PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [IBC2019]ブラックマジックデザイン、12G-SDIとHDMI 2.0に対応したモニタリング/収録ソリューション「Blackmagic Video Ass…

News

[IBC2019]ブラックマジックデザイン、12G-SDIとHDMI 2.0に対応したモニタリング/収録ソリューション「Blackmagic Video Assist 12G HDR」を発表

2019-09-13 掲載

Blackmagic Designは、モニタリング/収録ソリューションの新モデルとして「Blackmagic Video Assist 12G HDR」を2019年9月に発売する。希望小売価格は5インチモデルが税別89,980円、7インチモデルが税別113,800円。

Blackmagic Video Assist 12G HDRの各モデルは、デッキコントロールに対応したタッチスクリーン・ユーザーインターフェースに加え、大型スクリーンを搭載。7インチモデルは、2つのメディアスロットも搭載している。Ultra HD用の12G-SDI、オーディオ用のアナログ入力、USB-C外付けディスク収録、フロントパネルスピーカー、側面のヘッドフォンジャックは、両モデルに搭載されている。背面には、Sony Lシリーズバッテリーに対応した、2つのバッテリースロットを搭載。国際対応の12V電源を搭載しており、スタジオあるいはロケ先で接続して使用できるとしている。

背面にはSony Lシリーズバッテリーに対応した2つのバッテリースロットを搭載

2500nitのディスプレイは、民生用のカメラに付いている小さなディスプレイより大型。また、カメラにプロ仕様のフォーカスアシスト機能や、より高品質のファイルフォーマットを追加可能。Video AssistはApple ProRes、Avid DNx、Blackmagic RAWで収録可能。HDMIと12G-SDI入力を搭載し、民生用および放送カメラだけでなく、DSLRカメラにも接続可能。また、Blackmagic RAWをサポートしているカメラでは、RAWスタイルのワークフローにアップグレードできるという。

LCDタッチスクリーンには、再生、停止、収録ボタンが搭載されており、さらにミニタイムラインでは収録したコンテンツをスクロールできる。イメージをスワイプして、ジョグすることも可能だ。LCDには、タイムコード、ビデオフォーマット、メディアステータス、オーディオメーターのヘッドアップディスプレイが表示される。タッチスクリーンで、スコープ、フォーカスアシスト、露出アシストを有効にできる。さらに、3D LUTのロードおよび保存も可能。

記録はSDカード、あるいはUHS-IIカードに長時間の収録が可能。7インチモデルでは、SDカードスロットを2つ搭載しており、収録中でもフルになったカードを交換でき、半永久的に収録を継続できる。他の種類のメディアに収録する必要がある場合は、USB-C拡張ポートで接続した外付けフラッシュディスクに収録可能。Blackmagic MultiDock 10Gを接続することで、SSDとの互換性を追加できる。また、タッチスクリーンに外付けディスク管理用のオンスクリーンメニューも搭載されている。

多数のビデオおよびオーディオインターフェースを搭載しており、マルチレートの12G-SDIを使用することで、SD、HD、Ultra HDのSDI機器に接続可能。HDMIも搭載しているため、HDMIカメラに接続でき、また民生用のテレビやビデオプロジェクターに接続してモニタリングも可能。7インチモデルにはミニXLR入力を搭載しており、マイクおよび外部オーディオミキサーのオーディオ入力を接続可能。さらにロック式12V DC電源コネクターも搭載している。

また、HDRフォーマットをサポートし、広色域の高輝度スクリーンを搭載しているため、いつでも最新のHDRワークフローに対応できるとしている。内蔵スコープは、HDRフォーマットでの作業時にはHDRスコープとして使用できる。ファイルには適切なHDR情報がタグ付けされ、SDIおよびHDMI入力はHDRビデオフォーマットを自動的に検出する。PQおよびHLGフォーマットの静的メタデータは、ST2084規格に基づいて扱われる。LCDの色域は今まで以上に広いため、Rec.2020およびRec.709のカラースペース両方を扱うことが可能。Video Assistに内蔵されたLCDの色域は、100%のDCI-P3もサポートしている。

Video Assistには、内部波形モニタリングに対応。波形表示は、ビデオ入力あるいは再生信号の輝度(明るさ)レベル・ビューを従来的な方法で表示する。ベクトルスコープでは、SDIリファレンスレベルの100%を確認可能。また、RGBパレード表示にも対応しており、カラーコレクションや不正レベルのチェックに使用できる。ヒストグラムは、イメージ内のホワイトからブラックへのディテールの分布を示しており、ハイライトやシャドウのクリッピングが確認可能。内蔵のスコープは、ライブビデオにオーバーレイ表示、またはスコープの右上にピクチャー・イン・ピクチャーで表示できる。

SDIおよびHDMI接続はマルチレートであるため、SD、HD、Ultra HDを扱える。SDフォーマットには、NTSCおよびPALが含まれる。720p HDフォーマットには720p50および59.94p、1080i HDインターレースフォーマットには1080i50および59.94が含まれ、1080p HDフォーマットには1080p23.98、24、25、29.97、30、50、59.94、60が含まれる。1080PsFにも対応している。Ultra HDは2160p59.94までサポート。さらに、25pまでの2Kおよび4K DCIでの収録にも対応しており、デジタルフィルムの作業が可能。

