PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > パナソニック、デジタル一眼カメラLUMIX「Sシリーズ/Gシリーズ」8機種のファームウェアアップデートを発表

News

パナソニック、デジタル一眼カメラLUMIX「Sシリーズ/Gシリーズ」8機種のファームウェアアップデートを発表

2019-07-02 掲載

パナソニック株式会社は、同社のデジタル一眼カメラLUMIX Sシリーズ「DC-S1R/S1」と、Gシリーズ「DC-GH5/GH5S/G9/G99/GX7MK3、DMC-G8」8機種のファームウェアアップデートを2019年7月9日に提供開始する。同社Webサイトよりダウンロード可能。

■LUMIX Sシリーズ ボディ対応ファームウェア

  • S1R ファームウェアVer.1.2
  • S1 ファームウェアVer.1.2
  • LUMIX Tether Ver.1.5
  • LUMIX Sync Ver.1.0.1
  • PHOTOfunSTUDIO 10.1 PE

■LUMIX Gシリーズ ボディ対応ファームウェア

  • GH5 ファームウェアVer.2.5
  • GH5S ファームウェアVer.1.3
  • G9 ファームウェアVer.1.3
  • G99ファームウェアVer.1.1
  • GX7MK3 ファームウェアVer.1.4
  • G8 ファームウェアVer.1.4
  • Image App Ver.1.10.14
  • LUMIX Tether Ver.1.5
※LUMIX TetherはGシリーズ中、DC-GH5、DC-GH5S、DC-G9のみ対応。

同アップデートにより、DC-S1R/S1では、ボディ内手ブレ補正/Dual I.S.2性能、AF機能などの機能が向上した。DC-GH5/GH5S/G9/G99/GX7MK3、DMC-G8では、交換レンズ「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.(H-X1025)」に対応したほか、様々な操作機能が向上するという。アップデート内容は以下の通り。

LUMIX Sシリーズ追加の新機能

(1)ボディ内手ブレ補正/Dual I.S.2性能向上
■対応機種:DC-S1R/DC-S1

カメラ内部に搭載されたボディ内手ブレ補正(B.I.S.)の手ブレ補正性能が、シャッター速度5.5段分から6.0段分※1に向上。さらにレンズ内手ブレ補正(O.I.S.)と連動した「Dual I.S. 2」の手ブレ補正性能は、シャッター速度6.0段分から6.5段分※2、※3に向上し、中望遠~望遠域までの撮影や、暗がりなどでの撮影をサポート。

※1CIPA規格準拠(Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=50mm、S-X50使用時)
※2CIPA規格準拠(Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=105mm、S-R24105使用時。レンズのファームウェアVer1.1以降で対応)
※3CIPA規格準拠(Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=200mm、S-R70200使用時。レンズのファームウェアVer1.1以降で対応)

(2)遠近の被写体、どちらを狙う場合も迷わない、AF-ON「近側/遠側」設定
■対応機種:DC-S1R/DC-S1

ピントを合わせたい被写体が、手前にあるか奥にあるか、優先する対象を選べる新しいAF制御が可能。AF-ON時に[近側]に設定すればピントが背景に抜けるケースを抑えられ、「遠側」では手前の障害物の影響を受けにくくでき、ストレスのないピント合わせが可能。「近側」「遠側」は、Fnボタンに設定することで切り換え可能。

(3)S1専用アップグレードソフトウェアキー「DMW-SFU2」への対応
■対応機種:DC-S1

シネマカメラクラスの14+ストップV-Logなどの動画撮影を可能にする別売のS1専用アップグレードソフトウェアキー「DMW-SFU2」の機能が使用可能。

(4)性能改善、使用性向上
■対応機種:DC-S1R/DC-S1

  • 動画撮影時におけるAFモード「追尾」時の追従性能を改善
  • XQDメモリーカード使用時の動作安定性を向上

LUMIX Gシリーズ追加の新機能

(1)交換レンズLEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.(H-X1025)との互換性向上
■対応機種:DC-GH5、DC-GH5S、DC-G9、DC-G99、DC-GX7MK3、DMC-G8

  • 動画撮影時の滑らかな絞り制御駆動に対応
  • 静止画撮影時に、絞りリングによる制御を「SMOOTH」「1/3EVステップ」から選択できる「絞りリング設定」メニューを追加

(2)シャッターリモコン「DMW-RS2」に対応
■対応機種:DC-GH5、DC-GH5S、DC-G9、DMC-G8

バルブ撮影、動画撮影に対応した新シャッターリモコンDMW-RS2に対応。カスタムメニューでリモコン側の動画RECボタン操作をON/OFFで行える。

(3)バッテリーグリップ「DMW-BGG1」に対応
■対応機種:DC-G99

DMW-BGG1のFnボタンをカスタマイズできる機能を追加。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-07-02 ]
[ TAG : ]

関連する記事

パナソニック、フルサイズミラーレス一眼カメラ Lマウントシステム用交換レンズ「S-R2060」を発売

パナソニック株式会社は、ルミックス フルサイズミラーレス Sシリーズ用交換レンズ「S-R2060」を2020年7月22日に発売する。希望小売価格は税別74,000円。 S-R... 続きを読む

パナソニック、ライブストリーミング配信用途に配慮したベータ版パソコン用ソフト「LUMIX Tether for streaming(Beta)」を公開

パナソニックは、ライブストリーミング配信用途に配慮したベータ版パソコン用ソフト「LUMIX Tether for streaming(Beta)」を2020年6月8日に公開した。対... 続きを読む

パナソニック、S1HファームウェアVer.2.0提供開始。動画RAWデータ出力機能は次期バージョンへ延期

パナソニックは、フルサイズミラーレス一眼カメラLUMIX DC-S1Hにおいて、機能追加・向上に対応したファームウェアVer.2.0の提供を開始した。同社Webページより無償でダウ... 続きを読む

[IBC2020]パナソニック、IBC2020の出展を取りやめ

※写真はIBC2019の様子 英国パナソニックの発表によると、今年9月にオランダのアムステルダムで開催されるIBC 2020から撤退した。代わりに、オンラインを使った独自のテ... 続きを読む

[再現NAB2020:パナソニック]新しいコンセプトとアーキテクチャーによるライブ映像制作プラットフォーム

ST2110、NDIなどのパケットをCPUおよびGPUの能力で処理する独自のソフトウェア開発によって実現したIT/IPプラットフォーム パナソニックは、NAB2020で展示予... 続きを読む

トップ > ニュース > パナソニック、デジタル一眼カメラLUMIX「Sシリーズ/Gシリーズ」8機種のファームウェアアップデートを発表