PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [CP+2019]ソニー、「CP+2019」出展概要を発表。大口径望遠単焦点レンズGマスター「FE 135mm F1.8 GM」や、αおよびサイバーショットなど…

News

[CP+2019]ソニー、「CP+2019」出展概要を発表。大口径望遠単焦点レンズGマスター「FE 135mm F1.8 GM」や、αおよびサイバーショットなどのカメラ製品群を展示

2019-02-27 掲載

※写真は昨年の様子

ソニーは、2019年2月28日(木)~3月3日(日)の期間中、パシフィコ横浜にて開催される写真映像展示会「CP+2019」に出展する(総合ゾーン:G-01)。

同社ブースでは、新商品の大口径望遠単焦点レンズGマスター「FE 135mm F1.8 GM」や、ワイヤレスリモートコマンダー「RMT-P1BT」をはじめ、α(Alpha)およびサイバーショット、ハンディカムなどのカメラ商品群を総合展示する。

また、αに加えて、業務用メモリーカムコーダー「FS7 II」、CineAlta(シネアルタ)カメラ「VENICE」の展示により、一つのマウントで多彩な静止画・動画の撮影をカバーし、豊富な専用レンズ群も生かせるEマウントの世界の拡充を推進する商品ラインアップやソリューションを紹介する。また、AFスピード体験やポートレート撮影のできるシューティングコーナーも用意されている。加えて、フォトグラファーとビデオグラファーを多数講師に迎えたセミナーの開催や、αで撮影された作品をギャラリーコーナーに設置した4Kブラビアにて鑑賞可能。主な展示内容は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

■レンズ交換式デジタル一眼カメラα
Eマウントシリーズの35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」、「α7R III」、「α7 III」、APS-Cミラーレス一眼カメラの最新機種「α6400」を紹介します。Bluetooth無線技術を採用し、信頼性と操作性、短いレリーズタイムラグで本格的なリモート撮影をサポートする新商品のワイヤレスリモートコマンダー「RMT-P1BT」を展示。また、ソフトウェアアップデートにより、さらに進化したAF性能を実現する「α9」(Ver.5.0ベータ版)や、動物にも対応予定の「リアルタイム瞳AF」を新たに実装する「α7R III」(Ver.3.0ベータ版)を先行して体験できます。カメラの拡張性を引き出す撮影・作品制作のソフトウェアソリューション「Imaging Edge」(イメージングエッジ)のモバイルアプリケーションで、新たに提供を開始する「Imaging Edge Mobile」や、PCアプリケーション「Remote」「Viewer」「Edit」の最新バージョン(Ver.1.4)のデモ展示もします。

■αレンズ
高解像と大きく美しいぼけ描写を最新光学設計により実現する、新商品の大口径望遠単焦点レンズ「FE 135mm F1.8 GM」を今回初めて紹介します。また、軽量で、開放F値1.4から高解像な大口径広角単焦点レンズ「FE 24mm F1.4 GM」(既発売)など、解像とぼけを最高度に両立させたプレミアムレンズシリーズのGマスター9本を含めた全αレンズ群を展示します。

■デジタルスチルカメラ サイバーショット
広角から望遠までをカバーする24-200mm F2.8-4.5ズームレンズと0.03秒の高速AFを備えたプレミアムコンパクトモデル「RX100 VI」、24-600mm F2.4-4高倍率ズームレンズと0.03秒の高速AFを実現する「RX10 IV」、および防水性と堅牢性を備え、小型ボディに高画質技術を凝縮した「RX0」を展示します。

■デジタル4Kビデオカメラレコーダー ハンディカム
動画撮影における高いAF性能を273点像面位相差検出AFセンサーの高密度配置によって実現し、HLG(Hybrid Log-Gamma)方式の4K HDR(ハイダイナミックレンジ)記録に対応する4Kハンディカム「FDR-AX700」を展示します。

■SDXC/SDHC UHS-IIメモリーカード
優れた堅牢性と防水性、防塵性を備えたSDカード「SF-GシリーズTOUGH(タフ)仕様」の世界最速の書き込み/読み出し速度を生かし、撮影中だけでなく、撮影後のワークフローの効率化も実現するソリューションを展示します。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-02-27 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、有効約6100万画素の新開発35mmフルサイズCMOSイメージセンサーを搭載したフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7R IV」を発表

ソニーは、有効約6100万画素の新開発35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rを搭載したα(Alpha)レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α7R IV」を2... 続きを読む

ウォークマン40年の歩みを体験できる「#009 WALKMAN IN THE PARK」が開催

Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)は、2019年7月1日~9月1日までの期間中、ウォークマン40年の歩みを感じながら、触れて、聞くことのできる体験展示「#009 W... 続きを読む

ソニー、ネヴィオン社とIPベースの放送映像制作ソリューションに関する戦略的協業体制を構築

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社(以下:ソニー)と、Nevion AS(以下:ネヴィオン社)は、放送業務用分野を中心としたIP(Internet Protoc... 続きを読む

ソニー、1/2.8型セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサーおよび、低照度性能を向上した2タイプを商品化

「IMX415」(左)、「IMX485」(右) ソニーは、今後のスマートシティの拡大を踏まえ、防犯・防災、交通、商業施設を始めとしたさまざまな監視用途で急速に普及が進むセキュ... 続きを読む

ソニー、「HXR-NX80」と「PXW-Z90」に新機能のシンプルライブストリーミングを追加するソフトウェアアップデートを発表

写真左:HXR-NX80、写真右:PXW-Z90 ソニービジネスソリューション株式会社は、4K HDR対応の業務用カムコーダー「HXR-NX80」および「PXW-Z90」に、... 続きを読む

トップ > ニュース > [CP+2019]ソニー、「CP+2019」出展概要を発表。大口径望遠単焦点レンズGマスター「FE 135mm F1.8 GM」や、αおよびサイバーショットなどのカメラ製品群を展示