PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 朋栄、朋栄エレテックス製4K対応タイムラグチェッカー「EDD-5400」を発売

News

朋栄、朋栄エレテックス製4K対応タイムラグチェッカー「EDD-5400」を発売

2019-06-12 掲載

株式会社朋栄は、朋栄エレテックス製タイムラグチェッカー「EDD-5400」を発売した。希望小売価格は税別110万円。

EDD-5400は、3RUハーフラックサイズのタイムラグチェッカー。3G/HD-SDI各信号フォーマットに対応し、Quad link3G-SDIでは4Kフォーマットも入力可能。オプションで12G-SDI信号にも対応する。また、独自のテストタイムコード(TTC)を映像音声信号、およびVANCパケットに重畳。遅延時間は、このタイムコードと現在の時刻を比較することで測定される。

内蔵されているタイムコードジェネレーターは、同位相のテストタイムコード信号を生成し、映像、音声、VANCの各信号として出力する。映像遅延時間に使用されるTTCは、データ圧縮が行われても劣化しにくい形状で、時間情報を画面上に重畳している。

音声信号の遅延時間の測定はLTCベースのオリジナル信号で行われるため、計測対象システムや装置を選ばずに、遅延時間を測定することが可能。

測定可能な遅延時間は、伝送に於ける映像、音声、VANCの各遅延時間や、映像・音声チャネル間の相対遅延時間、映像音声間の相対遅延時間(リップシンク)、及び映像信号とVANCパケットの相対遅延時間など、映像4系統、エンベデッド音声32チャネル、VANCパケット、AES2系統の全ての組み合わせで行える。また、EDD-5400を2台とオプションのGNSS(全球測位衛星システム)時刻同期機能を用いる事で、遠距離間の伝送遅延時間計測も可能。

EDD-5400の測定結果を利用することで、PCを利用した解析をスムーズに行うことが可能。解析に必要となるタイムコード情報や基準信号、基準信号に対する各信号の遅延計測値など、各種情報は全てEthernet出力される。

また、EDD-5400で測定した遅延量を、朋栄エレテックスの映像音声遅延分配装置EDA-1000/2000に設定することにより、正確な遅延調整が可能だとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-06-12 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2019]朋栄ブース:12G-SDIだけでなく、IP関連ソリューションにも力を入れた展示

朋栄は「FOR-A World of Possibilities(無限の可能性に向けて)」をテーマに掲げ、12G-SDI/IP製品やHDR対応製品のほか、グラフィックス関連製品など... 続きを読む

朋栄、朋栄エレテックス製SDIおよびIP対応テスト信号発生器「ESG-4200」を発売

株式会社朋栄は、朋栄エレテックス製4K対応テスト信号発生器「ESG-4200」を発売した。希望小売価格は税別198万円。 ESG-4200は、UHD/DCI 4Kに対応したテ... 続きを読む

朋栄、朋栄エレテックス製12G-SDI対応小型ルーティングスイッチャー「ERS-44-12G」を発売

株式会社朋栄は、朋栄エレテックス製12G-SDI対応小型ルーティングスイッチャー「ERS-44-12G」を発売した。希望小売価格は税別45万円。 ERS-44-12Gは、1R... 続きを読む

朋栄、米・Variant Systems Groupに出資。世界各地域への販売を強化し、朋栄ライブ制作製品群との相乗効果を実現

株式会社朋栄は、スポーツメディアおよびエンターテインメント業界向けにライブ放送用制作ツールを開発する米国Variant Systems Group(以下:VSG)へ戦略的投資を実施... 続きを読む

[InterBEE2019]朋栄、InterBEE2019出展概要を発表。制作現場の省力化・自動化ニーズに対応可能な製品/ソリューションを展示

※写真は昨年の様子 株式会社朋栄は、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に出展する(ホール4/... 続きを読む

トップ > ニュース > 朋栄、朋栄エレテックス製4K対応タイムラグチェッカー「EDD-5400」を発売