PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [IBC2019]パナソニック、LUMIX S1HからATOMOS NINJA Vへ動画RAWデータを出力するファームウェアを開発

News

[IBC2019]パナソニック、LUMIX S1HからATOMOS NINJA Vへ動画RAWデータを出力するファームウェアを開発

2019-09-17 掲載

パナソニックは、同社のフルサイズミラーレス一眼カメラ「LUMIX S1H」からATOMOS社製HDMIフィールドモニター/レコーダー「NINJA V」へHDMI経由で最大5.9K29.97pの動画RAWデータ出力を可能にするファームウェアを開発中であることを発表した。2020年春を目処に提供予定。

LUMIX S1Hは、6K24p(横縦比3:2)、5.9K29.97p(同16:9)、10bit Cinema4K 59.94p動画記録を実現したフルサイズミラーレス一眼カメラで、業務用シネマカメラと同水準の映像クオリティおよびミラーレス一眼カメラシステムならではの機動力を兼ね備えたデジタルカメラとして、2019年9月下旬よりグローバル市場に順次導入予定。

同社はこれまで、静止画とともに動画性能を強化したミラーレス一眼カメラ「LUMIX GH」シリーズにおいて4:2:2 10bit 4K動画のHDMI経由での外部記録で連携するなど、プロフェッショナル向けにカメラ周辺機器を手掛けるATOMOS社と良好な関係を築いてきたという。

今回、同社との協働により、LUMIX S1HからHDMI経由で最大5.9K29.97p、および、Cinema4K 59.94pの動画RAWデータを出力するファームウェアを開発。これにより、ATOMOS社製NINJA VにてApple ProRes RAW記録を可能にする、プロフェッショナル映像制作ソリューションの提供を目指している。

なお、同ファームウェアを搭載した試作機は2019年9月13日~17日の5日間、オランダのRAIアムステルダムコンベンションセンターにて開催中の欧州放送機器展「IBC2019」の同社ブース(ホール11/ブースNo.C45)にて実機展示を行っている。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-09-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[CES2020]パナソニック、高画質・高音質・装着感を両立したHDR対応の眼鏡型VRグラスをCES2020に参考出展

パナソニックは、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した眼鏡型VR(仮想現実)グラスの開発を発表した。 同製品は、VRグラス向けデバイスメーカーであるKopin社と... 続きを読む

パナソニック、LUMIX S1H対応のVer.1.1ファームウェアを提供開始。FHD120fpsの画質改善やProfoto社製コマンダーとの互換性向上を改善

パナソニックは、LUMIX S1Hに対応したファームウェアVer.1.1を提供開始した。同社Webサイトより無償でダウンロード可能。同アップデートには、FHD120fps(HEVC... 続きを読む

[InterBEE2019]パナソニック/パナソニック システムソリューションズ ジャパンブース:新製品LUMIX S1HやAJ-CX4000GJを展示。S1Hは外部レコーダーによるProRes RAW記録の稼働デモ公開

S1HからNINJA Vへ5.9k30PのProRes RAW記録を稼働デモ公開 メインの展示はIT/IPプラットフォームを使ったスポーツ中継ソリューションだったが、カメラ関... 続きを読む

[パナソニック、12G-SDI対応ライブスイッチャーAV-HS8300用のIP入力/IP出力ボードと、12G-SDI対応ペリフェラルAV-PF8000用のIP/SDI変換ユニットの商品化着手を発表

AV-HS8300 パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 メディアエンターテインメント事業部は、12G-SDI対応ライブスイッチャー「AV-HS8300シリ... 続きを読む

パナソニック、フルサイズミラーレス一眼カメラ Lマウントシステム用交換レンズ 2本を発売

パナソニックは、ルミックス フルサイズミラーレスSシリーズ用交換レンズ「S-R1635」を2019年12月25日に、「S-E70200」を2020年1月17日に発売する。希望小売価... 続きを読む

トップ > ニュース > [IBC2019]パナソニック、LUMIX S1HからATOMOS NINJA Vへ動画RAWデータを出力するファームウェアを開発