PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示
News

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

#ATOMOS #NAB2019

2019-04-26 掲載

ATOMOSブース動画

360°全天球動画
Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

ATOMOSブースレポート

ATOMOSブースで驚いたのは、昨年よりもブースを広くして、BMXとスケートボードのステージを設けていたことだ。ハイフレームレートでの撮影体験を目的に設置されたもので、ATOMOSのレコーダーを使ってHDを240Pで撮影。スローにした際にどのように見えるのか?を体験してほしいという思いで企画したという。

ブース内にスケートスロープが設置されていて、BMXとスケートボードを実演していた

高精度なHDR7インチモニターを搭載した「Shogun 7」

ブース一押しの新製品は7.2インチモニター搭載の「Shogun 7」だ。フィールドモニター、レコーダーだけではなく、スイッチャーとして使用することも可能。SUMO19で実装していた機能をShogun 7でもできるようにしたものだ。HD60P SDI ISOx4までの録画が可能で、HDを4系統入れてスイッチングと記録が可能になっている。

Shogun Infernoと比較すると、モニターの部分を大きく改善している。画面コントラスト比は1000,000:1、色の色域はDCI-P3を105%をカバーし、輝度は1500nit。360にゾーン分割してダイレクトに照らすゾーンバックライトを採用。

Shogun Infernoは、エッジライト型と呼ばれる強力にバックライトを照らすために、黒が少し浮いてしまう問題があった。ゾーンバックライト採用で消すことによって、黒がはっきりでる。結果的に、コントラストを十分表現できるようになっている。

特にリアルタイムでDolby VisionをHDMIでライブ配信はまったく新しい機能だ。ブースでは、Dolby Visionの視聴コーナーが設けられていて、一般的な価格で販売されている2,000ドルから3,000ドルのDolby Vision対応モニターにShogun 7の出力した画を再生して観られるようになっていた。Dolby Vision対応によって最高クラスの画質で観られる。4Kの映像だが、「8Kではないのか?」と錯覚するぐらいきれいだ。

Dolby Visionの再生対応によって期待されるのが、オンセットデイリーでの活用だ。シネマはワンカットごとにディレクターが確認が行われるが、それをフィールドでやる場合に、Shogun 7を活用して画を観て判断することができるようになるだろうとのことだ。

Dolby Vision Liveプレイアウトのデモ。Dolby Vision対応の一般的な価格のモニターでも非常に美しい映像を楽しむことができる

高度な機能は必要ないという方向けのShogun Inferno

Ninja InfernoとShogun Infernoは、機能的に変更はない。Shogun Infernoは、もともとフラグシップだったが、さらに上位機種のShogun 7が登場して、その座を譲った感じだ。しかし、Shogun 7のマルチスイッチング機能やDolby Vision出力を必要としていない人もいるだろう。Shogun Infernoはディスコンになるのではなく、よりお求めやすい価格に下げて販売が継続されるという。

右がShogun Inferno、中央がShogun 7

Shogun Studioは4K60P対応モデルを展示

Shogun Studioは4K30Pまでだが、リサーチのために60P対応が稼働していた。まだリサーチの段階で、商品化するかは決まっていないとのことだ。

ラックマウントタイプの4K対応レコーダ「Shogun Studio」

動画撮影を始める人向けのATOMOS初の小型モニター「Shinobi」

Shinobiは2019年3月に発表された外部モニターだ。記録機能を搭載しないのが特徴で、HDMI入力またはSDI入力に対応した2種類をラインナップ。DSLRやミラーレスカメラで、これから動画を撮ろうと思っている人を対象とした製品だ。

スチルの場合は瞬間的にフォーカスを合わせたり、ライティングをするので、外部モニターをあまり必要としていない。しかし、動画撮影の場合は、スチルと違ってフォーカスを合わせなければいけないうえに、4K撮影の場合ではカメラに付属されている約3インチのモニターではフォーカシングは困難だ。また、動画はスチルと違って、ライティングの確認に波形モニターが必要になってくる。そうした初めてDSLRやミラーレスカメラで動作撮影をする人向けに誕生した製品となっている。

HDMIのカメラ接続に対応する「SHINOBI」 SDIとHDMIのカメラ接続に対応する「SHINOBI SDI」

タイムコードを同期できる拡張機能なども魅力な「Ninja V」

Ninja Vは、5.2インチのモニター兼レコーダー。Ninja Vは、Shinobiの特徴に加えて、ミラーレスカメラ内蔵のレコーディングは、H.264やH.265で、LongGOPではどうしても画質をキープできない。最大撮影時間は30分に制限されている場合が多い。Ninja Vを使うことで、そのような問題を解決できる。

特に特徴的なのが、内蔵のモジュラー拡張スロットを使用してNinja Vの機能を拡張できる構造の採用だ。拡張モジュールは、バッテリースロットに取り付けられ、スタックが可能。SDIのインターフェース「AtomX SDI」やシンクモジュール「AtomX SYNC」などがある。

その中でも、AtomX SYNCは、ワイヤレスタイムコードと同期をするためのモジュールだ。一番シンプルな機能としては、1つのマスターと2つのスレーブを用意して、レックスタートすると全部シンクするというものだ。

フリーランのカメラが複数台ある場合、AtomX SYNCで1台をマスターにして、ほかをスレーブに設定すると、すべてのNinja Vが同期して記録ができる。タイムコードが全部シンクすると、その後のプロセスで、アングルの違うものを同時にマルチカム編集する際に大変に作業しやすくなる。

AtomX SYNCはワイヤレス対応で、BluetoothまたはFMの電波のどちらかを選べる。最大300m離れた同じネットワーク上に、約100台のレコーダを制御できる。

マルチカム撮影を簡単にするAtomX SYNC AtomX SYNCを搭載したカメラが2台稼働している状態。左をレックスタートすると、右もレックがスタートする

AtomXのコーナーも設置されていた。AtomXはATOMOS社のアクセサリー向けのサブブランドで、AtomXのマークがついていれば、ユーザーは安心して選べる。ケーブルやリグなどの多岐にわたったAtomX対応製品が展示されていた。

AtomXのアクセサリーコーナー。種類は増えてきている

[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-04-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.06 初メジャーアップデートVer.2.00で大きく変化するSIGMA fp

txt:駿河由知 構成:編集部 使えば使うほど楽しくなるSIGMA fp 2020年7月11日と13日開催の「ライブ配信まるごと大相談会」。筆者は「シグマfpによる... 続きを読む

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.03 富士フイルム、「FUJINON映像機器内覧会2019」を開催。4K対応46倍ポータブルレンズや新型デマンドを展示

txt・構成:編集部 4K対応ポータブルズームレンズや箱型レンズの実機展示が人気 富士フイルムは、東京と大阪で最新ラインアップ製品を展示する「FUJINON映像機器内覧... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2019レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 RAID RAIDはSmallHD社のCINE-7やocus7などのフィールドモニターのほか、Teradek社のワイヤレスシステム... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2019レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月22~23日、東京・秋葉原にあるUDXにおいてAfter NAB Sho... 続きを読む

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019 360°VOYAGE]360°全天球動画でNAB会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート NAB2019の会場内で360°全天球動画をお届け!NAB2019に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

特集記事

CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示