PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NAB2019]富士フイルム、シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」シリーズを発表

News

[NAB2019]富士フイルム、シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」シリーズを発表

2019-04-03 掲載

第一弾として発売する標準ズームレンズ「FUJINON Premista28-100mmT2.9」

富士フイルムは、シネマカメラ用レンズとして、ラージフォーマットセンサーに対応したズームレンズ「Premista(プレミスタ)」シリーズを発表した。発売日と希望小売価格は以下の通り。

FUJINON Premista28-100mmT2.9
発売時期:2019年8月
標準ユーザー渡し価格 :税別4,300,000円

FUJINON Prermista80-250mmT2.9-3.5(開発中)
発売時期:2019年中
標準ユーザー渡し価格:未定

2019年中に焦点距離80-250mmの望遠ズームレンズ「FUJINON Premista80-250mmT2.9-T3.5」

Premistaシリーズは、ラージフォーマットセンサーに対応するシネマカメラ用ズームレンズ。大口径非球面レンズと新開発のフォーカス・ズーム方式を採用し、映像の中心部から周辺部まで高い解像力を発揮しているという。ラージフォーマットセンサーの特長である浅い被写界深度と13枚絞り羽根により自然なボケ味も実現。

独自の光学設計でフレアやゴーストを抑制しており、ハイダイナミックレンジを活かした豊かな階調の映像を撮影可能だという。また、長年培ったシミュレーション技術による機械設計と、ミクロンオーダーで加工した部品を高精度に組み立てる生産技術により、プロの過酷な撮影環境に耐えられる堅牢性と小型軽量を両立している。

このほかにも、フォーカスリングの回転角を幅広い280°に設計。リングを回す際の滑らかなトルク感も備え、精緻なフォーカシングを可能にするなど、快適な操作性を発揮している。主な特徴は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

(1)ラージフォーマットセンサーに対応し、圧倒的な解像力、自然で美しいボケ味、ハイダイナミックレンジを活かした豊かな階調を実現するシネマカメラ用ズームレンズ

  • ラージフォーマットセンサーに対応するシネマカメラ用ズームレンズ。レンズを交換することなくさまざまな撮影シーンに対応するため、高い運用性を発揮します。
    「Premista28-100mm」:28-100mmの焦点距離全域でT2.9の明るさを実現する標準ズームレンズ
    「Premista80-250mm」:焦点距離80-250mm、T2.9-3.5の望遠ズームレンズ
  • 超精密加工を施した大口径非球面レンズと新開発のフォーカス・ズーム方式を組み合わせることで、ディストーションや色収差を徹底的に抑制。被写体との距離やズームポジションによらず、映像の中心部から周辺部まで圧倒的な解像力を発揮し、シャープでクリアな映像を提供します。
  • 「FUJINONシネレンズ」として初めて13枚絞り羽根を採用し、円形に近い絞り形状を実現。ラージフォーマットセンサーの特長である浅い被写界深度との組み合わせで、自然で美しいボケ味による映像表現が可能です。
  • 独自の光学設計を駆使してフレアやゴーストを効果的に抑制しており、ハイダイナミックレンジを活かした豊かな階調の映像を撮影できます。
  • シネマカメラ用レンズ「HK/ZK/XK/MKレンズ」シリーズで好評の自然な色味による映像表現が可能。現行ラインアップと色味を統一設計することで、複数のレンズを使用する際に必要なカラーグレーディングを簡略化します。
  • (2)高い堅牢性と小型軽量を両立

  • 長年培ったシミュレーション技術による機械設計と、ミクロンオーダーで加工した部品を高精度に組み立てる生産技術により、プロの過酷な撮影環境に耐えられる高い堅牢性と小型軽量を両立しています。
  • (3)快適な操作性を発揮

    • フォーカスリングの回転角を幅広い280度に設計。リングを回す際の滑らかなトルク感も備え、精緻なフォーカシングを可能にします。
    • フォーカス、ズーム、アイリス(絞り)の操作リングのギアピッチ(※6)を、これまでのシネマカメラ用レンズと同一の0.8M(モジュール)に統一。正確かつスムーズなフォーカシングを実現するフォローフォーカスや、遠隔でリングを操作できるレンズモーターなど、映像制作に欠かせない標準的な周辺アクセサリーをご使用いただけます。
    • フォーカス、ズーム、アイリス指標には蓄光塗料を採用しているため、夜間や暗い室内でもはっきりと指標を確認することができます。また、フォーカス指標の表記は、フィート/メートルの2種類からお選びいただけます。
    • 「フランジバック調整機構」(※7)を搭載。撮影現場での急激な温度変化などによりフランジバックが変動した場合でも、レンズ鏡筒のリングを回すだけで簡単に調整可能です。カメラとレンズをベストマッチングさせ、光学性能を最大限に引き出します。
    ※6 歯車の歯と歯の間の距離。
    ※7 カメラごとのフランジバック(レンズの取付基準面からセンサーまでの距離)に合わせて、レンズの結像面を最適な位置に調整可能。

    (4)「ZEISS eXtended Data(ツァイス・エクステンデッド・データ)」に対応

    • カールツァイス社が通信規格「/i Technology」に準拠して開発した「ZEISS eXtended Data(ツァイス・エクステンデッド・データ)」に対応。撮影時のレンズメタデータ(フォーカス、ズーム、アイリスの位置情報)の記録をはじめ、歪曲収差や周辺光量の補正が可能です。

なお、FUJINON Premista28-100mmT2.9/Prermista80-250mmT2.9-3.5は、2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019の同社ブース(セントラルホール/C7225)にて展示予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-04-03 ]
[ TAG : ]

関連する記事

富士フイルム、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII」を発表

富士フイルム株式会社は、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII(以下:アクロスII)」を新たに開発した。2019年秋に、35mmサイズ、ブローニーサイズの2種類を発売予定。 ... 続きを読む

富士フイルム、1億2百万画素のラージフォーマットセンサー搭載ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX100」発売

高速・高精度AF、ボディ内手ブレ補正、4K動画撮影も可能なミラーレスデジタルカメラ登場 富士フイルムは、1億2百万画素のラージフォーマットセンサーを搭載したミラーレスデジタル... 続きを読む

「朋栄内覧会」が開催。12G-SDI、IP、HDR、広色域等に関連した新製品/新ソリューションなどを展示

毎年恒例となったプライベートショーが今年も開催 5月16日~17日の2日間にわたって、東京・恵比寿にある株式会社朋栄にて「朋栄内覧会」が開催中だ。 同内覧会では... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、「NAB2019新製品展示会」を開催。日本市場向けの8K製品が多数登場

8Kの時代が現実的に ブラックマジックデザイン株式会社は、2019年5月9日~10日に、東京・目黒区にある同社のショールームにてNAB2019で発表された新製品を紹介するイベ... 続きを読む

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

トップ > ニュース > [NAB2019]富士フイルム、シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」シリーズを発表