PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 富士フイルム、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を発売

News

富士フイルム、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を発売

2019-02-13 掲載

富士フイルム株式会社は、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載し、本体を動かさずにレンズの回転だけで様々な方向へ投写可能な超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000(以下:FP-Z5000)」を2019年4月に発売する。希望小売価格はオープン。ユーザーお渡し想定価格は税別100万円未満。以前、開発発表をしていたもの。また2019年夏にはホワイトモデルも発売予定。

発表会では2019年夏に発売予定のホワイトモデルを参考展示

FP-Z5000は、FUJINONレンズの光学技術を活かして開発した「屈曲型二軸回転機構レンズ」により、レンズを上・下・前・後・左・右の向きに切り替えることができ、本体を動かさずにさまざまな方向へ投写することが可能。壁やスクリーンのみならず、天井や床などにも映像を映し出すことが可能。レンズの回転だけで映像の向きを縦と横に切り替え可能。縦長映像を映し出す「ポートレート投写」も簡単に行えるとしている。

超短焦点レンズにより、75cmの至近距離から100インチの大画面映像を映し出す。プロジェクター本体と投写面の間に生じるデッドスペースを削減できるため、空間を最大限に活用した演出が可能。大口径レンズの広いイメージサークルを活かし、上下82%・左右35%のレンズシフト機能を実現。プロジェクター本体の位置やレンズの向きを変えることなく、広い範囲で映像の位置を簡単に調整できる。

同社の光学設計のノウハウを活かした大口径球面・非球面レンズにより、短焦点レンズで顕著に現れる映像周辺部の歪みや、レンズシフト時に生じる収差を徹底的に抑制。耐久性に優れたレーザー光源を搭載しているため、5000lmの映像を安定的に映し出すことが可能。

縦置き、横置きの両方に対応。厚さ108mmの小型ボディを実現。レンズ収納時にレンズとプロジェクター本体が直方体に収まるコンパクト設計も採用している。

2月13日開催されたZ5000プロジェクターの製品発表会と内覧会のダイジェスト動画

[ Category : ]
[ DATE : 2019-02-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

富士フイルム、開放F値3.5、焦点距離50mmの標準レンズ「フジノンレンズ GF50mmF3.5 R LM WR」を発表

富士フイルム株式会社は、同社のミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」用交換レンズGFレンズの新製品として、標準レンズ「フジノンレンズ GF50mmF3.5 R LM WR」(以... 続きを読む

富士フイルム、6.0段手ブレ補正機能と5倍ズームを備えた標準ズームレンズ「フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WR」を発表

富士フイルム株式会社は、同社のデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの新製品として6.0段手ブレ補正機能と5倍ズームを備えた「フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS ... 続きを読む

富士フイルム、参加型写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展2019」を全国33会場で順次開催

富士フイルム株式会社は、2019年7月12日から11月10日の期間中「“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展2019」を全国33会場で順次開催する。7月12日から... 続きを読む

富士フイルム、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII」を発表

富士フイルム株式会社は、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII(以下:アクロスII)」を新たに開発した。2019年秋に、35mmサイズ、ブローニーサイズの2種類を発売予定。 ... 続きを読む

富士フイルム、1億2百万画素のラージフォーマットセンサー搭載ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX100」発売

高速・高精度AF、ボディ内手ブレ補正、4K動画撮影も可能なミラーレスデジタルカメラ登場 富士フイルムは、1億2百万画素のラージフォーマットセンサーを搭載したミラーレスデジタル... 続きを読む

トップ > ニュース > 富士フイルム、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を発売