PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2019:Blackmagic Design]8Kライブプロダクションスイッチャーを含む8K製品群を披露
Special

[NAB2019:Blackmagic Design]8Kライブプロダクションスイッチャーを含む8K製品群を披露

2019-04-10 掲載

Blackmagic Designブース動画

■Blackmagic Designプレスカンファレンス
■Blackmagic Designブース動画
360°全天球動画

Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

8Kスイッチャーとしても使用できるATEM Constellation 8K

今年のBlackmagic Designは8Kがテーマ。8Kに対応する新製品を数多く展示した。

8K対応の製品群を展示

1つ目がATEM Constellation 8Kで、全部で40個の12G-SDI入力、24個の12G-SDI出力を装備している。4K以下だと4 M/Eとして使うことができる。8Kにも対応しており、8Kモードに切り替えると10系統の12G-SDI 8K入力、6出力のライブプロダクションスイッチャーとして使える。

Ultra HD対応のライブプロダクションスイッチャー。8Kスイッチャーとしても使用できる

ネイティブ8KでH.265に収録できるHyperDeck Extreme 8K HDR

放送デッキHyperDeck Extreme 8K HDRも登場した。こちらは2つの製品にわかれていて、本体はCFastカードに収録ができる8K対応の製品となっている。収録コーデックはProResとH.265の2つに対応。どちらも8Kまで撮ることができる。

H.265収録、タッチスクリーンインターフェース、内部キャッシュ、内蔵スコープ、HDR対応、従来型のデッキコントロールなどを搭載した8K放送デッキ

CFastカードに8Kの収録ができる

波形モニターにも対応。すべてタッチスクリーンインターフェースでコントロールができる。スクリーンはHDRに対応しており、2,000nitまで出せる非常に明るくてきれいなモニター環境を用意している。

大型のLCDスクリーンを搭載。タッチユーザーインターフェースに対応

コントローラーのHyperDeck Extreme Controlには、背面にRS-422を8個搭載しており、一台で8個のHyperDeckをコントロールすることができる。さらにHDCAMやXDCAMなどの放送デッキのコントロールも9ピン接続して制御も可能。

業界標準のRS-422コントロール経由で最大8台のデッキを操作できる

HyperDeck Extreme Controlには、通常のRecやトランスポートがある上に、IN、OUT、ENTRY、TRIM、PLAYER、RECORDER、変更ボタン、そしてシャトルにすると早送り、巻き戻し。ジョグにすることもできる。

シャトルノブを搭載。従来型の放送デッキのコントロールが可能

8Kテレビ用に4つのHDMI出力を搭載するTeranex Mini SDI to HDMI 8K HDR

Teranex Mini SDI to HDMI 8K HDRは、クアッドHDMI入力を使用する8Kテレビ用に出力するためのコンバーターだ。4本のクアッド12Gを入力して、4つのHDMI出力を実現可能な製品となっている。

大画面テレビやビデオプロジェクター向けの8Kモニタリングソリューション

スピーディな作業を実現するための「カット」ページを新たに搭載したDaVinci Resolve 16

DaVinci Resolve 16も登場した。メインのニュースは2つで、1つ目は、「カット」という新しいページが増えた。これまで「エディット」ページ「メディア」ページ「Fusion」ページなどのさまざまなページがあったが、そこにカットという新しいページが加わった。

「カット」ページが新しく追加したDaVinci Resolve 16

「カット」は、とにかく短時間で効率よくクオリティの高い編集をしたいときに使える機能となっている。例えば、今まで編集だと、メディアページで素材を取り込んでエディットページでビンで管理をして、ソースビューワーからもってきて、編集をするといったほかのノンリニアソフトと同等の時間がかかっていた。この問題を防ぐためにカットページでは、何かをするために複数の操作をする必要のないページとなっている。

新しく追加されたカットページのインターフェイス

特に面白いのは、テープを使ったリニア編集の考え方を採用しているというところだ。通常、1コマずつイン・アウトを打って、素材をもってきていたが、カットでは新しい方法としてソーステープというのがあり、これを使うと素材として入っているものが全部1つのテープのような形で再現される。次々とイン・アウトを打って放り込む、イン・アウトを打って放り込む、ということができるようになっている。書き出しもカットページの中で可能。

