PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. 富士フイルム、ラージフォーマット対応で小型軽量を実現したシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」登場。開発の背景について聞く
Special

富士フイルム、ラージフォーマット対応で小型軽量を実現したシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」登場。開発の背景について聞く

2019-04-19 掲載

富士フイルムは4月3日、ラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズPremistaを発表。ラスベガスで開催されたNAB2019では、Premista発表のプレスカンファレンスを開催した。発表会の会場で、同レンズの開発を担当した富士フイルムの野口卓弥氏に話を聞くことができたので紹介しよう。

Premistaの開発を担当した上野隆氏(左)と野口卓弥氏(右)

――新製品はPremista(プレミスタ)という名称です。どのようにして、この名称に決まったのでしょうか?

野口氏:2009年に弊社として初めてスーパー35対応シネマカメラ用ズームレンズ「HKシリーズ」の販売を開始しました。HKシリーズは、アメリカでは“Premier Series”の愛称で呼ばれています。

Premistaは、Premier Seriesと同等レベルのクオリティで、かつREDのMONSTRO 8Kビスタビジョンサイズなどのラージフォーマットイメージセンサーに対応します。そこで、「Premier」と「VistaVision」の頭文字をとりまして、Premistaという名称を主に米国の販社スタッフと一緒に考えて命名しました。

――Premistaはラインナップの中で、どのクラスに位置づけられるモデルになりますか?

野口氏:Premistaはラージフォーマットの最上位モデル、HKシリーズはスーパー35の最上位モデルです。PremistaとHKシリーズがそれぞれ最上位で、その下にZKシリーズやMKシリーズがラインアップされているクラス分けとなっております。

――Premistaの価格は、どの程度になる予定ですか?

野口氏:Premista28-100mmの価格は公表していまして、国内での標準ユーザー渡し価格は税別430万円です。最上位モデルでありながらHKシリーズの約半額以下の価格を実現しています。

――ラージフォーマットとスーパー35の2つのフォーマットについて、今後の流れはどのようにお考えですか?

野口氏:お客様の声を聞いていると、スーパー35が終息してフルフレームに移行していくというよりは、2つのフォーマットが共存して行くと思います。最終的にどこで落ち着くかはわからないのですが、ラージフォーマットとスーパー35は7:3などの比率になるのではないかと思います。いずれにせよ、今後もスーパー35は残り続けると考えています。

――Premistaの実物を見て驚いたのは、ビスタビジョンでありながら小型サイズを実現しているところです。なぜこのサイズを実現できたのでしょうか?

野口氏:一言で言ってしまうと、光学性能の技術の進歩です。HKシリーズを発売したのは約10年前にもなります。HKシリーズ発売から10年間、弊社ではさまざまなシネレンズを開発し、それ以外のレンズも数多く手がけてきました。その中で得てきた技術を、ふんだんに盛り込んでいます。例えば、非球面レンズは3枚使用していますし、詳細なお話をできないのですが、ズーム方式やフォーカス方式も今までとは違う技術を使っています。そういった技術の進歩が小型化の実現をもたらしています。

――標準ズームレンズと望遠ズームレンズの全長、質量、レンズ前枠径がまったく一緒です。そのあたりのこだわりを教えてください。

野口氏:Premistaは2機種同時の開発でしたので、両機種のサイズを一緒にすることができました。同じ大きさの方が、ハンドリングがよく、アクセサリー交換の手間も省けるリクエストを頂いていましたので、今回は同じサイズの仕様を実現できました。

――Premistaでも富士フイルムのこれまでのシネマカメラ用レンズとトーンは変わりませんか?

野口氏:トーンを変えるメーカーも増えてきていますが、我々は他社との違いを出すという意味でも、あえてうちの得意なトーンを貫く姿勢を出しています。言葉で表現するならば、クリーンでシャープな映像ですね。

――標準ズームレンズの焦点距離が28-100mmと若干競合製品よりも望遠側が幅広いです。このあたりは何か意識をされたのでしょうか?

