PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NAB2019]Telestream、即時チャンネル作成システム「OptiQ」を発表

News

[NAB2019]Telestream、即時チャンネル作成システム「OptiQ」を発表

2019-03-14 掲載

Telestreamは、2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019の同社ブース(ブースNo.SL3308)にて、クラウド環境向けのワンクリックチャンネル作成ソリューション「OptiQ」を公開する。

OptiQはコンテナと複数の組織化システムを採用しており、業界の力学とユーザーのフィードバックに基づいて優先的に採用された。同コンテナはモジュラーLinuxベースの「要素(エンコーダー、パッケージャー、オリジンサーバー、モニタリングプローブなど)」で、組織化システムによりクラウド環境内でインスタンス化し、リアルタイムに監視可能なライブストリーミングチャンネルを繋ぎ合わせ自動的に構成する。

新製品Telestream Channel Orchestratorは、チャンネル設計、組織化処理の管理、要素の接続と構成が可能で、冗長性と自己修復機能に対応する。また、OptiQは多くの主要なクラウドプロバイダーに対応予定。さらに、オンプレミスのデータセンターにも対応予定だ。

OptiQは最新のエンコーディング/パッケージング機能と従来のオンプレミス構造を統合可能。ビデオストリーミングは常に進化しているので、クラウドをストリーミングに活用すれば、コンテンツプロバイダーは最新の機能を利用できるとしている。

OptiQは、UHD/4K HDRは多くのCPU/GPU/その他の半導体素子のリソースが必要だ。OptiQによりコンテンツプロバイダーは、SD/HDをクラウドに追いやる一方で、CPUに大きな負荷のかかるビデオストリーミングに対し、貴重で高速なオンプレミスのハードウェアを活用できるとしている。さらに、新しいチャンネルを試す動機付けとなり、クラウド移行環境内に非公開で設計することも可能。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-03-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2019:SHURE]デジタルワイヤレスシステムを中心とした展示。実際のスタジオを模したコーナーでワイヤレスマイクの実動作をデモ

Shureはすでにワイヤレスシステムを一新し、これを市場に浸透させるべく積極的に展開しており、日本国内でもInterBEEなどでも見て分かる通り全面に出してアピールしている。 ... 続きを読む

[NAB2019:TASCAM]ビデオエンコーダー/デコーダー/レコーダーシステムVS-R264/VS-R265を参考出品

TASCAMブースでは、Dante対応ML/MMコンパクトプロセッサーシリーズや、DSP内蔵マトリクスミキサーMX-8A、24トラックライブレコーディングミキサーModel24、新... 続きを読む

[NAB2019:NHK]8K放送システムやコンテンツの展示、裸眼による3D映像システムを展示

NHKブース動画 NHKブースレポート すでにNHKが提唱していた4K8Kは実用期にはいり、カメラを初めとした様々な機器がすでに内外各メーカーから発... 続きを読む

富士フイルム、ラージフォーマット対応で小型軽量を実現したシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」登場。開発の背景について聞く

富士フイルムは4月3日、ラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズPremistaを発表。ラスベガスで開催されたNAB2019では、Premista発表のプレスカン... 続きを読む

トップ > ニュース > [NAB2019]Telestream、即時チャンネル作成システム「OptiQ」を発表