PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、α9のソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0を発表。オートフォーカスや画質などカメラの基本性能が向上

News

ソニー、α9のソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0を発表。オートフォーカスや画質などカメラの基本性能が向上

2019-01-16 掲載

ソニーは、同社のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」のソフトウェアアップグレード(ソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0)を発表した。同アップグレードには、オートフォーカス(AF)や画質の進化に加え、操作性の向上と撮影をサポートする機能群の追加が含まれる。また、「α7R III」、「α7 III」の「リアルタイム瞳AF」の動物対応を含むソフトウェアアップデートも発表された。提供開始時期は以下の通り。

  • 「α9」ボディのソフトウェアアップデート(Ver.5.0)3月頃提供開始予定
  • 「α9」ボディのソフトウェアアップデート(Ver.6.0)夏頃提供開始予定
  • 「α7R III」、「α7 III」ボディのソフトウェアアップデート(Ver.3.0)4月頃提供開始予定
  • モバイルアプリケーション「Imaging Edge Mobile」(Ver.7.0)3月頃提供開始予定
  • モバイルアプリケーション「Transfer & Tagging add-on」(Ver.1.0)3月頃提供開始予定
  • PCアプリケーション 「Remote」「Viewer」「Edit」アップデート(Ver.1.4)1月末提供開始予定

また、カメラの拡張性を引き出す撮影・作品制作のソフトウェアソリューション「Imaging Edge」(イメージングエッジ)を大幅に強化。既存のPCアプリケーションに加え、スポーツや報道などのプロフェッショナルが撮影画像を即時に納品可能な「Transfer & Tagging add-on」(トランスファーアンドタッギングアドオン)、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などに画像を手軽に共有できる「Imaging Edge Mobile」(イメージングエッジモバイル)の2つのモバイルアプリケーションを新たに提供し、撮影後のフローを高速化するとしている。さらにPCアプリケーション「Remote」「Viewer」「Edit」(リモート/ビューワー/エディット)も機能向上のアップデートを行う予定だ。

「α9」ソフトウェアアップグレードの主な特長

AIによる物体認識を含むアルゴリズムの採用により、被写体との距離、模様、輝度などの空間情報を高速に検出し、複雑な動きやスピードに緩急のある動体を高精度に認識し追尾し続ける。特に被写体が人物や動物の場合は、AIにより瞳の位置情報を並行してリアルタイムに認識する。静止画・動画ともに対応。また、カスタムキーに「押す間トラッキング」を設定しておけば、狙ったタイミングに追尾を開始することも可能。タッチトラッキングを設定すれば、モニター上をタッチして追尾する被写体を選択できる。

AIによる物体認識で瞳情報を検出するリアルタイム瞳AF機能がさらに進化した。AF-C(コンティニュアスAFモード)時もシャッターボタンを半押しするだけで、瞬時に被写体の瞳を検出し続け追従する。フォーカスする瞳を「オート」「右目」「左目」から任意で選択したり、「右目/左目切替機能」でカスタムボタンを押すたびに左右を切り替える設定も可能だ。また、リアルタイム瞳AFは一部の動物にも対応予定(Ver.6.0)。

進化したアルゴリズムを採用することで、像面位相差検出AFセンサーの活用領域を拡げ、AF-Cかつ連写時にオートフォーカスが可能な絞り値をF11からF16に拡大。屋内スポーツなど照度の低い環境でも性能が向上したほか、スローシャッター時の絞り値を大きく設定した撮影においても、迅速に自動でフォーカスを合わせるとしている。

動画撮影時には、位相差検出AFとコントラスト検出AFを併用したファストハイブリッドAFのうち、位相差検出システムをより効果的に活用することにより、AFの精度・速度が向上。被写体の手前を何かが横切った場合や、絞り値を大きく設定した撮影時でも、スムーズでふらつきの少ないピント合わせができるとしている。

