PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [IBC2019]ソニー、4K 2/3型イメージセンサー搭載のXDCAMショルダーカムコーダーのフラグシップモデル「PXW-Z750」を発表

News

[IBC2019]ソニー、4K 2/3型イメージセンサー搭載のXDCAMショルダーカムコーダーのフラグシップモデル「PXW-Z750」を発表

2019-09-13 掲載

ソニーは、XDCAMショルダーカムコーダーとして、グローバルシャッター機能を含む4K 2/3型3板式CMOSイメージセンサーを搭載した最上位機種「PXW-Z750」を2020年2月に発売する。希望小売価格は税別4,200,000円。

PXW-Z750は、4K 2/3型イメージセンサー搭載のショルダーカムコーダーとして初めて3板方式を採用し、高色再現・高感度を実現。最新のイメージセンサーおよび信号処理により、高解像度に加えて高感度を実現し、夜間や暗所での撮影でもノイズの少ない映像が収録可能。

グローバルシャッター機能により、フラッシュバンドや歪みのない映像表現を実現。カメラのフラッシュが多くたかれる報道の現場でフレーム上下の明るさが異なって記録されるフラッシュバンド、スポーツや音楽ライブなどの動きの速い被写体で起きやすい動体歪みが原理的に発生しないという。

同社独自開発のコーデックチップを搭載し、XAVC-L422 QFHD 200に対応。10bit/4:2:2サンプリングにより、HDRの広いダイナミックレンジを維持したまま、データサイズを従来比約1/3に圧縮でき、高画質な映像制作と長時間収録を両立したとしてる。

HD収録時には、最大120fpsでの撮影が可能。23.98p記録の場合、最大5倍のスローモーション撮影が可能。4K HDR/HD SDRの同時記録も可能で、4K HDRライブ制作のワークフロー「SR Live for HDR」にも対応。さらに、ポストプロダクションの時間を短縮してHDR映像制作を実現するインスタントHDRワークフローに対応。S-Log3 とHLG(Hybrid Log-Gamma)の2つの方式を採用することで、HDR運用の自由度も特長としている。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-09-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2019]ソニーブース:IPを利用した4K8K対応システム製品を展示

ソニーブース動画 ソニーブースレポート ソニーは「ともに創る。ともに進む。」をテーマに、IP Liveプロダクンシステムや放送設備の効率的な活用... 続きを読む

[InterBEE2019]ソニー、InterBEE2019出展概要を発表。IPを活用したソリューションや、4K/HDR高画質映像制作機器を提案

ソニーは、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に出展する(ホール6/No.6113)。 同社ブ... 続きを読む

ソニー、待望の6Kフルサイズセンサー搭載カムコーダー「FX9」登場。FS7 IIからの変更点を開発陣に聞く

FX9の設計を担当したソニーの村上哲也氏(左)と商品企画を担当した大石崇氏(右) より“美しく”、より“速く”。ソニーの秘術が集結した「FX9」登場 ソニーはI... 続きを読む

ソニー、台風19号の接近により「α Universe Premium Event 2019(東京)」を開催中止

ソニーは、2019年10月12日~13日に開催を予定していた「α Universe 2019 PREMIUM EVENT」の開催中止を発表した。 同イベントは、台風19号の接... 続きを読む

ソニー、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α9 II」を発表。スポーツや報道撮影のプロフェッショナルのワークフローをサポート

ソニーは、高速撮影性能や高いAF性能を備え、スポーツや報道撮影のプロフェッショナルのワークフローをサポートする高速通信性能が進化したα(Alpha)レンズ交換式デジタル一眼カメラ「... 続きを読む

トップ > ニュース > [IBC2019]ソニー、4K 2/3型イメージセンサー搭載のXDCAMショルダーカムコーダーのフラグシップモデル「PXW-Z750」を発表