8K@60fps、5.3K@120fpsの360°動画の撮影モードが搭載されている。

Titanは8つの最適化されたMFTセンサーを搭載し、大きいサイズのセンサーの利点を活かしつつ、可能な限りコンパクトな設計となっている。また、Titanは通常の8bitカラー以外に、10bitカラー撮影に対応。その他にも、TitanにはInsta360おなじみのFlowState手ブレ補正技術が実装され、内蔵の9軸センサーでカメラ単体で撮影してもまるでジンバルを使っているような手ブレ補正があるとしている。

Titanの遠隔撮影操作はInsta360が開発した、Farsightライブ映像モニタリングシステムが対応可能。Farsightシステムとは発信機と受信機に分け、スマホやタブレットで映像をモニタリングし、カメラを操作できるシステム。

Insta360のVRコンテンツ再生技術、CrystalViewの再生技術は人間の視野角で見れる部分のみ再生し、見れる部分の画質を下げることなく、動画再生に必要な処理能力を下げる。一定のスペックを持つスマホさえTitanで撮影した高画質コンテンツをありのままに再生できるという。

サンプル動画ファイル(8K 2D、10K 3D、11K 2D)
※10Kおよび11KはYouTube非対応のため、8K画質のみのアップロード

なお、Insta360 Titanは世界最大の家電見本市「CES2019」の同社ブース(サウスホール1/No.21018)にて展示予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-01-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Insta360、手ブレ補正機能搭載カメラ「Insta360 GO」を発売

Insta360は、手ブレ補正機能を搭載した小型カメラ「Insta360 GO」を発表した。希望小売価格は税込23,800円。 Insta360 GOは、重さわずか1... 続きを読む

Insta360、VR映画用カメラ「Insta360 Titan」を出荷開始

Insta360は、8つのレンズを搭載し、最大11K画質の360°写真および、動画撮影可能なVR映画用カメラ「Insta360 Titan」の出荷を開始した。以前、2019年4月か... 続きを読む

SB C&S、180° 3D撮影が可能な360°撮影カメラ「Insta360 EVO」を発売

SB C&S株式会社(旧社名:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)は、Shenzhen Arashi Vision社の180° 3D撮影も可能な360°カメラ「Insta36... 続きを読む

[CES2019]NVIDIAとRED、6K-8K REDCODE RAW映像編集をストレスフリーに

NVIDIAはCES2019で、パワーアップした「NVIDIA GeForce RTX」GPUシリーズを発表した。本グラフィックスカードを組み込んだラップトップPC「GeForce... 続きを読む

[CES2019]Lexar、大容量ストレージの1TBの633x SDXC UHS-Iカードを発表

Lexarは、1TBのメモリー容量となる新型のLexar Professional 633x SDXC UHS-Iカードを発表した。米国での希望小売価格は499.99ドル。日本で... 続きを読む

トップ > ニュース > [CES2019]Insta360、最大11K画質で、8つのレンズを搭載したVR映画用カメラ「Insta360 Titan」を発売