PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 「朋栄内覧会」が開催。12G-SDI、IP、HDR、広色域等に関連した新製品/新ソリューションなどを展示

News

「朋栄内覧会」が開催。12G-SDI、IP、HDR、広色域等に関連した新製品/新ソリューションなどを展示

2019-05-17 掲載

毎年恒例となったプライベートショーが今年も開催

5月16日~17日の2日間にわたって、東京・恵比寿にある株式会社朋栄にて「朋栄内覧会」が開催中だ。

同内覧会では、NAB2019に出展した製品を中心に、12G-SDI、IP、HDR、広色域等に関連した新製品/新ソリューションを展示。リモートプロダクションや、スポーツプロダクションや簡易中継装置などの輸入取扱製品、セキュリティ関連製品のエリアも設けられ、各種製品の展示が行われている。また、同会場内にて朋栄の取り組みを紹介するプレゼンテーションも開催している。

高速度カメラ・周辺機器

2/3型バヨネットマウントに対応した4K対応高速度カメラ「FT-ONE-SS4K」。B4マウントを採用しており、キヤノンやフジノンなどから発売されている高倍率ズームレンズのほか、ENG用のショートズームなど放送局で定番の各種レンズが装着可能。同社比となるが、従来コンバーターを装着してB4レンズを使用していた時よりも4倍明るく、4Kで最高1000コマ/秒の高速度撮影が可能となった https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2019/05/190516_FOR-A_privateshow_KTS-43.jpg AIを活用した選手トラッキングシステム「KTS-43」(参考展示)。競技場のレース映像から選手のユニフォームの色などを認識してトラッキングが可能。最大4選手までターゲットを選択できる
※画像をクリックすると拡大します

スイッチャー・マルチビューワー

ビデオスイッチャーの3M/Eハイエンドモデル「HVS-6000」とあわせてIP対応入出力基板を参考展示。1枚ボードを拡張すると8入出力に対応する。会場ではIPで動作した映像を展示。SDIのインターフェースがそのままIPに置き換わったイメージで、今までのスイッチャーの操作感のまま使用可能。SMPTE ST 2022-6、2110に対応。4KのIPに対応している 参考展示のビデオスイッチャー2M/Eモデル「HVS-6000M」。中継現場、マシンルーム、スタジオサブの3箇所をIPで映像を渡していき、同時にスイッチングのコントロール部分や色を変更するなどを、スタジオサブ側から現場のカメラの色を変えるなどの、制作のリモート化を展示

IP関連

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2019/05/190516_FOR-A_privateshow_IP_0517.jpg ベースバンド/IP統合管理・監視・制御ソフトウェアを参考展示
※画像をクリックすると拡大します

SDI→IPに変換、IP→SDIへの変換などの設定変更を同じ端末から行えるシステムを展示。また、機材管理だけでなく素材管理まで可能なシステムとなっている。

12G-SDIの場合、IPの回線に入らないため、TICOという圧縮コーデックを利用して1/4に圧縮し、10G程度であれば3本ぐらい通すことが可能だという。10Gの範囲内で映像ソースを増やすことができるため、12G-SDI→TICO圧縮→IP切り替え→TICO伸長→12G-SDIという流れで12G-SDIを表示可能となっている。元の映像と比べてみても変換前と画質は特に変わりないとのこと。

プロセッサー・コンバーター

12G/HDR対応シグナルプロセッサー「FA-9600」。新バージョンとなるVer.3.0により、SR Live for HDRと3D LUTに対応。3D LUTへの対応は制作側からの要望も多かったという 12G-SDI対応の4Kダウンコンバーター「IF4K-DNC」(InSync Technology Products社製品)。入力は12G/quad link 3G/HD-SDIに対応し、HD入力は専用入力2系統及びquad link 3G-SDI各入力から選択可能 IF4K-DNCはノンリニア編集との連携を図る製品として登場。4Kで編集作業をする際は4Kモニターで映像を確認するが、サイマルでHDでも確認しなければならない場合でもIF4K-DNCが1台あれば4KのソースをHDでも出力することが可能(写真上が4K、写真下がHD)

スポーツプロダクション関連

HEVC対応4チャネルサーバー「Dejero WayPoint」。トランスミッターからIPネットワークを介して転送されるHEVC(H.265)または AVC(H.264)ビデオストリームをデコードし、SDIまたはIP(IP上でMPEG-TS)ワークフローへと出力。1Uの筐体は既存施設のサーバー・ラックに設置できるように、あるいは使用中の放送インフラへシームレスに融合できるようにデザインされている 自動カメラワークスポーツプロダクションシステム「Pixellot S1」。マルチカメラデバイスでパノラマ映像を生成。スポーツに応じたシーンを特定して切り出す。プレイを自動追従するカメラワークとなっている。対応スポーツはサッカー、バスケットボール、アメリカンフットボール、野球(対応予定)など多数

[ Category : ]
[ DATE : 2019-05-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ブラックマジックデザイン、「NAB2019新製品展示会」を開催。日本市場向けの8K製品が多数登場

8Kの時代が現実的に ブラックマジックデザイン株式会社は、2019年5月9日~10日に、東京・目黒区にある同社のショールームにてNAB2019で発表された新製品を紹介するイベ... 続きを読む

朋栄、東北映像フェスティバル2019出展概要を発表。次世代制作環境の構築をサポートする最新機器・ソリューションを展示

3M/Eビデオスイッチャー HVS-2000 株式会社朋栄は、2019年5月30日(木)、31日(金)の2日間、仙台国際センター展示棟にて開催される「東北映像フェスティバル201... 続きを読む

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019:Carl Zeiss]Supreme Primeの新製品「21mm T1.5」や「135mm T1.5」を展示

Carl Zeissブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するには... 続きを読む

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

トップ > ニュース > 「朋栄内覧会」が開催。12G-SDI、IP、HDR、広色域等に関連した新製品/新ソリューションなどを展示