Video Assistは、17および33ポイント3D LUTファイルをサポート。あるいは、Extended Video、Film to Video、Film to Rec.2020などの内蔵LUTを使用することもできる。

10-bit ProResファイルおよびDNxファイルをあらゆるフォーマットで収録可能。また、Blackmagic RAW対応カメラでは12-bit Blackmagic RAWで収録できる。

Blackmagic Video Assist 12Gは、プロ仕様のオーディオレコーダーを内蔵。SDIフォーマットで作業する場合、2、4、8、16チャンネルのオーディオをリアルタイムに収録可能。7インチモデルは、マイクの接続用にファンタム電源対応のXLRアナログオーディオ入力を2つ搭載している。これらのコネクターは、192kHzのHDオーディオサンプルレート(非圧縮16/24-bit)をサポート。モニタリング用のオンスクリーン・オーディオメーターは、VUまたはPPMから選択可能。

日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、イタリア語、ポルトガル語、トルコ語と、複数の言語に対応している。

メディアはexFATまたはHFS+にフォーマット可能で、メディアをコンピューターに接続するだけで、通常のディスクのようにファイルに簡単にアクセス可能。DaVinci Resolveは、編集、カラーコレクション、オーディオ・ポストプロダクション、VFXがすべて1つのソフトウェア・アプリケーションに搭載されているため、Video Assistとの使用に最適だとしている。Blackmagic Video Assist 12Gの主な機能は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • ライブプロダクション、デジタルサイネージ、アーカイブ作業をサポート
  • すばやい操作が可能なタッチスクリーンコントロールに対応したモダンデザイン
  • 高品質なモニタリングおよび収録コーデックを追加して、カメラをアップグレード
  • 大画面のLCDスクリーンでデジタルフィルムスタイルのフォーカスアシストツールを使用
  • 一般的に購入可能なメディアであるSD/USH-IIカードをサポート
  • 外付けUSB-Cメディアディスクへ直接収録
  • SD/HD/Ultra HD収録に対応した12G-SDIおよびHDMI
  • 高度なHDRサポート、2500 nitsの明るい広色域LCD
  • 波形、ベクトル、パレード、ヒストグラムなどのスコープを内蔵
  • 最新のマルチレート12G-SDIテクノロジーで、SD/HD/Ultra HDに対応
  • 3D LUTはモニタリングと収録の両方に適用可能
  • ポピュラーなソフトウェアと互換性のある標準のオープンファイルフォーマット
  • Blackmagic RAWをサポートするサードパーティ製カメラからBlackmagic RAW収録
  • プロ仕様のマルチチャンネル・デジタル/アナログオーディオ
  • 11ヶ国語のユーザーインターフェース
  • DaVinci Resolveなどの人気NLEソフトウェアと機能

Blackmagic DesignのCEO グラント・ペティ氏は次のようにコメントしている。

オリジナルのBlackmagic Video Assistモニター/レコーダーは、旧式のカメラをアップグレードできる人気製品で、テレビ業界の一般的な放送分野において幅広く使用されています。

ハリウッドのユーザーからの意見を取り入れたこれらの新モデルは、著しい進化を遂げています。より高輝度のLCDスクリーン、12G-SDI、Blackmagic RAW、改善されたフォーカスアシストツール、プリセット、3D LUTなど、多数の機能を搭載しており、非常にエキサイティングな製品です!

なお、Blackmagic Video Assist 12G HDRは、2019年9月13日~17日までオランダ・アムステルダムで開催される国際放送機器展「IBC 2019」の同社ブース(ホール7/ブースNo.B45)にて展示される。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-09-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Blackmagic Design製品事例:制作会社「Genius Produced」の教育/指導用イマーシブ・コンテンツ制作の場合

Blackmagic Designの発表によると、LAに拠点を置く制作会社のGenius Producedが、eラーニングで使用する教育/指導用イマーシブ・コンテンツ制作にBlac... 続きを読む

DaVinci Resolve事例:インド映画「Kumbalangi Nights」の場合

Blackmagic Designの発表によると、インド映画「Kumbalangi Nights(原題)」が、フリーランスのカラリストであるリメッシュ・CP氏によりDaVinci ... 続きを読む

Blackmagic RAWワークフロー事例:インディーズSFスリラー「Portals」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ハスラフ・“ハズ”・ドゥルール監督が、新作のSFアンソロジー映画、「Portals」の撮影およびポストプロダクションにBlackm... 続きを読む

DaVinci Resolve Studio事例:「このサイテーな世界の終わり」シーズン2の場合

Blackmagic Designの発表によると、ポストプロダクションスタジオCHEATが、DaVinci Resolve Studioワークフローを拡張し、HDR対応の新しいグレ... 続きを読む

DeckLink 8K Pro事例:アストロデザインのカメラおよびレンズの解像度測定システムの場合

Blackmagic Designの発表によると、アストロデザイン株式会社が、同社の新しい8KリアルタイムMTF測定装置「IP-8030」にBlackmagic DesignのDe... 続きを読む

トップ > ニュース > [IBC2019]ブラックマジックデザイン、12G-SDIとHDMI 2.0に対応したモニタリング/収録ソリューション「Blackmagic Video Assist 12G HDR」を発表