PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NAB2019]アドビ、AIで動画制作をさらに効率化。Creative Cloud最新アップデートをNABで披露

News

[NAB2019]アドビ、AIで動画制作をさらに効率化。Creative Cloud最新アップデートをNABで披露

2019-04-08 掲載

アドビは、NABに先駆け、処理の高速化と人工知能(AI)を用いて制作の効率化を向上させたAdobe Creative Cloudのビデオ&オーディオツールを4月3日発表した。これらはNABのアドビ出展ブースで公開される(ブース番号:#SL5610)。

 

アップデートの新機能には、アドビのAIおよび機械学習テクノロジーAdobe Senseiを活用したビデオ向けの「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能、タイトルおよびグラフィックスの制作とアニメーションの制作のための新機能、洗練されたオーディオミックス機能、プロジェクトに用いる各種メディアを整理整頓する機能などがある。

不要なオブジェクトを自動的に消去する「Project Cloak」と呼ばれていた「コンテンツに応じた塗りつぶし」は、Adobe Senseiを活用してブームマイク、看板、ロゴ、あるいは人物までも含めた視覚的要素をフッテージから消去する作業を自動化した

オーディオ機能としては、新たに背景音に対応した、AuditionとPremiere Pro搭載の自動ダッキング機能が挙げられる。Adobe Senseiで強化された自動ダッキングは、人物の音声レベルに応じてバックグラウンド音のレベルを動的に調整可能となった。調整のために打たれたキーフレームは手動で自由に調整が利く。

Premiere Proでは効果や色変更の適用に用いるマスクトラッキングの高速化、デュアルGPUへの最適化、HEVCおよびH.264処理におけるハードウェア高速化の強化など、数百もの処理高速化を実現
After Effectsでは、「色の変更」や「ラフエッジ」といった効果のGPU高速化を可能にした。CREATIVE CLOUD 公式チャンネル「CREATIVE CLOUD道場」で配信した「#254 NAB Show 2019 直前スペシャル」では、After Effects を中心にアドビビデオ製品の最新情報を紹介している

(ザッカメッカ)


[ Category : ]
[ DATE : 2019-04-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アドビ、オンライン動画の作成と共有が可能になるAndroid版Premiere Rushの提供を開始

アドビは、クロスデバイス対応のオールインワンビデオ制作アプリ「Premiere Rush」のAndroid版を提供開始した。Google Play StoreおよびSamsung ... 続きを読む

「朋栄内覧会」が開催。12G-SDI、IP、HDR、広色域等に関連した新製品/新ソリューションなどを展示

毎年恒例となったプライベートショーが今年も開催 5月16日~17日の2日間にわたって、東京・恵比寿にある株式会社朋栄にて「朋栄内覧会」が開催中だ。 同内覧会では... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、「NAB2019新製品展示会」を開催。日本市場向けの8K製品が多数登場

8Kの時代が現実的に ブラックマジックデザイン株式会社は、2019年5月9日~10日に、東京・目黒区にある同社のショールームにてNAB2019で発表された新製品を紹介するイベ... 続きを読む

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

トップ > ニュース > [NAB2019]アドビ、AIで動画制作をさらに効率化。Creative Cloud最新アップデートをNABで披露