PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、レンズ交換式カメラの遠隔操作を実現するリモート制御ソリューションを開発

News

キヤノン、レンズ交換式カメラの遠隔操作を実現するリモート制御ソリューションを開発

2019-09-19 掲載

リモートコントロールパンチルトシステム

キヤノンは、プロ向けレンズ交換式カメラの遠隔操作を実現する、静止画撮影用のリモート制御ソリューションの開発を発表した。今後、スポーツイベントなどにおける活用を想定したフィールドテストを行い、同ソリューションの開発を進めていくという。

スポーツをはじめとする報道現場において、カメラを遠隔操作して静止画を撮影するリモート撮影技術が広がりをみせており、同社は世界各国・地域のニーズをくみ取りながら、レンズ交換式カメラの遠隔操作を実現するリモート制御ソリューションの開発を進めている。

開発中のソリューションは、カメラの光軸と台の回転軸を直交させることで従来の写真撮影と同じ感覚で操作ができるセンター型を採用した、静止画撮影向けの「リモートコントロールパンチルトシステム」や、1台のPCで複数のリモートコントロールパンチルトシステムとカメラを制御できるソフトウエア「カメラリモートアプリケーション」などからなる、リモート制御ソリューション。一人のオペレーターが複数台のカメラを操作でき、報道現場の静止画撮影におけるワークフローの効率化に貢献するとしている。

カメラリモートアプリケーション(ソフトウエアの撮影画像表示イメージ)

同ソリューションを採用することで、トップクラスの選手による激戦の決定的瞬間や感動の瞬間を、従来の撮影方法では撮影できない、さまざまな視点や角度から撮影することが可能。今後、スポーツイベントにおける報道用途だけでなく、テレビや映画の撮影からeコマースにおける商品撮影に至るまで、様々なニーズに対応するシステムの構築を目指すとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-09-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2019]キヤノン、InterBEE2019出展概要を発表。キヤノン初の8K放送用レンズやEOS C500 Mark IIなどの新製品を展示

※写真は昨年の様子 キヤノンは、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に出展する(ホール4/... 続きを読む

[InterBEE2019]キヤノン初の8K放送用ズームレンズ2機種を発売

キヤノンは、1.25型センサー搭載の8K放送用カメラに対応するズームレンズの新製品として、放送用フィールドズームレンズ「UHD-DIGISUPER 51」と、放送用ポータブルズーム... 続きを読む

キヤノン、天体撮影専用のフルサイズミラーレスカメラ「EOS Ra」を発売

キヤノンは、本格的な天体撮影を実現するフルサイズミラーレスカメラ「EOS Ra」を2019年12月上旬に発売する。希望小売価格はオープン。同社オンラインショップでの販売予定価格税別... 続きを読む

キヤノン、EOS Rシステムの望遠ズームレンズ「RF70-200mm F2.8 L IS USM」を発売

キヤノンは、EOS Rシステムの望遠ズームレンズ「RF70-200mm F2.8 L IS US」を2019年11月21日に発売する。以前、開発発表をしていたもの。希望小売価格はオ... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、レンズ交換式カメラの遠隔操作を実現するリモート制御ソリューションを開発