PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [IBC2019]キヤノン、2/3型センサー搭載の4K放送用カメラ対応ポータブルズームレンズ「CJ15e×4.3B」を発表

News

[IBC2019]キヤノン、2/3型センサー搭載の4K放送用カメラ対応ポータブルズームレンズ「CJ15e×4.3B」を発表

2019-09-06 掲載

キヤノンは、2/3型センサー搭載の4K放送用カメラ対応のポータブルズームレンズの新製品として、広角ズームレンズ「CJ15e×4.3B」を2020年1月下旬に発売する。希望小売価格はオープン。

CJ15e×4.3Bは、ハイエンド向けのポータブルズームレンズ「UHDxs」シリーズの広角ズームレンズ。クラス最広角となる広角端4.3mm、クラス最高となる高倍率15倍ズームを実現。広角端4.3mmと最至近撮影距離約0.3mにより、スペースの限られた場所や被写体に接近した撮影が可能だとしている。2倍のエクステンダーをレンズ本体に内蔵し、ズーム域を4.3~65mmから8.6~130mmに切り替え可能。また、エクステンダー使用時も4Kカメラに対応。

蛍石やUDレンズ、UDレンズの性能をさらに向上させたスーパーUDレンズを最適配置することにより、色収差を良好に補正し、画面の隅々まで優れた色再現性を達成したとしている。インナーフォーカス方式が進化し、フォーカス変動を抑制して近距離から遠距離まで高画質を実現。

同社独自の特殊コーティング技術「ASC(Air Sphere Coating)」を放送用ポータブルズームレンズとして初めて採用。従来のコーティングと比べて、さらなるフレアやゴーストの発生を抑制している。

カメラ側に備えられているITU-R BT.2020色域の映像の色収差を高精度に補正する機能に対応し、ITU-R BT.2020ベースの色収差補正データを搭載。また、HD対応の放送用カメラに装着して使用する場合でも、より高画質な映像を撮影可能だとしている。

本体質量約2.19kg、外形寸法約幅163.0mm×高さ107.6mm×長さ249.6mmと、HD放送用カメラ対応レンズと同等の小型・軽量な筐体を実現。人間工学に基づいたグリップ設計により、長時間肩に担いで撮影する撮影者の負担を軽減。

高分解能16bit絶対値エンコーダーを採用した高機能デジタルドライブユニットを搭載。さらに、高精度な位置検出が可能なため、実際の映像とバーチャル映像を合わせる際に容易にキャリブレーションが可能だという。絶対値エンコーダーの採用により、ドライブユニットに電源が供給された際に、初期化の動作をせずに、カメラ側の色収差補正機能や位置検出、ビューファインダー上の位置表示が可能。

20PIN端子を3カ所に備えることで、ズーム/フォーカスコントローラー(ともに別売り)の両方を使用した場合でも、バーチャルシステム用信号出力端子を確保可能。ドライブユニット上に情報ディスプレイを搭載。各種機能を簡単に設定、調整、操作可能。2019年4月に発売したズームデマンド、フォーカスデマンドへの対応だけでなく、従来のデマンドにも対応している。

なお、CJ15e×4.3Bは2019年9月13日~17日までオランダ・アムステルダムで開催される国際放送機器展「IBC 2019」の同社ブース(ホール12/ブースNo.D60)にて展示予定だ。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-09-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[CES2020]キヤノン、CES2020でコンセプトカメラ「THREE-STYLE CAMERA」を展示

スマホと組み合わせた超望遠撮影スタイル キヤノンは、米国・ネバダ州ラスベガスで開催されるCESの自社ブースで未来のカメラを形にしたコンセプトカメラの展示が恒例となっている。今... 続きを読む

キヤノン、レンズ交換式カメラの遠隔操作を実現する「ロボティックカメラシステム CR-S700R」を発売

ロボティックカメラシステム CR-S700R 正立設置時(左)と天吊り設置時(右) キヤノンは、レンズ交換式カメラの遠隔操作を実現する静止画撮影用のリモート制御ソリューショ... 続きを読む

キヤノン、デジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機「EOS-1D X Mark III」を発売。最高約20コマ⁄秒の高速連写と高精度AFを実現

キヤノンは、「EOS-1」シリーズの最新機種として「EOS-1D X Mark III」を2020年2月中旬に発売する。希望小売価格はオープン、同社オンラインショップでの販売予定価... 続きを読む

キヤノン、Sumire Primeシリーズ焦点距離135mm「CN-E135mm T2.2 FP X」の発売日が決定

キヤノンは、PLマウントを採用したデジタルシネマカメラ用単焦点レンズシリーズSumire Primeの「CN-E135mm T2.2 FP X」を2019年12月24日に発売するこ... 続きを読む

キヤノン、「EOS C500 Mark II」の発売日が決定

キヤノンは、映像制作機器CINEMA EOS SYSTEMの新製品「EOS C500 Mark II」を2019年12月24日に発売することを発表した。希望小売価格はオープン、市場... 続きを読む

トップ > ニュース > [IBC2019]キヤノン、2/3型センサー搭載の4K放送用カメラ対応ポータブルズームレンズ「CJ15e×4.3B」を発表