PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NAB2019]Telestream、即時チャンネル作成システム「OptiQ」を発表

News

[NAB2019]Telestream、即時チャンネル作成システム「OptiQ」を発表

2019-03-14 掲載

Telestreamは、2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019の同社ブース(ブースNo.SL3308)にて、クラウド環境向けのワンクリックチャンネル作成ソリューション「OptiQ」を公開する。

OptiQはコンテナと複数の組織化システムを採用しており、業界の力学とユーザーのフィードバックに基づいて優先的に採用された。同コンテナはモジュラーLinuxベースの「要素(エンコーダー、パッケージャー、オリジンサーバー、モニタリングプローブなど)」で、組織化システムによりクラウド環境内でインスタンス化し、リアルタイムに監視可能なライブストリーミングチャンネルを繋ぎ合わせ自動的に構成する。

新製品Telestream Channel Orchestratorは、チャンネル設計、組織化処理の管理、要素の接続と構成が可能で、冗長性と自己修復機能に対応する。また、OptiQは多くの主要なクラウドプロバイダーに対応予定。さらに、オンプレミスのデータセンターにも対応予定だ。

OptiQは最新のエンコーディング/パッケージング機能と従来のオンプレミス構造を統合可能。ビデオストリーミングは常に進化しているので、クラウドをストリーミングに活用すれば、コンテンツプロバイダーは最新の機能を利用できるとしている。

OptiQは、UHD/4K HDRは多くのCPU/GPU/その他の半導体素子のリソースが必要だ。OptiQによりコンテンツプロバイダーは、SD/HDをクラウドに追いやる一方で、CPUに大きな負荷のかかるビデオストリーミングに対し、貴重で高速なオンプレミスのハードウェアを活用できるとしている。さらに、新しいチャンネルを試す動機付けとなり、クラウド移行環境内に非公開で設計することも可能。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-03-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

「朋栄内覧会」が開催。12G-SDI、IP、HDR、広色域等に関連した新製品/新ソリューションなどを展示

毎年恒例となったプライベートショーが今年も開催 5月16日~17日の2日間にわたって、東京・恵比寿にある株式会社朋栄にて「朋栄内覧会」が開催中だ。 同内覧会では... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、「NAB2019新製品展示会」を開催。日本市場向けの8K製品が多数登場

8Kの時代が現実的に ブラックマジックデザイン株式会社は、2019年5月9日~10日に、東京・目黒区にある同社のショールームにてNAB2019で発表された新製品を紹介するイベ... 続きを読む

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

トップ > ニュース > [NAB2019]Telestream、即時チャンネル作成システム「OptiQ」を発表