PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [IBC2019]ブラックマジックデザイン、Adobe Premiere ProおよびAvid Media Composerのサポートが追加されたBlackma…

News

[IBC2019]ブラックマジックデザイン、Adobe Premiere ProおよびAvid Media Composerのサポートが追加されたBlackmagic RAW 1.5を発表

2019-09-13 掲載

Blackmagic Designは、Adobe Premiere ProおよびAvid Media Composerのサポートが追加された「Blackmagic RAW 1.5」を発表した。Blackmagic RAW 1.5は、同社Webサイトから無償でダウンロード可能。

Blackmagic RAW 1.5アップデートには、WindowsおよびLinuxに新たに対応したBlackmagic RAW Speed Testが含まれる。Blackmagic RAW Speed TestはCPU/GPUの評価ツール。使用しているシステムにおける、フル解像度Blackmagic RAWフレームのデコード速度をテストできる。

テスト中、複数のCPUコアおよびGPUが自動的に検出されるので、正確かつ現実的な結果が得られるとしている。このテストを実行する際は、Blackmagic RAW固定ビットレート3:1、5:1、8:1、12:1のいずれかと解像度を選択する。結果は分かりやすい表形式で表示され、コンピューターが1秒間にデコード可能なフレーム数(fps)を、サポートされている解像度別で確認できるという。

Adobe Premiere ProおよびAvid Media Composerを使用するエディターは、Blackmagic RAW 1.5に含まれる無償プラグインを使用することで、Blackmagic RAWファイルを扱えるようになる。これらの新しいプラグインにより、Blackmagic RAWで直接作業できるようになるため、ファイルをトランスコードする必要がなく、カメラオリジナルのBlackmagic RAWファイルをワークフロー全体を通して使用できるようになる。プロキシファイルを作成したり、フィニッシングのために編集をコンフォームする必要はない。

Blackmagic RAWで作成される、小さなGPUおよびCPUアクセラレートファイルは、他のビデオフォーマットと比較して速度が速く、扱いやすいという。新しいプラグインを使用することで、RAW品質でこれらのファイルの利点を活かして作業できるようになる。

カラーコレクションやフィニッシング作業のために、Premiere ProまたはMedia ComposerからDaVinci Resolveにプロジェクトを移動すると、すべてのカメラRAWのメタデータおよび画質が維持されのも特徴としている。

Blackmagic DesignのCEO グラント・ペティ氏は次のようにコメントしている。

Blackmagic RAWは、あらゆる主要なプロ仕様のNLEを使用するエディターの皆様にご使用いただけるようになりました。ネイティブのBlackmagic RAWをPremiere ProまたはMedia Composerで編集し、DaVinci Resolveでフィニッシングできるようになった点でエキサイティングです。また、この作業を行うにあたって、プロキシファイルを作成する必要はなく、品質も完全に維持されます!

なお、Blackmagic RAW 1.5は、2019年9月13日~17日までオランダ・アムステルダムで開催される国際放送機器展「IBC 2019」の同社ブース(ホール7/ブースNo.B45)にて展示される。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-09-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Blackmagic Design製品事例:制作会社「Genius Produced」の教育/指導用イマーシブ・コンテンツ制作の場合

Blackmagic Designの発表によると、LAに拠点を置く制作会社のGenius Producedが、eラーニングで使用する教育/指導用イマーシブ・コンテンツ制作にBlac... 続きを読む

DaVinci Resolve事例:インド映画「Kumbalangi Nights」の場合

Blackmagic Designの発表によると、インド映画「Kumbalangi Nights(原題)」が、フリーランスのカラリストであるリメッシュ・CP氏によりDaVinci ... 続きを読む

Blackmagic RAWワークフロー事例:インディーズSFスリラー「Portals」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ハスラフ・“ハズ”・ドゥルール監督が、新作のSFアンソロジー映画、「Portals」の撮影およびポストプロダクションにBlackm... 続きを読む

DaVinci Resolve Studio事例:「このサイテーな世界の終わり」シーズン2の場合

Blackmagic Designの発表によると、ポストプロダクションスタジオCHEATが、DaVinci Resolve Studioワークフローを拡張し、HDR対応の新しいグレ... 続きを読む

DeckLink 8K Pro事例:アストロデザインのカメラおよびレンズの解像度測定システムの場合

Blackmagic Designの発表によると、アストロデザイン株式会社が、同社の新しい8KリアルタイムMTF測定装置「IP-8030」にBlackmagic DesignのDe... 続きを読む

トップ > ニュース > [IBC2019]ブラックマジックデザイン、Adobe Premiere ProおよびAvid Media Composerのサポートが追加されたBlackmagic RAW 1.5を発表