PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2019]キヤノン初の8K放送用ズームレンズ2機種を発売

News

[InterBEE2019]キヤノン初の8K放送用ズームレンズ2機種を発売

2019-11-08 掲載

キヤノンは、1.25型センサー搭載の8K放送用カメラに対応するズームレンズの新製品として、放送用フィールドズームレンズ「UHD-DIGISUPER 51」と、放送用ポータブルズームレンズ「7×10.7 KAS S」を2019年12月上旬に発売する。希望小売価格はともにオープン。

■高倍率・長焦点距離の8K放送用フィールドズームレンズ
 

UHD-DIGISUPER 51は、画面の中心部から周辺部に至るまで8K放送用カメラに対応する光学性能を達成。広角端15.5mmから望遠端790mmの最長焦点距離により、世界最高の51倍ズームを実現。

高倍率を実現しながら、従来の2/3型HDTVや4K放送用フィールドズームレンズと同等の操作性を確保し、撮影スタイルを変えることなく、8K映像の撮影・制作へ移行できるとしている。

■7倍ズームの8K放送用ポータブルズームレンズ
 

7×10.7 KAS Sは、焦点距離10.7-75mmをカバーする、7倍ズームの8K放送用ポータブルズームレンズ。画面中心から周辺部の隅々まで、8K放送用カメラに対応する解像力とコントラストを持ちながら、従来の2/3型4K放送用ポータブルズームレンズと同等の操作性を実現している。肩担ぎ撮影や機材運搬の際など、放送用機材に求められる機動性を確保しており、ドキュメンタリーや各種イベント撮影などの映像制作や、報道などにおけるさまざまなニーズに応えるとしている。

なお、UHD-DIGISUPER 51と7×10.7 KAS Sは、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」の同社ブース(ホール4/ブースNo.4314)にて展示予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-11-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

カールツァイス、Supreme Prime Radianceの発表会を開催。美しいルックやフレア表現が実現できる背景を解説

着々と導入が進むラージフォーマット時代の新定番レンズがコンセプトのSupreme Prime カールツァイスは11月13日、東京都内でハイエンドシネプライムのSupreme ... 続きを読む

[InterBEE2019]ATENジャパンブース:テロップが編集できる直感的なアプリがセットになったライブストリーミング向けマルチチャンネルAVミキサー「UC9020」を展示

アプリの編集機能が機能しているライブストリーミングのオールインワン器機登場 今年のATENジャパンブースは、新製品が多い。その中でも一風変わった存在感を放っているのが「Str... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレードを発表

「Ki Pro GO」 AJA Video Systems社は、Ki Proシリーズの新たなアップグレード「Ki Pro GO v1.5ファームウェア」および「Ki Pro ... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA、HDR Image Analyzer 12Gの8K対応を発表

AJA Video Systems社は、HDR Image Analyzer 12Gが新たに8Kに対応したことを発表した。Colorfront社との協業によって開発されたプラットフ... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA、openGear互換の12G-SDI分配増幅器「OG-12GDA-2×4」を発表

AJA Video Systems社は、openGear互換の12G-SDI分配増幅器「OG-12GDA-2x4」を発表した。希望小売価格は税別98,000円。 OG-12G... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2019]キヤノン初の8K放送用ズームレンズ2機種を発売