PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2019]パナソニック、4K/HDR収録、ネットワーク対応の放送用肩載せ型カメラレコーダー「AJ-CX4000GJ」を発売。IP接続、HDライ…

News

[InterBEE2019]パナソニック、4K/HDR収録、ネットワーク対応の放送用肩載せ型カメラレコーダー「AJ-CX4000GJ」を発売。IP接続、HDライブストリーミングに対応

2019-10-28 掲載

パナソニック株式会社は、放送用肩載せ型4Kカメラレコーダーの新しいラインアップCXシリーズの新製品として「AJ-CX4000GJ」を2019年12月に発売する。希望小売価格は税別2,700,000円。

AJ-CX4000GJは、B4レンズマウントのレンズ交換式カメラレコーダー。大型1,114万画素イメージセンサーを搭載し、オーバーサンプリングにより水平解像度2000TV本の高画質4K(UHD)映像収録が可能で、HDR(BT.2100/BT.2020)にも対応。

4K映像の記録にはHEVCコーデックを採用しており、4K/10ビットを約100Mbpsのビットレートで長時間収録が可能。記録メディアはexpressP2カードまたはmicroP2カード(SDXCメモリーカードも使用可能)が選択可能で、従来のP2HDシリーズ「AVC-ULTRA」コーデック(HD)の記録にも対応。また、12G-SDIからUHD 60p(50p)10ビット4:2:2出力が可能。

ダイレクトストリーミング機能(RTSP/RTMP/RTMPS)によりライブ配信サービスに配信可能で(HDモード時)、ロック機構付のLAN端子(1000BASE-T対応)はNDI|HX接続に対応。これにより、IP接続による伝送とカメラコントロールが可能となり、同社リモートカメラとも組み合わせた収録・配信のシステムに連携する。AJ-CX4000GJの主な特長は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

1.大型1,114万画素センサー搭載、水平解像度2000本の高画質4K&HDR対応

  • 大型1,114万画素MOSセンサーを搭載(4/3型)。
  • オーバーサンプリングにより水平解像度2000TV本を実現。
  • B4レンズマウントと2/3型イメージサークルにより被写界深度を確保。
  • 4K収録においてもハイセンスモードによりF10(59.94Hz)/F11(50Hz)の高感度。
  • HDR対応:HLG(ハイブリッドログガンマ)を搭載、BT.2100、BT.2020対応HDR映像をサポート。
  • 12G-SDI出力:UHD 60P(50P)10ビット4:2:2の高画質出力が可能。

2.高効率HEVCコーデックと高速expressP2カード、軽快な4K収録ワークフロー

  • 高効率&高画質の「HEVC」(H.265)コーデック、4K10ビットの高画質を100 Mbpsビットレートで記録。
  • P2HDシリーズの「AVC-Ultra」コーデック(P2 MXFファイル)もサポート。※3
  • 高速オフロードが可能な放送用高信頼性メディア「expressP2」カードスロットを装備。
  • 「microP2」カード/SDXCメモリーカードスロットを2基装備。低ランニングコストの運用も可能。
  • 本体3.4kgの軽量、すぐれた重量バランスによる軽快なショルダーオペレーション。
  • 3.5型液晶カラーモニターを搭載。約276万画素の高精細、タッチパネルによるメニュー操作が可能。
  • タイムコード、オーディオ入力レベルなどステイタス表示が屋外でも鮮明な、2.4型白黒有機ELディスプレイを搭載。

3.RTMP対応のHDストリーミング、NDI|HX対応のIP接続などネットワーク対応

  • HD「ダイレクトストリーミング」(RTSP/RTMP/RTMPSプロトコル)機能により各種ライブ配信に対応。
  • 簡単IP接続で映像伝送・制御を従来のLAN環境下で実現するNDI|HXに対応。※4
  • 有線LAN接続によるIPリモートコントロールに対応。LAN端子はロック機構付。
  • CX ROPアプリ(iOS/Android)でタブレット/スマートフォンからワイヤレスコントロールが可能。※5
※3:「expressP2」カードまたは「microP2」カードに収録。従来のP2カードは使用できません。 AVC-Intra200/100/50コーデックはファームウェア・バージョンアップにより、今後対応予定です。
※4:NDIはNewTek社の「ネットワークデバイスインターフェイス」技術です。使用には別途、NewTek社が提供するライセンスキー(有償)が必要です。
※5:iPad用:iOS 9以上対応。アンドロイド端末用:Android 5.0以上対応。ワイヤレスモジュール(別売/AJ-WM50GT)が必要です。
※掲載の製品またはサービスなどの名称は、各社の商標または登録商標です。iPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。Android、アンドロイドは、Google LLCの商標または登録商標です。iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。

なお、AJ-CX4000GJは、2019年11月13日から11月15日(金)まで幕張メッセで開催される国際放送機器展「InterBEE2019」の同社ブース(ホール2/ブースNo.2514)にて展示予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-10-28 ]
[ TAG : ]

関連する記事

パナソニック、LUMIX S1H対応のVer.1.1ファームウェアを提供開始。FHD120fpsの画質改善やProfoto社製コマンダーとの互換性向上を改善

パナソニックは、LUMIX S1Hに対応したファームウェアVer.1.1を提供開始した。同社Webサイトより無償でダウンロード可能。同アップデートには、FHD120fps(HEVC... 続きを読む

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[InterBEE2019]オタリテックブース:SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークソリューションを展示

オタリテックは、SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークのソリューションを提案したLAWOコーナーや、DECTワイヤレスインカムのRIEDELコー... 続きを読む

[InterBEE2019]タスカム/ティアックブース:Nikon D500とTASCAM VS-R265/VS-R264の組み合わせで4K高画質ライブ配信ソリューションのデモを実施

ティアックブースでは、TASCAMブランドの放送業務や設備機器の新製品のほか、輸入ブランドのKLOTZ AIS社の業務用ケーブルや、dBTechnologiesブランドのPA/SR... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

AJA Video Systemsブース動画 AJA Video Systemsブースレポート AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 1... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2019]パナソニック、4K/HDR収録、ネットワーク対応の放送用肩載せ型カメラレコーダー「AJ-CX4000GJ」を発売。IP接続、HDライブストリーミングに対応