PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、1/2.8型セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサーおよび、低照度性能を向上した2タイプを商品化

News

ソニー、1/2.8型セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサーおよび、低照度性能を向上した2タイプを商品化

2019-06-26 掲載

「IMX415」(左)、「IMX485」(右)

ソニーは、今後のスマートシティの拡大を踏まえ、防犯・防災、交通、商業施設を始めとしたさまざまな監視用途で急速に普及が進むセキュリティカメラ向けに、4K解像度の1/2.8型積層型CMOSイメージセンサー「IMX415」と、4K解像度で従来比3.3倍の高い低照度性能を実現する1/1.2型裏面照射型CMOSイメージセンサー「IMX485」を商品化することを発表した。

1/2.8型(対角6.43mm)有効約846万画素 積層型CMOSイメージセンサー「IMX415」
サンプル出荷時期:2019年4月
サンプル価格:税別2,500円

1/1.2型(対角12.86mm)有効約842万画素 裏面照射型CMOSイメージセンサー「IMX485」
サンプル出荷時期:2019年7月
サンプル価格:税別10,000円

IMX415は、独自の高感度・低ノイズ技術を駆使し、画素サイズを従来比約80%の1.45um角に微細化することで、1/2.8型の小型でありながら、低照度性能が従来のCMOSイメージセンサーに比べて1.5倍向上。また、低ノイズ回路を搭載した積層型構造を採用することで、暗いシーンでも鮮明な映像の撮像が可能だとしている。

IMX485の画像

IMX485は、画素サイズを従来比2.1倍の2.9um角にし、最新の画素技術を適用した低ノイズ化により、低照度性能が従来のセキュリティカメラ向けCMOSイメージセンサーに比べて3.3倍に向上。これにより、暗いシーンでも物体を正確に検知し撮像できるとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-06-26 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニーとVerizon、5Gを用いたスポーツライブ映像制作の共同実証実験に成功

(左)NRGスタジアムでの撮影風景 (右)PXW-Z450にトランスミッター試作機Xperia 5Gミリ波帯対応デバイスを搭載したカメラシステム ソニーイメージングプロダク... 続きを読む

[InterBEE2019]ソニーブース:IPを利用した4K8K対応システム製品を展示

ソニーブース動画 ソニーブースレポート ソニーは「ともに創る。ともに進む。」をテーマに、IP Liveプロダクンシステムや放送設備の効率的な活用... 続きを読む

[InterBEE2019]ソニー、InterBEE2019出展概要を発表。IPを活用したソリューションや、4K/HDR高画質映像制作機器を提案

ソニーは、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に出展する(ホール6/No.6113)。 同社ブ... 続きを読む

ソニー、待望の6Kフルサイズセンサー搭載カムコーダー「FX9」登場。FS7 IIからの変更点を開発陣に聞く

FX9の設計を担当したソニーの村上哲也氏(左)と商品企画を担当した大石崇氏(右) より“美しく”、より“速く”。ソニーの秘術が集結した「FX9」登場 ソニーはI... 続きを読む

ソニー、台風19号の接近により「α Universe Premium Event 2019(東京)」を開催中止

ソニーは、2019年10月12日~13日に開催を予定していた「α Universe 2019 PREMIUM EVENT」の開催中止を発表した。 同イベントは、台風19号の接... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、1/2.8型セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサーおよび、低照度性能を向上した2タイプを商品化