PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:Diploのミュージックビデオ「So Long」の場合

News

Blackmagic Design製品事例:Diploのミュージックビデオ「So Long」の場合

2019-06-25 掲載

Blackmagic Designの発表によると、カントリーシンガーCamをフィーチャーしたDiploの最新ミュージックビデオ「So Long」が、URSA Mini Pro 4.6Kを使い、Blackmagic RAWフォーマットで撮影されたという。

カリフォルニア州インディオで開催されたカントリーミュージックの祭典、2019ステージコーチで制作された同曲およびビデオは、DiploのベースであるEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)から離れて、カントリーミュージックのジャンルに踏み込んでいる。これはディレクターのブランドン・ダーマー氏にとって楽しい挑戦であったという。

作品への「自作」アプローチで知られているDiploは、ダーマー氏が2012年にNekrogoblikonのために制作したデスメタルのミュージックビデオを見てファンになったという。彼らはこれまでにいくつかのプロジェクトを共同で手がけており、Huluのテレビシリーズ「What Would Diplo Do」はその一例である。「So Long」に関しては、Diploがダーマー氏に連絡を取り、新しいビデオの制作に興味があるかどうか尋ねたという。

ダーマー氏:カントリーミュージックフェスティバルのDJを映像にするというのは、人生の中で最もロックな経験の一つでした。

制作チームには、ステージコーチへの前例のないアクセスが許可された。

ダーマー氏:今までに例がないほど、イベント会場のどこへでもアクセスできることになっていました。例外はコーチェラ公演のビヨンセくらいでしょうね。

Camのパフォーマンスだけでなく、ドキュメンタリー的なフッテージを含め、このイベントの体験を可能な限り完全な形でキャプチャすることが目標であったという。

ダーマー氏:実際のステージが始まるまで、Diploがステージコーチの観客にどう受け入れられるか誰も分かりませんでしたが、すべてをカメラに収めようと思っていました。

カメラマンのヴォイチェフ・ケイラー氏は複数のカメラで撮影し、URSA Mini ProとBlackmagic RAWを他のフォーマットと比べたいと考えていた。ケイラー氏が1台のカメラで撮影し、アシスタントのジャスティン・キャメロン氏がURSA Mini Proで撮影した。

最初は、ケイラー氏がDiploとCamのバックステージを追い、キャメロン氏がビューティーショットや参加者の様々なフッテージを担当した。そしてコンサートが始まると、両氏のカメラはステージ上のDiploとCamのパフォーマンスを追った。

ケイラー氏:Arri ProRes 444とBlackmagic RAWで撮影しました。どちらのカメラも広ダイナミックレンジに対応しており、すばらしいイメージをキャプチャできました。

ダーマー氏とケイラー氏は、多くのカントリーミュージックのビデオや映画からインスピレーションを得て、EDMのリッチなサチュレーションを残しつつ、ステージコーチの雰囲気をキャプチャするというスタイルを選択した。

ケイラー氏:これらのルックの良い部分だけを組み合わせました。EDMスタイルに沿ったサチュレーションを残すと同時に、ざらついた雰囲気を加えようというのが私たちのプランでした。

カラリストのライアン・マクニール氏がDaVinci Resolve Studioで最終的なルックの作成を行った。マクニール氏はダーマー氏およびケイラー氏と過去に何度も仕事をしたことがあったため、彼らの目指すルックを強く意識できたという。マクニール氏は、カントリーミュージックとフィルムスタイルの融合を模索した。

マクニール氏:多くのグレインと温かみのあるハイライトを採用してフィルムルックを強調しました。さらに全体のミッドトーンとシャドウの露出を低く抑えることで、ネガの雰囲気を色濃くしました。

DaVinci Resolveでは、Blackmagic RAWと他のフォーマットを組み合わせることは容易であった。広ダイナミックレンジによりマッチングでき、最終的にはその差を見分けられないまでの仕上がりになったとしている。

マクニール氏:ブランドンやヴォイチェフの美しいイメージをグレーディングすることは、いつでもとても楽しい作業ですね。Diploがカントリーミュージックのビデオに出ていること?まったく違和感ないですね!


[ Category : ]
[ DATE : 2019-06-25 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Blackmagic Design製品事例:メディアコープ・シンガポールのコメディー・ドラマ「Classmates」の場合

Blackmagic Designの発表によると、シンガポールに拠点を置くEcho Entertainmentが、メディアコープ・シンガポールの近日公開予定のコメディー・ドラマ「C... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:ライトストーム・エンターテインメント「アバター」続編の場合

Blackmagic Designの発表によると、ライトストーム・エンターテインメントが「アバター」の続編制作に、Teranex AV、Smart VideoHub 12G 40x... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、Blackmagic URSA Mini Pro 4.6Kのアップデートを発表

Blackmagic Designは、Blackmagic URSA Mini Pro 4.6Kのメジャーソフトウェアアップデートを発表した。Blackmagic Camera 6... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:ジャスミン・アッシュのミュージックビデオ「Same Sun」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ジャスミン・アッシュ氏の新しいシングル「Same Sun」がブレンダン・ウォルター氏によりPocket Cinema Camera... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:統合ビデオ制作システムのサプライヤーMultiCAM Systemsの場合

Blackmagic Designの発表によると、統合ビデオ制作システムのサプライヤーMultiCAM Systemsが、PCIeキャプチャー・再生カードであるDeckLinkをオ... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:Diploのミュージックビデオ「So Long」の場合