PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. IMAGICA Lab.とGDCが業務提携契約を締結。劇場向け配信事業を随時開始へ
News

IMAGICA Lab.とGDCが業務提携契約を締結。劇場向け配信事業を随時開始へ

2019-03-29 掲載

株式会社IMAGICA Lab.と、GDCデジタルシネマネットワーク合同会社(以下:GDC)は、劇場向け配信サービスにおいて業務提携契約を締結し、随時開始していくことを発表した。

シネマサンシャイン系列(佐々木興業株式会社)の劇場を皮切りに、GDC社製の劇場向け配信システムを使い、IMAGICA Lab.が劇場向け本篇・予告篇等の配信サービスを随時開始する。

今回の業務提携により、IMAGICA Lab.は、既に香港において3年以上の運用実績を有するGDC社製の配信システムElectronic Delivery System(以下:「EDS」)を各劇場に設置し、本篇・予告篇等の映像を安全かつ、早いスピードで配信することが可能だとしている。「EDS」の導入により、Cloudベースでの配信サービスが可能となり、100GB相当の劇場向け本篇のDCPが、100Mbpsの通信環境において、約3~5時間で安全に配信可能となり、劇場サイドでは新たな投資負担なく配信運用サービスの構築が可能。IMAGICA Lab.としては、2016年にサービスを開始した同社開発システム「HONOLUA」に加え、今回新たに導入する「EDS」も合わせて運用していくことで、劇場向け配信事業を拡充するとしている。

GDCは、劇場運営の自動化「CINEMA AUTOMATION 2.0」をテーマに、未来の映画館に必要とされるものを研究、開発しており、「EDS」の開発により、長い間、課題としていた本篇映像の配信が実現可能になったという。今回の業務提携により、「EDS」が劇場での本篇上映において現在、主流であるDCP配送方法に替わる、利便性の高いサービスとして広く導入される事を期待しているという。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-03-29 ]
[ TAG : ]

関連記事

Avid、Media Composer v2021.6提供開始。「次/前のイベントへ移動」の挙動設定やビンステータスバーに合計のデュレーション表示に対応

Avidは、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアMedia Composerの最新バージョンv2021.6をリリースした。最新バージョンは同社Webサイトよりダウンロード可能。 ... 続きを読む

キヤノン、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村に「Photo Studio」を出店

キヤノンは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下:東京2020大会)の開催期間中、選手村ビレッジプラザ内に「Photo Studio」を出店し、フォトサービスおよ... 続きを読む

ソニー、「FX3」についてのトークショーをライブ配信で実施

ソニーは、2021年6月21日に、同社のCinema Lineシリーズ最小最軽量のフルサイズセンサー搭載カメラ「FX3」についてのトークショーを東京映像部(カメラ公式)Instag... 続きを読む

Avid製品導入事例:NBC Olympicsの東京オリンピックコンテンツ制作・メディア管理ワークフロー

Avidの発表によると、NBC Sports Groupの一部門であるNBC Olympicsは、2021年7月23日から8月8日まで東京で開催される第32回オリンピック競技大会の... 続きを読む

アストロデザイン、ライブ配信スタジオ機能を兼ね備えた「オフグリッドスタジオATOM’S」発表。トムスと共同で企画・開発

アストロデザイン株式会社は、株式会社トムスと共同で企画・開発した「オフグリッドスタジオATOM’S(アトムス)」(以下:ATOM’S)を発表した。販売総代理店としてトムスが、代理店... 続きを読む

ライカ、1インチセンサー搭載スマートフォン「LEITZ PHONE 1」をソフトバンクより発売

ライカカメラ社は、スマートフォンとして最大級の1インチセンサーを搭載した、ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」をソフトバンクより発売する。 スマートフォンと... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. IMAGICA Lab.とGDCが業務提携契約を締結。劇場向け配信事業を随時開始へ