PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [IBC2019]パナソニック、LUMIX S1HからATOMOS NINJA Vへ動画RAWデータを出力するファームウェアを開発

News

[IBC2019]パナソニック、LUMIX S1HからATOMOS NINJA Vへ動画RAWデータを出力するファームウェアを開発

2019-09-17 掲載

パナソニックは、同社のフルサイズミラーレス一眼カメラ「LUMIX S1H」からATOMOS社製HDMIフィールドモニター/レコーダー「NINJA V」へHDMI経由で最大5.9K29.97pの動画RAWデータ出力を可能にするファームウェアを開発中であることを発表した。2020年春を目処に提供予定。

LUMIX S1Hは、6K24p(横縦比3:2)、5.9K29.97p(同16:9)、10bit Cinema4K 59.94p動画記録を実現したフルサイズミラーレス一眼カメラで、業務用シネマカメラと同水準の映像クオリティおよびミラーレス一眼カメラシステムならではの機動力を兼ね備えたデジタルカメラとして、2019年9月下旬よりグローバル市場に順次導入予定。

同社はこれまで、静止画とともに動画性能を強化したミラーレス一眼カメラ「LUMIX GH」シリーズにおいて4:2:2 10bit 4K動画のHDMI経由での外部記録で連携するなど、プロフェッショナル向けにカメラ周辺機器を手掛けるATOMOS社と良好な関係を築いてきたという。

今回、同社との協働により、LUMIX S1HからHDMI経由で最大5.9K29.97p、および、Cinema4K 59.94pの動画RAWデータを出力するファームウェアを開発。これにより、ATOMOS社製NINJA VにてApple ProRes RAW記録を可能にする、プロフェッショナル映像制作ソリューションの提供を目指している。

なお、同ファームウェアを搭載した試作機は2019年9月13日~17日の5日間、オランダのRAIアムステルダムコンベンションセンターにて開催中の欧州放送機器展「IBC2019」の同社ブース(ホール11/ブースNo.C45)にて実機展示を行っている。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-09-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[IBC2019] AJA、ミニコンバーター「Hi5-4K-Plus」と「Hi5-12G」がファームウェアにてDolby Visionに対応

AJA Video Systems社は、近日公開予定のファームウェアにて、同社のミニコンバーター「Hi5-4K-Plus」と「Hi5-12G」がDolby Visionに対応するこ... 続きを読む

[IBC2019] AJA、IPミニコンバーターレシーバー向けアップデートv2.2ファームウェアを発表

AJA Video Systems社は、IPミニコンバーターレシーバー向けの多数の機能改善を含む、v2.2ファームウェアを発表した。IPR v2.2ファームウェアは、今秋、無償でダ... 続きを読む

[IBC2019] AJA、「Desktop Software v15.5」を発表。macOSでのMetal、8K 2SI SMPTEラスター、8Kキャプチャ/プレイバックでのRGBに対応

AJA Video Systems社は、KONA、IoおよびT-TAP対応の新しいDesktop Software v15.5を発表した。Desktop Software v15.... 続きを読む

パナソニック、LUMIX S1Hの企画・開発者による発売前セミナーを開催

パナソニック株式会社は、同社のフルサイズイメージセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「DC-S1H(以下:S1H)」の発売に先立ち、映像制作の仕事に携わっているユーザーを対象に、201... 続きを読む

[IBC2019]AJA、12G-SDI入出力を搭載した「Corvid 44 12G」を出荷開始

AJA Video Systems社は、12G-SDI入出力を備えた 8レーンPCIe 3.0ビデオ&オーディオ I/Oカード「Corvid 4412G」を出荷開始した。以前、近日... 続きを読む

トップ > ニュース > [IBC2019]パナソニック、LUMIX S1HからATOMOS NINJA Vへ動画RAWデータを出力するファームウェアを開発