PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 富士フイルム、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII」を発表

News

富士フイルム、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII」を発表

2019-06-10 掲載

富士フイルム株式会社は、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII(以下:アクロスII)」を新たに開発した。2019年秋に、35mmサイズ、ブローニーサイズの2種類を発売予定。

同社は、黒白フィルムの需要の減少と、生産に欠かせない原材料が入手困難になったため、黒白フィルムの販売を2018年秋に終了したが、フィルム愛好家をはじめフィルム独特の風合いによる写真を好むSNS世代の若年層の方を中心に、同社の黒白フィルムの販売継続を望む声が多く寄せられたことを受け、あらゆる角度から販売再開に向けた検討を進めてきたという。入手困難になった原材料の代替品の研究や新たな原材料に合わせた製造プロセスの抜本的な見直しにより、黒白フィルム「アクロスII」の開発に成功したとしている。ネオパン100 ACROSIIの主な特長は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • 当社独自の「Super Fine-Σ粒子技術」(※1)を採用することにより、感度ISO100の黒白フィルムとして世界最高水準の粒状性を実現。
  • 当社従来品「ネオパン100 ACROS」に比べハイライト部の階調をメリハリのある設計とし、立体的な階調再現が可能。
  • 世界最高水準のシャープネスにより、被写体の輪郭を強調した描写が可能。
※写真フィルムに含まれるハロゲン化銀粒子のサイズと、その組成を精密にコントロールすることで、感度と優れた粒状性を両立させ、プリントの高画質化に寄与する技術。

[ Category : ]
[ DATE : 2019-06-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2019]富士フイルムブース:4K放送用レンズの125倍ズームレンズ「UA125×8」やAF対応「UA107x8.4AF」を出展

高倍率放送用レンズの新製品2機種を国内初出展 今年のInter BEEの展示会場の中でも特に注目製品と言える4K放送用ズームレンズの「FUJINON UA125×8」... 続きを読む

[InterBEE2019]富士フイルム、InterBEE2019出展概要を発表。様々なカメラ、現場に対応したレンズ群や、4K対応大型中継車を展示

※写真は昨年の様子 富士フイルム株式会社は、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に出展する(ホ... 続きを読む

富士フイルム、軽量・高強度なチタンを採用したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro3」を発売

富士フイルムは、独自の色再現技術による画質と小型軽量を実現する「Xシリーズ」のフラッグシップモデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro3」(以下:X-Pr... 続きを読む

富士フイルム、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T30ダブルズームレンズキット」を発売

富士フイルムイメージングシステムズ株式会社は、同社のミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T30」の追加レンズキット「FUJIFILM X-T30ダブルズームレンズキット... 続きを読む

富士フイルム、新開発センサー搭載のミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-A7」を発売

富士フイルム株式会社は、同社の「Xシリーズ」の新製品となるミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-A7」(以下:X-A7)を、小型軽量な交換レンズ「フジノンレンズ XC15... 続きを読む

トップ > ニュース > 富士フイルム、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII」を発表