野口氏:標準ズームレンズの望遠側で100mmを実現している製品はあまりありません。もし実現できればインパクトがあると考え、このスペックに決めました。

――望遠ズームレンズ焦点距離80-250mmは、ワイド側は80mmで、標準ズームレンズと20mmオーバーラップします。望遠ズームレンズのワイド端を100mmにしなかった理由を教えてください。

野口氏:標準ズームレンズと望遠ズームレンズの焦点距離はオーバーラップをしてほしいというご意見を多く頂いていました。レンズ交換のタイミングで「もうちょっとズームしたい」というシーンを考慮して、あえて少し焦点距離をかぶらせています。

――望遠ズームレンズ80-250mmのテレ端も250mmと幅広い焦点距離を実現していますが、このあたりの理由を教えてください。

野口氏:望遠ズームレンズは、70-200mmが一般的な焦点距離ですが、28-100mmと同様、何かクオリティだけではない違いを作り出せないか?と考えました。思考錯誤した結果、T値がランピングしてもズームレンズとして焦点距離が稼げるほうがいいというお声が多かったため、200mmから250mmへ50mm伸ばすことにしました。

――Premistaは絞り羽も13枚に変更されました。どのような理由で変更されたのでしょうか?

野口氏:弊社のシネレンズは絞り羽根9枚構成で自然なボケ味が表現を実現してきましたが、シネマトグラファーの方からの意見でもっと円形に近づけてほしいという意見を頂いていました。絞り羽根は、9枚、11枚、13枚など奇数の枚数で光芒が綺麗に写ります。奇数枚数でできるだけ円形に近づける限界の枚数見極めたところで、Premistaでは13枚に決定しました。

――最後に、光学性能の特徴についてアピールをお願いします。

野口氏:弊社のレンズのルックが硬いと言われる方もいらっしゃいます。しかし、ハリウッドのお客様にも色収差やフレア・ゴーストを極力抑えた弊社のレンズを好んで使ってくれる方が多くいらっしゃいます。

弊社の考え方としては、フレアやゴーストが映るということは何かしら情報を失っている。プラスの方向ではないので、なるべくレンズのありのままを捉えて、味付けはシネマトグラファーの方にアドオンしてもらう。シャープかつ、クリーンなルックというのが弊社の強みなので、そこを見て欲しいかなと思います。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-04-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

Voigtlander VMシリーズメインカット

[新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編]Vol.05 Voigtlander VMシリーズでフォーカスコントローラーが使えるギアリング登場

txt:栁下隆之 構成:編集部 ライカMマウント互換のVoigtlander VMマウントに注目 2019年の年末に駆け込むように購入し、2020年の撮影はこれらのレン... 続きを読む

DZOfilmPictorZoomメインカット

[新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編]Vol.04 RED KOMODOにシネマズーム「DZOFILM Pictor Zoom」を選んだ理由

txt:松本和巳 構成:編集部 ■DZOFILM Pictor Zoomシリーズ 価格とラインナップ: ・DZO Film Pictor 50-125/20-55 T2.... 続きを読む

Meikeメイン

[新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編]Vol.03 MeikeからMFT対応8種類の焦点距離をラインナップするコンパクトシネマレンズ登場

Photo&txt:熊木浩司 構成:編集部 ■Meike MFT対応Cine Lensシリーズ 価格:税込43,560円(8mmのみ税込47,300円) 問い合わせ先... 続きを読む

Vazenメイン

[新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編]Vol.02 VAZENからコストパフォーマンスに優れたMFT対応1.8xアナモフィックレンズ登場

txt:SUMIZOON 構成:編集部 ■VAZEN MFTアナモフィックシリーズ 価格:3種類とも439,780円(税込・送料込) 問い合わせ先:サロンフィルムズジャパ... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編]Vol.01 F0.8という驚きのスペックで登場したSUPER NOKTON 29mm使用レポート

txt:照山明 構成:編集部 ■コシナ SUPER NOKTON 29mm F0.8 Aspherical Micro Four Thirds 価格:税別225,000円 ... 続きを読む

[新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編]Vol.00 2021年のレンズ選びを考える

txt・構成:編集部 2020年は、魅力的な映像制作向けレンズが数多く登場した。手軽な価格のシネマプライムレンズやより身近な価格で新しく登場したアナモフィックレンズ、スー... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:富士フイルム編

製品レポート FUJINON Premista19-45mmT2.9 関連記事 Premist... 続きを読む

[再現InterBEE2020:富士フイルム]見たものを忠実に再現するナチュラルルックが特長「FUJINON Premista19-45mmT2.9」

次世代ニーズに応えるシネズームレンズ「Premista19-45mmT2.9」 富士フイルムから、Zoomでありながら「見たものを忠実に再現するナチュラルルック」かつ、Zoo... 続きを読む

[Broadcast & Cinema EXPO]Edit:FUJINON

今回はFUJINON特集です(11月10日17:00)! ■「FUJINON Premista」新製品国内初登場!映画・CMカメラマンからみたPremistaとは 実際... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. 富士フイルム、ラージフォーマット対応で小型軽量を実現したシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」登場。開発の背景について聞く