モニター画面上の被写体にタッチするだけでフォーカスを合わせるタッチフォーカスに加えて、新たに液晶モニター上を指でなぞることでスムーズにフォーカスの位置を変更可能なタッチパッド機能にも対応。タッチトラッキング機能を設定しておけば、タッチによる被写体の選択と追従が可能だ。

カメラ内のJPEG生成アルゴリズムを最適化し、より滑らかな階調表現を実現。また、連続撮影モード時に短い間隔の連写を繰り返す場合などに、オートホワイトバランスの正確性・安定性が向上。全体的な色再現性が向上し、撮影後の色合わせの負担を軽減する。

その他にも、前後ダイヤルや背面コントロールホイールの柔軟なカスタマイズに対応する「マイダイヤル」機能の追加や、メモリーカードの容量オーバー時に、もう一方のメモリーカードに記録先を自動で切り替えるリレー記録、デュアルスロット記録メニューの静止画振り分け記録設定の選択方法を詳細化、撮影した静止画に5段階で設定できるレーティング機能と再生時の一覧性が向上する連写グループ表示を追加している。

「α7R III」「α7 III」ソフトウェアアップデートの主な特長

AIを活用した新技術により、リアルタイム瞳AF機能がさらに進化。AF-C時もシャッターボタンを半押しするだけで、リアルタイムに被写体の瞳を検出し続け追従する。さらに、一部の動物にも対応予定。

また、インターバル撮影機能が追加され、タイムラプス用の画像撮影をカメラだけで撮影可能となった。

ソフトウェアソリューション「Imaging Edge」の進化点

ソフトウェアソリューション「Imaging Edge」

静止画納品ワークフローを高速化するプロ向けモバイルアプリケーション「Transfer & Tagging add-on」が追加となり、カメラのFTPバックグラウンド転送を使用して、静止画の全画像または選択した画像を撮影中でもモバイル機器に転送可能となった。転送した画像に音声やショートカットを用いてタグやキャプションを入力したり、ショートカット用の用語をパソコンで作成しモバイル機器に同期することも可能。

モバイル機器によるリモート撮影や静止画・動画の転送などを行うアプリケーション「Imaging Edge Mobile」が追加となった。撮影しながら静止画の全画像をモバイル機器に転送するスマートフォンへの自動バックグラウンド転送機能により、手軽にSNSへ共有できる。新たに対応した4K動画の転送や、PlayMemories Mobileと同様に映像をモバイル機器で確認しながら撮影できるリモートコントロール機能、撮影画像への位置情報付与が可能だ。

PCアプリケーション「Remote」「Viewer」「Edit」もVer.1.4にアップデート。インターバル撮影した静止画からのタイムラプス動画生成に対応する。また、連続撮影時に前の画像を半透明化するオーバーレイ機能により、前後の画像比較やストップモーション動画の作成も容易だという。また、二つの画像の比較表示、画像の入れ替えや表示位置の同期など、操作性が向上する新ユーザーインターフェイスを採用している。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-01-16 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、焦点距離200mmから600mmまでをカバーする超望遠ズームレンズGレンズ「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」を発売

ソニーは、35mmフルサイズ対応α(Alpha)Eマウントレンズとして、望遠200mmから超望遠600mmまでをカバーする超望遠ズームレンズGレンズ「FE 200-600mm F5... 続きを読む

ソニー、大口径超望遠単焦点レンズGマスター「FE 600mm F4 GM OS」を発売

ソニーは、35mmフルサイズ対応のα(Alpha)Eマウントレンズとして大口径超望遠単焦点レンズGマスター「FE 600mm F4 GM OSS」を2019年6月18日に発売する(... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.02(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Sonyブース、Tokinaブース、ARRIブース、Leitzブース、SHARPブースからお届けします... 続きを読む

[NAB2019]Sonyブース(動画)

NAB2019のSonyブース動画です。 ... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、α9のソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0を発表。オートフォーカスや画質などカメラの基本性能が向上