PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ブラックマジックデザイン、4チャンネル対応のPCIeキャプチャーカード「DeckLink Quad HDMI Recorder」を発売

News

ブラックマジックデザイン、4チャンネル対応のPCIeキャプチャーカード「DeckLink Quad HDMI Recorder」を発売

2019-03-06 掲載

Blackmagic Designは、4系統の独立したHDMI 2.0b入力を搭載したPCIeキャプチャーカード「DeckLink Quad HDMI Recorder」を発売した。希望小売価格はUS$545(国内:税別59,980円)。

DeckLink Quad HDMI Recorderは、SD、HD、Ultra HD、4K DCI、さらにはコンピュータービデオフォーマットをあらゆる組み合わせで同時にキャプチャ可能。8レーンGeneration 3 PCIeキャプチャーカードで、最高32Gb/秒の速度でデータを転送できる。4系統の独立したHDMI 2.0b入力コネクターでマルチチャンネル・キャプチャーに対応するため、4系統までの異なるビデオストリームを最大60フレーム/秒でキャプチャー可能。各HDMI入力コネクターは、全く異なるビデオフォーマットまたはコンピューター入力信号を別々にキャプチャー可能でキャプチャーカード4枚分の機能が1枚のカードに搭載されているようなものだとしている。

DeckLink Quad HDMI Recorderは、空いているPCIeスロットに接続するだけで使用でき、接続後のカードは、コンピューター上では4枚の別々のカードとして表示される。また、ソフトウェアデベロッパーは無償のBlackmagic Desktop Video SDK(Mac/Windows/Linux対応)を使用して、キャプチャー時に異なるHDMIチャンネルを選択可能で、様々なソフトウェアアプリケーションを使用して、異なるビデオストリームを同時にキャプチャーできる。

ユーザーはvMix、Wirecast、OBSなどのソフトウェアアプリケーションを自由な組み合わせで使用し、マルチチャンネルの録音およびストリーミングに対応できるという。例えば、vMixを使用している場合、カメラ2台、コンピューター、ゲームコンソールからの入力を録画し、同時にライブスイッチングを行い、インターネット経由でライブ放送が行える。DeckLink Quad HDMI Recorderは単一スロットに挿入でき、放送局のニュース編集室や中継車、データセンターなどで一般的に使用されるロープロファイルのラックマウントサーバーに最適だとしている。

4系統の独立したHDMI 2.0bコネクターは、8-bit/10-bit YUVまたは10-bit/12-bit RGBの場合で30pまでの4K DCI、8-bit RGBの場合で60pまでの4K DCIをキャプチャー可能。さらにDeckLink Quad HDMI Recorderは、8-bit RGB(2560×1600解像度まで)のコンピューターおよびゲームコンソールをサポートしている。

Blackmagic Design CEOのグラント・ペティ氏は次のようにコメントしている。

新発表のDeckLink Quad HDMI Recorderは、複数のビデオストリームを同時に扱う必要のあるユーザーに最適です。DeckLink Quad HDMI Recorderはエキサイティングな製品で、キャプチャーカード4枚分の仕事を1枚のPCIeカードで担います!


[ Category : ]
[ DATE : 2019-03-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ブラックマジックデザイン、「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.9」を開催。テーマはDaVinci Resolveの編集ページ

Blackmagic Designは、2020年2月27日に「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.9 EDIT, CUT, Editor Key... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:クリエイティブエージェンシーのバーチャルスタジオセットの場合

Blackmagic Designの発表によると、イタリアのクリエイティブエージェンシーViSo Video Solutionsが、Ultimatte 12合成プロセッサーおよびU... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:株式会社鉄人化計画のカラオケ機器集中管理システムの場合

Blackmagic Designの発表によると、「カラオケの鉄人」を運営する株式会社鉄人化計画がカラオケ機器の集中管理システムにUniversal Videohub 72およびS... 続きを読む

DaVinci Resolve Studio/Editor Keyboard事例:ドイツのテレビ番組「Quatsch Comedy Club」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ドイツのスタンダップコメディ番組「Quatsch Comedy Club」が、DaVinci Resolve Studioで編集お... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.8」を開催。DaVinci ResolveからみたMac Pro/Pro Display XDRの魅力を紹介

ブラックマジックデザインは、2020年1月30日に「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.8 Power to change everything... 続きを読む

トップ > ニュース > ブラックマジックデザイン、4チャンネル対応のPCIeキャプチャーカード「DeckLink Quad HDMI Recorder」を発売