PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. DaVinci Resolve Studio事例:Amazon Prime Videoのドラマシリーズ「スニーキー・ピート」の場合
News

DaVinci Resolve Studio事例:Amazon Prime Videoのドラマシリーズ「スニーキー・ピート」の場合

#BlackmagicDesign #DaVinci Resolve #DaVinci Resolve Studio

2019-09-30 掲載

© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates

Blackmagic Designの発表によると、Amazon Prime Videoのドラマシリーズ「スニーキー・ピート」のシーズン3が、Level 3(Duluxe)に属するシニアカラリスト、スコット・オストロスキー氏により、DaVinci Resolve Studioでカラーグレーディングされているという。

カラリストとして25年の経験を持つベテラン、オストロスキー氏は、これまでに「LOST」、「THE BLACKLIST/ブラックリスト」、「HEROES」、「エレクトリック・ドリームズ」などの番組を手がけてきた。同氏は、「スニーキー・ピート」のシーズン1からカラーコレクションを担当。ジョヴァンニ・リビシ演じる詐欺師、マリウス・ジョシポヴィックが繰り広げる同ドラマのルックを作り上げてきた。

刑務所から釈放された詐欺師マリウスは、自身の過去と、彼を追うギャングから逃れるため、刑務所仲間であったピート・マーフィーの名を騙る。デイヴィッド・ショア、ブライアン・クランストン両氏による制作の「スニーキー・ピート」は、多様なスタイルを持つ異色の犯罪ドラマであり、オストロスキー氏とカメラマンたちは慎重に共同作業を進める必要があったという。

シーズン2でDaVinci Resolveを使い始めたオストロスキー氏は、撮影監督のフランク・デマルコ氏とウィリアム・レクサー氏と緊密に協力し合い、2つのスタイルをプロジェクトの全体的なルックに適用した。オストロスキー氏は次のようにコメントしている。

二人とも、光と影、そしてリッチでドラマチックな雰囲気を撮影環境に取り入れていました。オストロスその現場の雰囲気と、それがストーリーにもたらす影響を考慮してルックを作成しました。

撮影場所は、凝った装飾のバスルーム、海岸沿い、倉庫など多岐に渡り、独自の「銀残し」ルックが採用された。ディテールを保ちつつリッチなブラックを得るために、オストロスキー氏は特定のLUTを使用。これにより、すべてのテクスチャーを残したまま、鮮やかなルックを作成できたとしている。

© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates

シーズン3では、撮影監督がアーサー・アルバート氏にバトンタッチされ、現場も東海岸からカリフォルニアへと移動した。これによりスタイルも新しくなり、暖かく明るいルックに変化した。オストロスキー氏は以前、「THE BLACKLIST/ブラックリスト」でアルバート撮影監督と仕事をしたことがあったため、彼の撮影と照明の好みを把握していた。

彼のスタイルは、「ブラックリスト」で描かれたような美しく明確なスタイルです。今回の作品もこれに倣おうと思いました。アルバート撮影監督の、環境に対する実在主義的な観点を取り入れ、それをカラーで表現しました。

2つのシーズンを通じて、オストロスキー氏はカラーコレクションにDaVinci Resolveとそのツールセットを使用した。

すべてのツールを使用しましたよ。特定の部分にフォーカスする必要がある場合は、キー、ウィンドウ、ログモードなどを使用しました。特定のシーンのニュアンスや、アルバート撮影監督のテイストと照明に応じた、陰影のある雰囲気を作りあげるために、DaVinci Resolveのあらゆるツールを駆使しました。

3つのシーズンはそれぞれ異なるルックになっているが、オストロスキー氏はその変化を楽しんでいるという。

開始当初は、テクスチャーと存在感のある暖かい雰囲気を作成しました。そこからハイパーリアルとも言える雰囲気に移りましたが、それは大量のカラーを用いた自然なスタイルのハイパーリアルでした。そしてシーズン3では、アルバート撮影監督は光と影、そしてテクスチャーを重視して、絵画的な美しさを持つイメージを作成しています。

© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates

ニューヨークからカリフォルニアへ制作現場が移動したことで、ルックもざらついたリアリズムから軽やかで暖かいものに変化したため、それに伴いカラーへのアプローチも変化した。これはオストロスキー氏が歓迎した挑戦だという。

カラーグレーディングに対する私のアプローチは、カメラマンが作成したルックを、彼らの領域に踏み込まずに再表現することです。彼らと一緒に、ストーリーを補強するルックを作り上げることは楽しい作業ですね。そのための鍵は、コミュニケーションですね。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-09-30 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Blackmagic Design事例製品:フィルムの修復やポストプロダクションを専門とするDigital Sprocketsの場合

Blackmagic Designの発表によると、フィルムの修復やポストプロダクションを専門とするDigital Sprocketsが、1940、50年代から1980年代に制作され... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:UCバークレーのMinecraft上バーチャル卒業式の場合

Blackmagic Designの発表によると、OS Studiosが同社の製品を使用して、“Blockeley University”内で行われたカリフォルニア大学バークレー校... 続きを読む

DaVinci Resolve Studio事例:YouTubeパーソナリティー/クリエイターのチェリー・ウォーリス氏の場合

Blackmagic Designの発表によると、YouTubeパーソナリティー/クリエイターのチェリー・ウォーリス氏が、「ハリー・ポッター」の魔法ワールドをテーマとした彼女のチャ... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve 16.2.5アップデートを公開。ATEM Mini Pro ISOからDaVinci Resolveへのプロジェクト読み込みをサポート

ブラックマジックデザインは、DaVinci Resolve 16.2.5を公開した。同社Webサイトよりダウンロード可能。 同アップデートにより、ATEM Mini Pro ... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、全ビデオ入力を個別ビデオファイルとして保存し、イベント終了後に編集可能な「ATEM Mini Pro ISO」を発売

Blackmagic Designは、全ビデオ入力を個別のビデオファイルとして保存し、イベント終了後にライブプロダクションを編集可能な「ATEM Mini Pro ISO」を発売し... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. DaVinci Resolve Studio事例:Amazon Prime Videoのドラマシリーズ「スニーキー・ピート」の場合