PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、大口径超望遠単焦点レンズGマスター「FE 600mm F4 GM OS」を発売

News

ソニー、大口径超望遠単焦点レンズGマスター「FE 600mm F4 GM OS」を発売

2019-06-12 掲載

ソニーは、35mmフルサイズ対応のα(Alpha)Eマウントレンズとして大口径超望遠単焦点レンズGマスター「FE 600mm F4 GM OSS」を2019年6月18日に発売する(受注生産品)。希望小売価格は税別1,795,000円。

スポーツや野生動物、報道などの撮影に必要とされる超望遠600mm開放F値4の大口径レンズを、Eマウントの超望遠単焦点レンズとして初めて発売する。レンズのフォーカス駆動部には、同社独自のXD(extreme dynamic)リニアモーターを2基搭載し、同レンズに最適化されたAFアルゴリズムとあわせ、高速・高精度かつ静粛な高性能AFを実現しているという。

同社の最先端技術を投入するGマスターの設計基準により、画面中心から周辺部まで高い解像性能を実現。新開発の大口径超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズや蛍石レンズ3枚などを効果的に配置し、大口径望遠レンズで発生しやすい球面収差や色収差を良好に補正しているという。また、レンズ本来の性能を引き出すために、製造工程においては、各レンズの諸収差が良好な状態になるようレンズ1本毎に徹底した調整を行い、Gマスターならではの高い解像性能と美しいぼけの両立を実現している。

同社が培ってきた最新のメカニカル・光学技術を活用し、鏡筒全体の重量バランスに配慮した新規光学設計と、軽量かつ堅牢性の高いマグネシウム合金製部品を鏡筒本体の外装をはじめ全面的に採用することにより、3,040gの軽量設計を実現。さらに鏡筒前方の軽量化により、カメラ本体と組み合わせた際の重量バランスが最適化され、回転運動に対する抵抗の大きさを表す慣性モーメントを低減する。一脚撮影時および手持ち撮影時のいずれにおいても、俊敏かつ正確なパンニング(横方向の旋回)が可能だという。同レンズの主な特長は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • 11枚羽根円形絞りを採用することで、自然でやわらかい円形ぼけを実現
  • 1.4倍テレコンバーター「SEL14TC」と2倍テレコンバーター「SEL20TC」装着時※6においても、高い描写性能とAF性能を実現
  • フレアやゴーストを抑制する独自のコーティング技術であるナノARコーティングを採用
  • 屋外の様々な撮影環境にも耐えられる、防塵防滴※7に配慮した設計
  • 汚れが付きにくく、また付着しても落としやすいフッ素コートをレンズ最前面に採用
  • MF(マニュアルフォーカス)リングを回すことで、AF-Cモードで撮影中もMF操作が可能なフルタイムDMFモード搭載
  • MF時の繊細なリング操作にも反応の良い「リニア・レスポンスMF」を採用
  • 瞳AFなどの機能を割り当てることができるフォーカスホールドボタンを4つ搭載
  • 動体撮影時のフレーミングの安定を重視し、手ブレ補正のアルゴリズムを最適化したMODE3※8を搭載
  • プリセットフォーカスとファンクション※9の2つのモードを切り替えて操作可能なファンクションリングを搭載
    (ファンクション設定時には、カメラ本体のメニューから割り当てることができる機能を選択可能)
  • トランクタイプの専用ハードケースを付属
※6:最大1200mm、APS-Cサイズイメージセンサー搭載のデジタル一眼カメラ装着時では最大約1800mm相当(35mm判換算値)の望遠域をカバーします。開放絞り値はそれぞれF5.6/F8となります。カメラ本体との機能互換性の詳細については、ソニーサポートサイトでご確認ください。 ※7:防塵防滴に配慮した構造となっていますが、埃や水滴の侵入を完全に防ぐものではありません。 ※8:MODE3を使用するには、「α9」、「α7R III」、「α7 III」の本体ソフトウェアを最新のバージョンにアップデートする必要があります。 その他のカメラ本体との機能互換性の詳細はサポートページをご覧ください。 ※9:ファンクションモードの場合は初期設定でパワーフォーカス機能がアサインされています。「α9」の本体ソフトウェアを最新のバージョンにアップデートする事で 「α9」装着時にAPS-Cサイズとフルサイズの切り替え機能のアサインが可能となります。その他の機能互換性や、その他のカメラ本体との機能互換性の詳細はサポートページをご覧ください。

[ Category : ]
[ DATE : 2019-06-12 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ウォークマン40年の歩みを体験できる「#009 WALKMAN IN THE PARK」が開催

Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)は、2019年7月1日~9月1日までの期間中、ウォークマン40年の歩みを感じながら、触れて、聞くことのできる体験展示「#009 W... 続きを読む

ソニー、ネヴィオン社とIPベースの放送映像制作ソリューションに関する戦略的協業体制を構築

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社(以下:ソニー)と、Nevion AS(以下:ネヴィオン社)は、放送業務用分野を中心としたIP(Internet Protoc... 続きを読む

ソニー、1/2.8型セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサーおよび、低照度性能を向上した2タイプを商品化

「IMX415」(左)、「IMX485」(右) ソニーは、今後のスマートシティの拡大を踏まえ、防犯・防災、交通、商業施設を始めとしたさまざまな監視用途で急速に普及が進むセキュ... 続きを読む

ソニー、「HXR-NX80」と「PXW-Z90」に新機能のシンプルライブストリーミングを追加するソフトウェアアップデートを発表

写真左:HXR-NX80、写真右:PXW-Z90 ソニービジネスソリューション株式会社は、4K HDR対応の業務用カムコーダー「HXR-NX80」および「PXW-Z90」に、... 続きを読む

ソニー、焦点距離200mmから600mmまでをカバーする超望遠ズームレンズGレンズ「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」を発売

ソニーは、35mmフルサイズ対応α(Alpha)Eマウントレンズとして、望遠200mmから超望遠600mmまでをカバーする超望遠ズームレンズGレンズ「FE 200-600mm F5... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、大口径超望遠単焦点レンズGマスター「FE 600mm F4 GM OS」を発売