追加されたカットのページのアイコン

もう1つのニュースが、新しいハードウェア「DaVinci Resolve Editor Keyboard」の登場だ。通常のキーボードにシャトルジョグやイン・アウトを打つためのボタンが追加されている。このキーボードを使えば、マウスをいちいち触ることなく、直感的に効率よく作業を進めることができる。

これまでの編集は、片手で行っていたが、DaVinci Resolve Editor Keyboardでは両手で昔のリニア編集のような形で作業ができるようになる。

300fpsまでのハイフレームレートに対応したURSA Mini Pro G2

URSA Mini Pro 4.6K G2は、3月に発表された新製品。300fpsまでのハイフレームレート対応している。G2のGは、ジェネレーション2という意味だ。

2個のLシリーズバッテリーを使用して、2時間以上のノンストップ収録を実現したBlackmagic Pocket Camera Battery Grip

Blackmagic Pocket Camera Battery Gripも待望の新製品だ。これまでBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kは、バッテリーがすぐになくなると指摘されることが多かった。それを防ぐために開発されたのが、このバッテリーグリップだ。

本体の下にバッテリーが入るようになっており、こちらを使うと2時間以上の稼働が可能になる。着脱も簡単で、中にソニーのLシリーズバッテリーが入るようになっている。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-04-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現InterBEE2020]まとめ:Blackmagic Design編

動画レポート ■ATEM Streaming Bridge ■DaVinci Resolve 17 ■URSA Mini Pro 12K ... 続きを読む

[再現InterBEE2020:エーディテクノ]ATEM Miniシリーズ専用液晶ディスプレイ「MV1330」。ATEM Miniを装着したまま持ち運び可能

Blackmagic Design ATEM Miniシリーズ専用13.3型液晶ディスプレイ「MV1330」(参考展示) 「MV1330/MV1330」は、Blackmagi... 続きを読む

[再現InterBEE2020:動画]Blackmagic Design「URSA Mini Pro 12K」

Inter BEE 2020がリアル開催だった場合、展示されたであろう新製品・ソフトウェアを60秒で紹介するコーナー。BlackmagicDesign社から「URSA Mini P... 続きを読む

[再現InterBEE2020:動画]Blackmagic Design「DaVinci Resolve 17」

Inter BEE 2020がリアル開催だった場合、展示されたであろう新製品・ソフトウェアを60秒で紹介するコーナー。BlackmagicDesign社から「DaVinci Res... 続きを読む

[再現InterBEE2020:動画]Blackmagic Design「ATEM Streaming Bridge」

Inter BEE 2020がリアル開催だった場合、展示されたであろう新製品・ソフトウェアを60秒で紹介するコーナー。BlackmagicDesign社から「ATEM Stream... 続きを読む

[ATEM WORLD]Vol.02 ATEM Mini、ATEM Mini PRO、ATEM Mini PRO ISOの選び方

txt:尾上泰夫 構成:編集部 ATEM Miniシリーズの違い ATEM Mini(左上)、ATEM Mini PRO ISO(左下)、ATEM Mini... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.11 SIGMA fpとBlackmagic Video Assist 12G HDRでBlackmagic RAW収録を試す

txt:伊藤格 構成:編集部 SIGMA fp firmware version 2 & Blackmagic Video Assist 12G HDR SIGMA f... 続きを読む

[ATEM WORLD]Vol.01 ATEM Mini Pro ISOを検証。各種ノンリニアの対応もチェック

txt:尾上泰夫 構成:編集部 ATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしを紹介 放送品質を担保しながらも価格を4万円以下の価格で話題になった「ATEM Mini」... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.06 初メジャーアップデートVer.2.00で大きく変化するSIGMA fp

txt:駿河由知 構成:編集部 使えば使うほど楽しくなるSIGMA fp 2020年7月11日と13日開催の「ライブ配信まるごと大相談会」。筆者は「シグマfpによる... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2019:Blackmagic Design]8Kライブプロダクションスイッチャーを含む8K製品群を披露