PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2019]朋栄、InterBEE2019出展概要を発表。制作現場の省力化・自動化ニーズに対応可能な製品/ソリューションを展示

News

[InterBEE2019]朋栄、InterBEE2019出展概要を発表。制作現場の省力化・自動化ニーズに対応可能な製品/ソリューションを展示

2019-10-23 掲載

※写真は昨年の様子

株式会社朋栄は、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に出展する(ホール4/No.4206)。

同社ブースでは、今年も「FOR-A World of Possibilities(無限の可能性に向けて)」をメインテーマとして継続しながら、ブース内を「トータルマネージメント」「スイッチャー/ルーティングスイッチャー」「プロセッサー」「ファイルベース」「グラフィックス」「スーパースローモーションカメラ」「輸入取扱製品」の7つのエリアに分けて展示。12G-SDI/IP製品、HDR対応製品、グラフィックス関連製品などを組み合わせ、制作現場の省力化・自動化というニーズに対応可能な製品/ソリューションを出展するとしている。主な展示製品は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

■トータルマネージメント

12G-SDI/IP、グラフィックスなどの技術基盤を活用し、信号分配や回線、ライブ制作、編集制作の各環境の統合を実現。

  • 総合管理制御ソフトウェア SOM-100
    ベースバンド、IPを意識することなく、各種機器を統合制御可能。
  • IP対応マルチチャネルビデオサーバー MBP-1000VS-IP
    Video over IPで10Gbps映像入出力に対応。XAVCコーデックを最大2系統搭載可能な4Kモデルと、MPEG-2コーデックを最大8系統搭載可能なHDモデルをラインアップ。
  • 映像圧縮コーデックモジュールUSF-106TICO-12G
    TICOコーデックを使用して圧縮/伸長を行い、4K UHD映像を3G-SDIで伝送可能。
  • IPゲートウェイモジュールUSF-10IPシリーズ
    IP規格のSMPTE ST 2022-6、ST 2110の相互変換が可能。SDIモデルでは、SDIとIPの相互変換に対応。
■スイッチャー/ルーティングスイッチャー

番組/報道制作に不可欠な各種12G-SDI対応スイッチャーを展示。

  • 12G-SDI対応ビデオスイッチャー HVS-6000/6000M[新機能]
    全入力が12G-SDIに標準対応した2M/Eビデオスイッチャー。3M/E構成に拡張可能。25GbE IPポートを8基備えたIP入出力カードオプションHVS-6000IP-8IOも、新たに追加。
  • 12G-SDI対応ビデオスイッチャーHVS-1200
    12G-SDIに対応し、4K UHD 10入力・10出力が可能。
  • 12G対応ルーティングスイッチャーMFR-6100[NEW]
    12G-SDI入出力で、最大144入力x144出力のマトリクス構成が可能。入出力は、それぞれ9系統単位で拡張可能。CPU、電源ともに冗長構成が可能。
■プロセッサー

4K/HD、SDR/HDR、ベースバンド/IPが混在するワークフローで活用可能な各種プロセッサー製品を展示。

  • 12G-SDI対応シグナルプロセッサーFA-9600[新機能]
    標準でHD2系統、オプションで4K+HDの処理が可能。SR Live for HDR(※1)に対応するほか、SFP+オプションも登場。4K HDRディス プレイの設定を連動させるVideo Payload ID連動機能(※2)を搭載。
  • 12G-SDI/IP対応信号発生器ESG-4200(朋栄エレテックス)
    SMPTE ST 2022-6、ST2110によるIPストリームの出力に対応。SDI出力は2系統出力に拡張でき、各系統ごとに独立した制御、設定が可能。Video Payload ID編集機能も搭載。
  • タイムラグチェッカーEDD-5400(朋栄エレテックス)
    Quad Link 3G-SDI、HD-SDIの各信号フォーマットにおいて、映像、音声、音声CH間、映像と音声間の遅延、およびVANC信号と映像間の遅延を測定可能。オプションで12G-SDIに対応するほか、GNSS(衛星測位システム)で遠隔地間の伝送遅延測定が可能。
  • 12G-SDI対応フレームレートコンバーターFRC-9100
    4K/HDのアップ/ダウン/クロス変換をサポート。オプションで12G-SDIに対応。
  • ユニバーサルシステムフレーム用 各種USFモジュール製品
    システム構築に欠かせない各種モジュール製品を、12G-SDI対応製品を中心に紹介。
(※1)SR Live for HDRは、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社の提唱するHDR映像制作ワークフローです。
(※2)SMPTE規定のPayload ID Colormetry Bitによる設定変更に対応したディスプレイが必要になります。

[ Category : ]
[ DATE : 2019-10-23 ]
[ TAG : ]

関連する記事

カールツァイス、Supreme Prime Radianceの発表会を開催。美しいルックやフレア表現が実現できる背景を解説

着々と導入が進むラージフォーマット時代の新定番レンズがコンセプトのSupreme Prime カールツァイスは11月13日、東京都内でハイエンドシネプライムのSupreme ... 続きを読む

[InterBEE2019]ATENジャパンブース:テロップが編集できる直感的なアプリがセットになったライブストリーミング向けマルチチャンネルAVミキサー「UC9020」を展示

アプリの編集機能が機能しているライブストリーミングのオールインワン器機登場 今年のATENジャパンブースは、新製品が多い。その中でも一風変わった存在感を放っているのが「Str... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレードを発表

「Ki Pro GO」 AJA Video Systems社は、Ki Proシリーズの新たなアップグレード「Ki Pro GO v1.5ファームウェア」および「Ki Pro ... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA、HDR Image Analyzer 12Gの8K対応を発表

AJA Video Systems社は、HDR Image Analyzer 12Gが新たに8Kに対応したことを発表した。Colorfront社との協業によって開発されたプラットフ... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA、openGear互換の12G-SDI分配増幅器「OG-12GDA-2×4」を発表

AJA Video Systems社は、openGear互換の12G-SDI分配増幅器「OG-12GDA-2x4」を発表した。希望小売価格は税別98,000円。 OG-12G... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2019]朋栄、InterBEE2019出展概要を発表。制作現場の省力化・自動化ニーズに対応可能な製品/ソリューションを展示