PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 富士フイルム、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を発売

News

富士フイルム、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を発売

2019-02-13 掲載

富士フイルム株式会社は、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載し、本体を動かさずにレンズの回転だけで様々な方向へ投写可能な超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000(以下:FP-Z5000)」を2019年4月に発売する。希望小売価格はオープン。ユーザーお渡し想定価格は税別100万円未満。以前、開発発表をしていたもの。また2019年夏にはホワイトモデルも発売予定。

発表会では2019年夏に発売予定のホワイトモデルを参考展示

FP-Z5000は、FUJINONレンズの光学技術を活かして開発した「屈曲型二軸回転機構レンズ」により、レンズを上・下・前・後・左・右の向きに切り替えることができ、本体を動かさずにさまざまな方向へ投写することが可能。壁やスクリーンのみならず、天井や床などにも映像を映し出すことが可能。レンズの回転だけで映像の向きを縦と横に切り替え可能。縦長映像を映し出す「ポートレート投写」も簡単に行えるとしている。

超短焦点レンズにより、75cmの至近距離から100インチの大画面映像を映し出す。プロジェクター本体と投写面の間に生じるデッドスペースを削減できるため、空間を最大限に活用した演出が可能。大口径レンズの広いイメージサークルを活かし、上下82%・左右35%のレンズシフト機能を実現。プロジェクター本体の位置やレンズの向きを変えることなく、広い範囲で映像の位置を簡単に調整できる。

同社の光学設計のノウハウを活かした大口径球面・非球面レンズにより、短焦点レンズで顕著に現れる映像周辺部の歪みや、レンズシフト時に生じる収差を徹底的に抑制。耐久性に優れたレーザー光源を搭載しているため、5000lmの映像を安定的に映し出すことが可能。

縦置き、横置きの両方に対応。厚さ108mmの小型ボディを実現。レンズ収納時にレンズとプロジェクター本体が直方体に収まるコンパクト設計も採用している。

2月13日開催されたZ5000プロジェクターの製品発表会と内覧会のダイジェスト動画

[ Category : ]
[ DATE : 2019-02-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

富士フイルム、ラージフォーマット対応で小型軽量を実現したシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」登場。開発の背景について聞く

富士フイルムは4月3日、ラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズPremistaを発表。ラスベガスで開催されたNAB2019では、Premista発表のプレスカン... 続きを読む

[NAB2019]Carl Zeissブース(動画)

NAB2019のCarl Zeissブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]富士フイルムブース(動画)

NAB2019の富士フイルムブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]富士フイルム、NAB2019出展概要を発表。4K・8K映像に対応した放送用レンズやラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」シリーズなどを展示

※写真は昨年の様子 富士フイルムは、2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019に出展する(セントラルホール/C7225)。 同社... 続きを読む

トップ > ニュース > 富士フイルム、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を発売