PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 朋栄、朋栄エレテックス製4K対応タイムラグチェッカー「EDD-5400」を発売

News

朋栄、朋栄エレテックス製4K対応タイムラグチェッカー「EDD-5400」を発売

2019-06-12 掲載

株式会社朋栄は、朋栄エレテックス製タイムラグチェッカー「EDD-5400」を発売した。希望小売価格は税別110万円。

EDD-5400は、3RUハーフラックサイズのタイムラグチェッカー。3G/HD-SDI各信号フォーマットに対応し、Quad link3G-SDIでは4Kフォーマットも入力可能。オプションで12G-SDI信号にも対応する。また、独自のテストタイムコード(TTC)を映像音声信号、およびVANCパケットに重畳。遅延時間は、このタイムコードと現在の時刻を比較することで測定される。

内蔵されているタイムコードジェネレーターは、同位相のテストタイムコード信号を生成し、映像、音声、VANCの各信号として出力する。映像遅延時間に使用されるTTCは、データ圧縮が行われても劣化しにくい形状で、時間情報を画面上に重畳している。

音声信号の遅延時間の測定はLTCベースのオリジナル信号で行われるため、計測対象システムや装置を選ばずに、遅延時間を測定することが可能。

測定可能な遅延時間は、伝送に於ける映像、音声、VANCの各遅延時間や、映像・音声チャネル間の相対遅延時間、映像音声間の相対遅延時間(リップシンク)、及び映像信号とVANCパケットの相対遅延時間など、映像4系統、エンベデッド音声32チャネル、VANCパケット、AES2系統の全ての組み合わせで行える。また、EDD-5400を2台とオプションのGNSS(全球測位衛星システム)時刻同期機能を用いる事で、遠距離間の伝送遅延時間計測も可能。

EDD-5400の測定結果を利用することで、PCを利用した解析をスムーズに行うことが可能。解析に必要となるタイムコード情報や基準信号、基準信号に対する各信号の遅延計測値など、各種情報は全てEthernet出力される。

また、EDD-5400で測定した遅延量を、朋栄エレテックスの映像音声遅延分配装置EDA-1000/2000に設定することにより、正確な遅延調整が可能だとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-06-12 ]
[ TAG : ]

関連する記事

朋栄、「ケーブル技術ショー2020 オンライン展示会」出展概要を発表

キャラクタージェネレーター「CG-Portable」 株式会社朋栄は、2020年7月1日~8月31日までの期間中、オンライン展示会として開催される「ケーブル技術ショー 2020」... 続きを読む

Dejero製品導入事例:米国人宇宙飛行士が搭乗するSpaceX打ち上げ報道の場合

株式会社朋栄の発表によると、同社が国内総販売代理店として活動しているDejero Labs Inc.は、技術提供会社のコンソーシアムに参加し、NASAおよび民間航空宇宙ベンチャーS... 続きを読む

InSync Technologyが英国Queen’s Enterprise Awardを受賞

株式会社朋栄は、英国InSync Technplogyが国際貿易部門で2020 Queen's Award for Enterprise (英国女王賞) を受賞したことを発表した。... 続きを読む

[再現NAB2020:朋栄]HDで最大16系統のIP入力を、4Kで最大4系統の入力をサポートするIPマルチビューワー「MV-1640IP」

朋栄のIPソリューションとして初となるIPマルチビューワー「MV-1640IP」 朋栄がNAB2020で展示予定だった新製品のSMPTE IP対応マルチビューワー「MV-16... 続きを読む

[InterBEE2019]朋栄ブース:12G-SDIだけでなく、IP関連ソリューションにも力を入れた展示

朋栄は「FOR-A World of Possibilities(無限の可能性に向けて)」をテーマに掲げ、12G-SDI/IP製品やHDR対応製品のほか、グラフィックス関連製品など... 続きを読む

トップ > ニュース > 朋栄、朋栄エレテックス製4K対応タイムラグチェッカー「EDD-5400」を発売