PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、1/2.8型セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサーおよび、低照度性能を向上した2タイプを商品化

News

ソニー、1/2.8型セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサーおよび、低照度性能を向上した2タイプを商品化

2019-06-26 掲載

「IMX415」(左)、「IMX485」(右)

ソニーは、今後のスマートシティの拡大を踏まえ、防犯・防災、交通、商業施設を始めとしたさまざまな監視用途で急速に普及が進むセキュリティカメラ向けに、4K解像度の1/2.8型積層型CMOSイメージセンサー「IMX415」と、4K解像度で従来比3.3倍の高い低照度性能を実現する1/1.2型裏面照射型CMOSイメージセンサー「IMX485」を商品化することを発表した。

1/2.8型(対角6.43mm)有効約846万画素 積層型CMOSイメージセンサー「IMX415」
サンプル出荷時期:2019年4月
サンプル価格:税別2,500円

1/1.2型(対角12.86mm)有効約842万画素 裏面照射型CMOSイメージセンサー「IMX485」
サンプル出荷時期:2019年7月
サンプル価格:税別10,000円

IMX415は、独自の高感度・低ノイズ技術を駆使し、画素サイズを従来比約80%の1.45um角に微細化することで、1/2.8型の小型でありながら、低照度性能が従来のCMOSイメージセンサーに比べて1.5倍向上。また、低ノイズ回路を搭載した積層型構造を採用することで、暗いシーンでも鮮明な映像の撮像が可能だとしている。

IMX485の画像

IMX485は、画素サイズを従来比2.1倍の2.9um角にし、最新の画素技術を適用した低ノイズ化により、低照度性能が従来のセキュリティカメラ向けCMOSイメージセンサーに比べて3.3倍に向上。これにより、暗いシーンでも物体を正確に検知し撮像できるとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-06-26 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、360°映像表示可能な円筒透明スクリーンディスプレイを米国・SIGGRAPH 2019に出展

ソニーは、米国・カリフォルニア州ロサンゼルスにて2019年7月28日より開催されているコンピュータグラフィクスとインタラクティブ技術の国際会議「SIGGRAPH 2019」において... 続きを読む

ソニー、α9と同等の高速・AF性能を搭載したデジタルスチルカメラサイバーショット「RX100 VII」を発表

ソニーは、同社のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」と同等の高速・AF性能を搭載したデジタルスチルカメラサイバーショット「RX100 VII」を2019年8月30日に発売する(予... 続きを読む

ソニー、有効約6100万画素の新開発35mmフルサイズCMOSイメージセンサーを搭載したフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7R IV」を発表

ソニーは、有効約6100万画素の新開発35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rを搭載したα(Alpha)レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α7R IV」を2... 続きを読む

ウォークマン40年の歩みを体験できる「#009 WALKMAN IN THE PARK」が開催

Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)は、2019年7月1日~9月1日までの期間中、ウォークマン40年の歩みを感じながら、触れて、聞くことのできる体験展示「#009 W... 続きを読む

ソニー、ネヴィオン社とIPベースの放送映像制作ソリューションに関する戦略的協業体制を構築

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社(以下:ソニー)と、Nevion AS(以下:ネヴィオン社)は、放送業務用分野を中心としたIP(Internet Protoc... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、1/2.8型セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサーおよび、低照度性能を向上した2タイプを商品化