PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ハッセルブラッド、X1D-50cファームウェアアップデート1.22を提供開始。新しいXCDレンズをサポート

News

ハッセルブラッド、X1D-50cファームウェアアップデート1.22を提供開始。新しいXCDレンズをサポート

2019-01-25 掲載

ハッセルブラッドは、X1D-50cファームウェアアップデート1.22を提供開始した。新しいファームウェアはHasselblad.comのマイ・ハッセルブラッドからダウンロード可能。

同アップデートには、X1D-50cミラーレス中判カメラの数々の細かな改良点も含まれ、総合的な機能性が向上。詳細は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

■最新レンズのサポート
X1D-50cが対応するレンズのラインナップにXCD 2,8/65とXCD 1,9/80、XCD 2,8/135が追加されました。レンズのファームウェアは0.5.33にアップデートする必要があります。

■新しい露出ブラケットオプション
長時間露光でのカメラぶれを回避するために、イニシャルディレイを設定できるようになります。

■ライブビューでのフォーカスリミット設定の表示
近距離、遠距離またはフルのフォーカスリミットが設定できるレンズでは、近距離または遠距離設定のときにライブビューにアイコンが表示されるようになります。現在のところXCD 120とXCD 135の2本のレンズが対応します。

■メインメニュー画面のアイコンのカスタマイズ
メインメニュー画面のショートカットアイコンをドラッグアンドドロップして再配置できます。

■新しいカスタムボタンオプション
新たに3つのカスタムボタンオプションが利用可能になりました。「ライブビュー オン/オフ」、「近接側へフォーカス(最短撮影距離)」、そして「フォーカスリミット」です。

■新たなセルフタイマーオプション
セルフタイマーのカウントダウンの際、前面のLEDの点滅を消せるようになります。

■HC/HCDレンズのコンバーター/エクステンションチューブ利用時のAF対応
対応するHC/HCDレンズをXHレンズアダプターを介した際、Hシステムの特定のレンズアクセサリー(エクステンションチューブやアダプターを含む)を使用したときにもオートフォーカスが有効になります。

■ライブビュー時のフォーカスポイントの中央復帰
ライブビュー時に×ボタンを押すことで、移動させたフォーカスポイントが中央に復帰します。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-01-25 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ハッセルブラッド、<SKOLA HASSELBLAD>VOL. SPECIALを開催

ハッセルブラッド・ジャパンは、ローカルアンバサダー長山一樹氏による中判デジタルカメラH6D講座<SKOLA HASSELBLAD>VOL. SPECIALを東京・渋谷のGo-SEE... 続きを読む

ハッセルブラッド、フォトコンテスト「HASSELBLAD X YOU」を開催

ハッセルブラッドは、X1Dユーザーを対象したフォトコンテスト「Hasselblad X YOU」を開催中だ。受付締切は2019年12月6日の8時(日本時間)。 同コンテストで... 続きを読む

ハッセルブラッド、X1Dシリーズでの撮影ワークショップ「SKOLA HASSELBLAD VOL.1」を開催

ハッセルブラッドは、2019年9月21日にHasselblad X1D II 50Cを使用したワークショップ「SKOLA HASSELBLAD VOL.1」を東京・渋谷のハッセルブ... 続きを読む

ハッセルブラッド、ミラーレス中判デジタルカメラ「Hasselblad X1D II 50C」を発売

ハッセルブラッド・ジャパン株式会社は、同社のミラーレス中判デジタルカメラHasselblad Xシリーズの新製品「Hasselblad X1D II 50C」を発売開始した。以前、... 続きを読む

ハッセルブラッド、X1D II 50CにXCD 3,5/45をくわえたレンズキットを発売

ハッセルブラッド・ジャパン株式会社は、同社の中判デジタルカメラX1D II 50CにXCD 3,5/45を加えたレンズキットを2019年9月に発売する。市場想定価格は税別833,3... 続きを読む

トップ > ニュース > ハッセルブラッド、X1D-50cファームウェアアップデート1.22を提供開始。新しいXCDレンズをサポート