PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [NAB2019:Leitz Cine]フルフレーム/ VistaVisionに対応するプライムレンズとズームレンズの新製品を展示

News

[NAB2019:Leitz Cine]フルフレーム/ VistaVisionに対応するプライムレンズとズームレンズの新製品を展示

2019-04-18 掲載

Leitz Cineブース動画

360°全天球動画
Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

ラージフォーマット用に設計された全く新シネマズームレンズシリーズ「Leitz Zoom」

Leitz Cineブースの注目は、Leitz ZoomとLeitz Primeの展示だ。その中でもLeitz Zoomは、同社から初めて発売するズームレンズ。2本の発売を予定しており、2019年末よりデリバリーを開始予定。IBC 2018で発表した製品だが、当時の実機はプロトタイプの初期段階だった。NABでは、プロトタイプ終盤のものが展示されていた。

気になるのは、Leitzがなぜズームレンズを発売するかだ。海外ではマルチカムが普通で、Aカメは単玉、Bカメはズームのような構成が多いという。その際にSummilux-CやThaliaと組み合わせるズームレンズとして、Angenieuxや富士フイルムのズームレンズだと色味は合わない。最適なものがないという、現場の意見に応える形でLeitz Zoomの開発に至ったという。

イメージサークルは46.5mmで、ビスタビジョンをカバーする。ワイドズームは25-75mm T2.8、テレズームは55-125mm T2.8で2本ともランピングはない。ワイドの重量は約3.5kg、テレズームの重量は約4kg。前径は両方とも114mm。

特徴は、ズームレンズだが、新しく出るLeitz Primeに極力クオリティで引けを取らない設計になっているという。コントラストや解像力はかなり高く、評価をしたレンタル屋の感想は、「単玉のようなクオリティ」と絶賛だったという。マウントはPLだが、LPLでも供給可能。ユーザー側で交換できるようになっている。

フルフレーム/Vista Vision対応の12本の新シネマプライムレンズシリーズ「Leitz Prime」

Leitz Primeはビスタビジョンのイメージサークルをもつプライムレンズだ。18mmから180mmまでの12本構成。T値は180mmがT2.2、それ以外は全てT1.8。前径は114mm。重量は、2.5kgから重いワイド端とテレ端は2.9キロ。デリバリーは2020年の頭に開始予定。最初は8本で、残りの4本は数ヶ月後に発売する。

Leitz Primeの特徴は、性能の高さだ。Summilux-Cは、レンズ性能テストでずば抜けて高い数字を出す。Leitz Primeは、フルフレームでそのSummilux-Cを超える超える性能の高さを実現する予定とのことだ。

Leitz Primeの中の1本、18mm T1.8

意図的に球面収差を残したシネマプライムレンズ「Thalia T 90mm」

Thaliaはこれまで24mmから180mmの9本だったが、新たに90mmのThaliaが誕生する。Thalia T 90mmで「T」はタンバールのT。Mレンズの90mmを光学系を使って実現している。

タンバールは、意図的に球面収差を残した個性的なプライムレンズだ。球面収差は取り除くのが一般的だが、あえてそれを残す。その効果を楽しむとレンズとなっている。そのため、開放付近では、にじむような描写となる。一般的なシャープな画がほしい場合は、絞ればシャープになる。わずかに絞っても効果の出方は変わる。この効果が出る範囲の好みを見つけるという使い方もできる。

タンバールの効果はフィルターでも得られない、ポスプロで実現しようとするならば大変な時間がかかってしまうだろう。レンズで引き起こされる球面収差でしかできない効果で、大変貴重なレンズといえるだろう。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-04-18 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.03 富士フイルム、「FUJINON映像機器内覧会2019」を開催。4K対応46倍ポータブルレンズや新型デマンドを展示

txt・構成:編集部 4K対応ポータブルズームレンズや箱型レンズの実機展示が人気 富士フイルムは、東京と大阪で最新ラインアップ製品を展示する「FUJINON映像機器内覧... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2019レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 RAID RAIDはSmallHD社のCINE-7やocus7などのフィールドモニターのほか、Teradek社のワイヤレスシステム... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2019レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月22~23日、東京・秋葉原にあるUDXにおいてAfter NAB Sho... 続きを読む

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019 360°VOYAGE]360°全天球動画でNAB会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート NAB2019の会場内で360°全天球動画をお届け!NAB2019に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

ATOMOSブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。

トップ > 特集 > [NAB2019:Leitz Cine]フルフレーム/ VistaVisionに対応するプライムレンズとズームレンズの新製品を展示