PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > アストロデザイン、田井えみ監督の8K映像に技術協力。プライベートショーで初上映、セミナーを開催

News

アストロデザイン、田井えみ監督の8K映像に技術協力。プライベートショーで初上映、セミナーを開催

2019-07-10 掲載

アストロデザイン株式会社は、株式会社マードゥレクスが展開する化粧品ブランドEx:beaute(エクスボーテ)の新商品「8Kビジョンファンデーション」のプロモーション活動の一貫として制作された「8K×8Kコラボ映像」への機材・技術協力を行ったことを発表した。

同映像は、岩井俊二氏の呼びかけにより結成され、活動を続けてきたChima氏、市川和則氏と、岩井俊二氏本人からなる音楽ユニット“ikire”(いきれ)の楽曲「beautiful」とのタイアップ。田井えみ氏を監督に迎えて、8Kカムコーダーによる撮影、編集、8Kシアターでの試写を経て完成した。6月13日に開催されたアストロデザインのプライベートショーでは8Kで初めての上映を行い、あわせて岩井俊二氏登壇による技術セミナーが開催された。

岩井俊二氏のセミナーの様子

(以下、プレスリリースより引用)

8Kで人物を撮るということ(技術セミナーより)
8Kになると撮影はあまり寄り引きしたくなくなりますね。存在感が十分にウェストくらいで出てくるので。それくらいでいい感じになるのが一番いいんじゃないかなと。そういう意味ではすごい影響ですよね。解像度が上がってくると、編集でアップを入れたくなくなってくる。だから最近は、昔よりカット割りしなくなってきた。する気が起きないんですよね。昔はごまかさなきゃみたいなのがあって、そういうのばっかりしてましたけど。そうしないと画のスペックに安さがでてきちゃうんですよ。それをいかに隠すかということに随分苦心してきた気がしますね。

撮影機材は8Kカムコーダー「8C-B60A」、上映機材は8Kプロジェクター「INSIGHT Laser 8K Imaging by ASTRO」。なお、同映像は2019年9月までアストロデザイン本社の8Kシアターみることができる。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-07-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アストロデザイン、8K対応4K対応フレームメモリボード「GG-169/GG-170」を発売

アストロデザイン株式会社は 、8K映像に特化した「GG-169」と、HD〜4K映像に特化した「GG-170」の2つの新しいフレームメモリボードを2020年8月に発売する。GG-16... 続きを読む

アストロデザイン、低解像度動画像を最大8K解像度までアップコンバート可能な「AI Scaler SP-2030」を発売

DaVinci Resolveでの動作画面 アストロデザイン株式会社は、低解像度の動画像を最大8K解像度までアップコンバートが可能なOpen FXプラグインソフトウェア、「AI ... 続きを読む

[再現NAB2020:アストロデザイン]8K映像を取り扱うマルチプラットフォーム「Tamazone Workstation AW-8800」

サーバーに匹敵する高速・大容量の内蔵ストレージを搭載した「Tamazone Workstation AW-8800」 アストロデザインの8K映像を取り扱うマルチプラットフォー... 続きを読む

[再現NAB2020:アストロデザイン]2K以下の低解像度動画像を最大8K解像度までアップスケール可能な「AI Scaler SP-2030」

ノンリニア編集/VFXソフト上で動作するOpen FXプラグインソフトウェア「AI Scaler」 DaVinci Resolveでの動作画面 アストロデザインの「... 続きを読む

[再現NAB2020:アストロデザイン]2K /4K/8K各フォーマットに対応し3D LUTによる色域・ダイナミックレンジ変換を搭載した8Kクロスコンバータ「SC-8229」

2K、4K、8Kの各種映像信号をアップコンバート、ダウンコンバートするクロスコンバータ装置「SC-8229」 アストロデザインはNAB2020で、2K、4K、8Kの各... 続きを読む

トップ > ニュース > アストロデザイン、田井えみ監督の8K映像に技術協力。プライベートショーで初上映、セミナーを開催