PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > オリンパス、ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III」を発売

News

オリンパス、ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III」を発売

2019-10-17 掲載

オリンパス株式会社は、小型・軽量、防塵・防滴構造を備えたマイクロフォーサーズシステム規格準拠のミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III」を2019年11月下旬に発売する。希望小売価格はオープン。市場想定価格はボティのみが税別15万円前後、「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II」とのレンズキットが税別18万円前後。カラーはシルバーとブラックの2色。

OM-D E-M5 Mark IIIは、手ぶれ補正ユニットに代表される搭載パーツの小型化と高密度実装、消費電力の大幅な改善により小型のバッテリー「BLS-50」を採用し、さらなる小型・軽量化を実現。

「OM-D E-M1 Mark II」と同じく、約2037万画素のLive MOSセンサー、画像処理エンジン「TruePic VIII」を搭載し、手ぶれ補正機構、「M.ZUIKO DIGITAL」レンズとの組み合わせにより、高感度でもノイズが少なく、周辺まで歪みの少ない高画質を実現しているという。

ボディー各部にシーリングを施している。またイメージセンサーのフィルターを30,000回/秒以上振動させてゴミやホコリを除去するSSWF(スーパーソニックウェーブフィルター)も搭載しており、ゴミやホコリが写真に映り込むといったトラブルを大幅に低減している。

同社の「OM-1」の特徴であるファインダー部分の“デルタカット”を採用。またグリップ部を大きくし、背面のサムレストと合わせることでホールディング性が向上。

121点オールクロス像面位相差AFイメージ

OM-D E-M1 Mark IIと同じ、画面内のさまざまなポイントでフォーカシングが行える121点オールクロス像面位相差AFを搭載。一眼レフのように使用レンズの光束制限がないため、装着したすべてのM.ZUIKO DIGITALレンズで、絞り開放から被写体の模様に左右されない高精度なフォーカシングを高速に行えるとしている。従来機に対しアルゴリズムの改良により、遠近の被写体が混在するシーンでも背景抜けを起こしにくくなっている。

スポーツなどの動きの激しい被写体でも対応できる、AF/AE追従で最大10コマ/秒の高速連写を実現。ライブビュー画像だけではなく、撮影した画像からのAF情報を活用するため、不規則に動く被写体や被写体の速度変化に素早く追従可能。

フォーカシングレンズイメージ図

M.ZUIKO DIGITALレンズでは、素早いピント合わせを実現するためにフォーカシングレンズを小型、軽量化、さらに高速・高精度・静音で駆動可能なアクチュエーターを採用。

新開発の5軸手ぶれ補正ユニット

小型・軽量なボディーと高い手ぶれ補正効果を両立させるため、5軸手ぶれ補正ユニットを新開発。高感度のジャイロセンサーと画像解析による手ぶれの情報を基に、画像処理 エンジン「TruePic VIII」が補正ユニットを正確に制御して、最大約5.5段分の手ぶれ補正効果を実現している。ボディー内5軸手ぶれ補正機構により、装着したすべてのM.ZUIKO DIGITALレンズで手ぶれ補正が働く。角度ぶれ、並進ぶれに加え、レンズ内手ぶれ補正だけでは対応できない回転ぶれも補正することで、手持ち撮影をサポートするとしている。

対応レンズのレンズ内手ぶれ補正機構とボディー内5軸手ぶれ補正機構をシンクロすることで、より高い手ぶれ補正効果を発揮する「5軸シンクロ手ぶれ補正」に対応。最大約6.5段分の補正効果を実現。

※「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」(2019年10月17日現在)

同じシャッタースピードで撮影した複数の画像を重ねて、明るく変化した部分のみ合成、光跡を表現する「ライブコンポジット」(比較明合成)を搭載。この機能により長時間の露光で発生しがちな画面全体が明るくなりすぎる現象も防げる。さらに光跡の状態をライブビューで確認でき、一眼レフでは得られなかった露光状態をチェックしながらの撮影が行える。

鳥の飛び立つ瞬間のような、シャッターを切るタイミングの難しい場面をフル画素20Mで記録する「プロキャプチャーモード」を搭載しており、シャッターレリーズ時から最大14コマ分遡って記録、「プロキャプチャーH」に設定した場合は最大30コマ/秒の高速で撮影可能。RAW記録にも対応している。

「フォーカスブラケット」機能は、ピントの位置を細かくずらしながら、1回のシャッターで最大999コマ撮影できる機能。ピントをずらす量は10段階から設定。また撮影した画像は画像編集ソフトウェア「Olympus Workspace Ver1.1」で1枚に合成可能。絞り込んでの撮影だけでは得られない深度の深い写真を合成でき、撮影時に絞りすぎることもないため画質面でも有利だとしている。さらに、カメラ内で写真を自動的に合成する「深度合成モード」機能では、ピント位置の異なる8枚の写真をカメラ内で合成。手前から奥までピントの合った被写界深度の深い写真を撮影できる。

その他にも、0.5ピクセル単位でイメージセンサーを動かしながら連続で8枚撮影、その画像を合成して50M相当の高解像度の写真が得られる「三脚ハイレゾショット」を搭載。

外付けグリップ「ECG-5」装着イメージ

別売アクセサリーとして、OM-D E-M5 Mark III用金属製外付けグリップ「ECG-5」も同時期に発売される。希望小売価格は税別22,500円。ECG-5は、レリーズやコントロールダイヤルも装備し、カメラのホールディング性や操作性を向上させる外付けグリップ。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-10-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

オリンパス、「Olympus Instagram Break Free Photo Contest」を開催

オリンパス株式会社は、日本を含むアジア各国で「Olympus Instagram Break Free Photo Contest」を開催している。応募期間は2020年3月31日ま... 続きを読む

オリンパス、ミラーレス一眼カメラOM-D&PEN体験「OLYMPUS Photo Festa 2019」を開催

オリンパス株式会社は、同社のミラーレス一眼カメラOM-D&PENを体感できるイベント「OLYMPUS Photo Festa 2019」を、2019年10月20日から名古屋、大阪、... 続きを読む

オリンパス、マスターレンズの焦点距離を2倍にするテレコンバーター「M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20」を発売

オリンパス株式会社は、防塵防滴・耐低温(-10℃)性能を備え、マスターレンズの焦点距離を2倍にするテレコンバーター「M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter... 続きを読む

オリンパス、水深15mの水中撮影が可能なコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS Tough TG-6」を発売

オリンパス株式会社は、水深15mの水中撮影が可能でF2.0のズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS Tough TG-6」を2019年7月下旬に発売する。希... 続きを読む

オリンパス、「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II(シルバー)」を発売。オリンパス創立100周年を記念して全世界で限定2,000台

オリンパス株式会社は、2019年10月12日に迎える創立100周年を記念し、ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II」のボディーにシルバー色を採用し... 続きを読む

トップ > ニュース > オリンパス、ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III」を発売