PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ライゾマティクス、増上寺でアート体験「Coded Field」を実施。参加者募集受付を開始

News

ライゾマティクス、増上寺でアート体験「Coded Field」を実施。参加者募集受付を開始

2019-10-18 掲載

オリジナルのバルーン型デバイスを持って楽しむ参加者の様子

東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京が主催するTokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13のひとつとして、ライゾマティクスは「Light and Sound Installation “Coded Field”」を2019年11月16日に東京・港区の増上寺で開催する。

大本山増上寺を中心に美しい光のインスタレーションが拡がる

同企画は、東京・港区芝の浄土宗大本山増上寺とその周辺を舞台に行われる、光と音が織りなすパブリックアートプロジェクト。大本山増上寺に点在する大小異なるステージやポートと呼ばれるオブジェに、参加者がオリジナルのバルーン型デバイスを持って近づくことで、距離感、位置関係によってデバイスが発する光と音が変化する。また、正確に測られた位置情報によって、参加者の動きや密度に合わせた演出も行われる。

同プロジェクトのために開発したオリジナルのバルーン型デバイス

同プロジェクトのために特別に開発されたバルーン型のデバイスは、GNSSという衛星システムを内蔵し、屋外にいる参加者の位置情報を精確に把握することができる。また、デバイスにはスピーカーとLED照明が内包されており、会場内での参加者の動きに連動して光と音が空間内を移動する。

1000個のデバイスが同時に動くことで、光が煌めき、音は蠢き、それらが一体となる時、大本山増上寺とその周辺は近未来の東京へと姿を変えるという。参加者が能動的に関わることで完成する、パブリックアートプロジェクトとなっている。

出演が決定したMIKIKO率いるダンスカンパニー「ELEVENPLAY」

また、演出振付家MIKIKO率いるダンスカンパニー「ELEVENPLAY」の参加が決定した。ELEVENPLAYは、これまでもライゾマティクスと数多くのコラボレーションを行っている。同作では、ステージおよび会場内を自由に動き回り、同時多発的なパフォーマンスを披露する予定。

同イベントの参加費は無料だが、事前申し込みが必要(抽選制)。現在、特設Webサイトより参加者の応募受付を行っている。応募期間は2019年10月27日まで。当選人数は1000組(最大3000名)。

Light and Sound Installation”Coded Field”~光と音が織りなす都市と人々の饗宴~


[ Category : ]
[ DATE : 2019-10-18 ]
[ TAG : ]

関連する記事

「日本のアートディレクション展2019」が開催

「日本のアートディレクション展2019」が、東京・銀座のクリエイションギャラリーG8にて2019年11月16日まで開催されている。 ADC(正式名称:東京アートディレクターズ... 続きを読む

「長野県ドローンショートフィルムコンテスト2019」が開催

信州キャンペーン実行委員会は、「長野県ドローンショートフィルムコンテスト2019」を開催する。協力はDJI JAPAN株式会社。作品応募期間は2019年10月21日~12月25日ま... 続きを読む

[InterBEE2019]アドビとVook、InterBEE2019会場にて「Adobe Day in InterBEE2019-多様化する映像制作の最前線-」を開催

アドビとVookは、2019年11月14日に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」の会場内にて、「Adobe Day in InterBEE20... 続きを読む

「映画の復元と保存に関するワークショップ2019 IN KYOTO」が開催

「映画の復元と保存に関するワークショップ2019 IN KYOTO」が、2019年11月15日~17日の3日間、京都府京都文化博物館や京都経済センターなどで開催される。 同ワ... 続きを読む

MADD.、workshop「大型映像制作講座」を開催

MADD.は、MADD.Award 2020応募希望者およびMADD.の活動に共鳴するユーザーを対象に2019年11月2日に、東京・港区にあるAny Office“There”にて... 続きを読む

トップ > ニュース > ライゾマティクス、増上寺でアート体験「Coded Field」を実施。参加者募集受付を開始