PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > シグマ、大口径超広角ズームレンズ「SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN」を発表

News

シグマ、大口径超広角ズームレンズ「SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN」を発表

2019-07-11 掲載

株式会社シグマは、大口径超広角ズームレンズ「SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN」を2019年8月下旬に発売する(Lマウント用、ソニーEマウント用)。希望小売価格は税別190,000円。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DNは、同社が新たに開発、提案するミラーレス専用レンズシリーズの第一弾。Contemporary、Art、Sportsのコンセプトはそのままに、ミラーレスカメラの特徴であるショートフランジバックを活かした設計により、これまでにない仕様や性能の交換レンズを開発するとしている。

FLDガラス1枚、SLDガラス5枚の適切な配置により、画面周辺に至るまで色収差を抑制。最前面の大口径非球面を含む3枚の非球面レンズを使用し、効果的にコマ収差などを抑えると共に、圧倒的な解像感を実現したという。コーティングにはスーパーマルチレイヤーコートに加え、新開発のナノポーラスコーティングを採用し、逆光のような強い入射光に対しても影響を受けにくい設計となっている。

ステッピングモーターの採用により、AF駆動の高速化と静音性を両立。また様々な機能を割り振れるAFLボタンにより、レンズ側での操作の幅が広がるとしている。さらに、防塵防滴機構に加えてレンズ最前面に撥水・防汚コートを採用。

星景写真の撮影で使用されるシートタイプのリアフィルターを装着可能な「リアフィルターホルダー」を標準装備。フィルターの脱落防止のロック機構も搭載している。SIGMA 14-24mm F2.8 DG DNの主な仕様は以下の通り。

  • レンズ構成:13群18枚
  • 画角:114.2°-84.1°
  • 絞り羽根枚数:11枚(円形絞り)
  • 最小絞り:F22
  • 最短撮影距離:28cm
  • 最大撮影倍率:1:7.3
  • 最大径×長さ:φ85.0mm×131.0mm
  • 質量:795g
※数値はLマウント用

[ Category : ]
[ DATE : 2019-07-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

シグマ、初のSIGMAカメラユーザー限定イベント「fpフェス 2020春」を開催

株式会社シグマは、2020年2月8日に「fpフェス 2020春」を開催する。会場は日比谷国際部ビル コンファレンススクエア8A・8B・8C。参加費は無料。1月19日24:00までに... 続きを読む

シグマ、映像用交換レンズの新ラインナップ「FF Classic Prime Line」10本セットの発売日が決定

株式会社シグマは、映像用交換レンズSIGMA CINE LENSの新ラインナップ「FF Classic Prime Line」を2019年12月25日に発売することを発表した。希望... 続きを読む

[InterBEE2019]シグマブース:クラシカルな映像表現を可能にした「Classic Prime Line」や、小型シネマカメラ「SIGMA fp」を展示

解像感とクラシカルな映像表現を両立したClassic Prime Line登場 ガラスケースの手前側がClassic Prime Lineの展示。High Speed... 続きを読む

シグマ、ミラーレス専用設計の大口径Artズーム第二弾「SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art」の発売日と価格が決定

シグマは、Lマウント、ソニーEマウントのフルサイズミラーレスカメラボディに対応した大口径Artズーム「SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art」を2019年12... 続きを読む

シグマ、ミラーレス専用設計の大口径Artズーム第二弾「SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN」を開発発表

シグマは、大口径のミラーレス専用Artズームの第二弾となる「24-70mm F2.8 DG DN | Art」を開発発表した。対応マウントはLマウント用、ソニーEマウント用で、発売... 続きを読む

トップ > ニュース > シグマ、大口径超広角ズームレンズ「SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN」を発表