PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Visbit、SaaSプラットフォーム「Visbit VR Theatre」のアップデートを発表。12K VRビデオをサポート

News

Visbit、SaaSプラットフォーム「Visbit VR Theatre」のアップデートを発表。12K VRビデオをサポート

2019-06-18 掲載

Visbitは、VRビデオをさまざまなビジネスや組織向けの販売および教育ツールに変換するSaaSプラットフォーム「Visbit VR Theatre」のメジャーアップグレードを発表した。

同アップグレードにより、Visbit VR Theatreの最大サポートビデオ解像度が8Kから12Kとなり、Viveportアプリにキオスクモードとシアターモードが追加され、Visbit VR Theatreのフル機能セットがHTC Vive Focus、Pico G2、Pico G2 4Kヘッドセットで使用できるようになった。

12Kの解像度は11520×5670で、8Kまたは4Kの解像度と比較すると、32Mまたは8Mピクセルに対して12Kでは72Mピクセルとなる。視聴者の目には、視野がVRでは約100°しかないことを考慮すると、12KのVRビデオでは1眼あたり2.5~3Kの解像度が得られる。VRで真の網膜のような体験を実現するには、ビデオの解像度を少なくとも16Kにする必要があり、これはまだ数年先の話だとしている。

12KのサポートはVisbitのViveportアプリでのみ提供され、Vive FocusとPico G2またはG2 4Kのユーザーに提供される。同社の公式Webサイトで入手可能なVisbit VR Theatreの無料試用版で試すことも可能だ。Oculus Goに対する12Kのサポートも予定している。同社はOculus Questのサポートにも取り組んでいる。

また、12Kの再生だけでなく、ズーム機能にも対応。視聴者がコントローラーのトリガーを握っているとき、ズーム機能は視聴者の位置を被写体領域に近づけることができ、トリガーを放すとビューアは球の内側の通常の位置にズームアウトされる。

その他にも、解像度のアップグレードに加えて、同社はViveportストアのVisbit Premium Playerにキオスクモードとシアターモードを追加し、これらの再生機能をVive FocusとPicoのユーザーが利用できるようになった。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-06-18 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Insta360、VR映画用カメラ「Insta360 Titan」を出荷開始

Insta360は、8つのレンズを搭載し、最大11K画質の360°写真および、動画撮影可能なVR映画用カメラ「Insta360 Titan」の出荷を開始した。以前、2019年4月か... 続きを読む

アストロデザイン、ミエクルと共同で永楽館歌舞伎の8K VR撮影を実施

8Kカムコーダーを抱える片岡愛之助さん(写真右)と中村壱太郎さん(写真左) アストロデザイン株式会社は、ミエクル株式会社とともに「第十一回 永楽館歌舞伎」の8K VR撮影を行... 続きを読む

HumanEyes Technologies、180° VR撮影、360°撮影が切替可能な5.7Kカメラ「Vuze XR」を発売

イスラエルのHumanEyes Technologiesは、2018年12月5日(日本時間)、同社のVuze VRカメラシリーズの最新ラインアップとなる「Vuze XR」を事前予約... 続きを読む

RED&Facebook、16xHELIUM 8Kセンサー搭載360/VRカメラを発表

Facebookの開発者向けカンファレンス「F8」にて、同社はRED Digital Cinemaとの新たなパートナーシップを発表し、FacebookのSurround360テクノ... 続きを読む

Blackmagic Micro Studio Camera 4K事例:ドキュメンタリー映画「In to the Now」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ドキュメンタリー映画「In to the Now」の撮影において、マイケル・ミュラー監督が2台のVRリグに計18台のMicro S... 続きを読む

トップ > ニュース > Visbit、SaaSプラットフォーム「Visbit VR Theatre」のアップデートを発表。12K VRビデオをサポート