PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、レンズ交換式カメラEOSシリーズが累計生産台数1億台を達成

News

キヤノン、レンズ交換式カメラEOSシリーズが累計生産台数1億台を達成

2019-10-09 掲載

キヤノンは、同社のレンズ交換式カメラEOSシリーズの銀塩(フィルム)とデジタルの双方を合わせた累計生産数が、2019年9月20日に1億台を達成したことを発表した。

EOSシリーズの初号機「EOS 650」は、電子マウント方式を採用したAF一眼レフカメラとして1987年に誕生。福島工場(当時)で生産を開始したEOSシリーズは、現在に至るまで大分キヤノンを中心に、台湾・宮崎・長崎などの生産拠点で生産を行っている。その後、「EOS-1(1989年)」や、小型・軽量を実現した「EOS Kiss(1993年)」を発売した。

2000年以降は、自社製のCMOSセンサーや映像エンジン「DIGIC」などの技術により、「高画質」を基本コンセプトに加え、「EOS Kiss Digital(2003年)」や、「EOS 5D」シリーズを展開した。

2012年には映像技術をBtoBの分野に広げた映像制作機器「CINEMA EOS SYSTEM」を立ち上げ、映像制作業界への参入。2018年には「RFマウント」を採用した「EOS Rシステム」を世に送り出した。

EOS累計生産台数の推移

EOSシリーズの累計生産台数は、1997年に1,000万台を超え、2011年には5,000万台に到達し、2019年9月20日に1億台を達成した。なお、1億台目に生産したカメラは、ミラーレスカメラ「EOS R(2018年10月発売)」だったという。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-10-09 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2019]キヤノン、InterBEE2019出展概要を発表。キヤノン初の8K放送用レンズやEOS C500 Mark IIなどの新製品を展示

※写真は昨年の様子 キヤノンは、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に出展する(ホール4/... 続きを読む

[InterBEE2019]キヤノン初の8K放送用ズームレンズ2機種を発売

キヤノンは、1.25型センサー搭載の8K放送用カメラに対応するズームレンズの新製品として、放送用フィールドズームレンズ「UHD-DIGISUPER 51」と、放送用ポータブルズーム... 続きを読む

キヤノン、天体撮影専用のフルサイズミラーレスカメラ「EOS Ra」を発売

キヤノンは、本格的な天体撮影を実現するフルサイズミラーレスカメラ「EOS Ra」を2019年12月上旬に発売する。希望小売価格はオープン。同社オンラインショップでの販売予定価格税別... 続きを読む

キヤノン、EOS Rシステムの望遠ズームレンズ「RF70-200mm F2.8 L IS USM」を発売

キヤノンは、EOS Rシステムの望遠ズームレンズ「RF70-200mm F2.8 L IS US」を2019年11月21日に発売する。以前、開発発表をしていたもの。希望小売価格はオ... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、レンズ交換式カメラEOSシリーズが累計生産台数1億台を達成