PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. NHK、フレキシブルディスプレイの長寿命化に向けた有機EL用材料を開発
News

NHK、フレキシブルディスプレイの長寿命化に向けた有機EL用材料を開発

#NHK #有機EL

2019-09-17 掲載

フレキシブルディスプレイのイメージ

NHKは、巻き取りや折り曲げができるフレキシブルディスプレイの実現を⽬指し、有機ELの研究開発を進めており、今回長寿命化に向けて新たな有機EL用材料の開発に成功したことを発表した(同材料は株式会社日本触媒と共同で開発)。

フレキシブルディスプレイを実現するためには、ディスプレイで⼀般的に用いられるガラスに代わって、薄くて柔らかいプラスチックのフィルム上に、赤・青・緑に発光する有機ELを形成する必要がある。ガラス上に形成した有機ELでは、発光に必要となる電子をスムーズに供給する電子供給材料の⼀部にアルカリ金属を使用しているが、フィルムは酸素や水分を通しやすい性質があるため、アルカリ金属が劣化しディスプレイの十分な寿命が得られなかったという。

有機ELのしくみと、開発した電子供給材料の特徴

そこで、アルカリ金属に代わり、フィルムでも高い安定性が保たれ、長い寿命を得ることができる塩基性物質を使用した電子供給材料を新たに開発。この電子供給材料は、水素結合が作る分極の効果によって電子をスムーズに供給できることを、世界で初めて明らかにした。今回の研究成果は、9月6日にAdvanced Materials誌に掲載された。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-09-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NHK技研、新たな日本語音声合成システムを開発

日本語音声合成システムの概要図 NHK放送技術研究所は、AI(人工知能)を活用して、より流暢で自然な発声を実現する新たな音声合成技術を開発した。 これまで日本語の音声合... 続きを読む

NHK技研、新たな有機EL用材料として独自のフェナントロリン誘導体を開発

NHK放送技術研究所(技研)は、フレキシブルディスプレイの長寿命化だけでなく省電力化も実現できる新たな電子供給層の材料として、独自のフェナントロリン誘導体を開発した。 同... 続きを読む

NHK、有機膜を積層した3層カラー撮像素子を開発

開発した3層カラー撮像素子と動作原理 NHKは、青色のみ、緑色のみの光を検出する有機膜を、赤色の光を検出するCMOSイメージセンサーの上に垂直方向に重ねて配置した、3層構造の... 続きを読む

NHK、200万画素ハイビジョン解像度相当の3次元映像表示システムを開発

3次元映像の表⽰例 NHKは、被写体からの光線を再現する「アクティナビジョン」と呼ぶ独自の3次元映像表示方式で、“ハイビジョン解像度相当(約200万画素)の高精細な3次元... 続きを読む

NHK、8K 22.2chでの上映イベントを開催

NHKは、BS8Kで1月から放送している8Kクラシック番組「いまよみがえる伝説の名演奏・名舞台」を8K映像と22.2chサラウンド音響で体感できる8K上映イベントを2020年2月1... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. NHK、フレキシブルディスプレイの長寿命化に向けた有機EL用材料を開発