PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [InterBEE2019]キヤノン、InterBEE2019出展概要を発表。キヤノン初の8K放送用レンズやEOS C500 Mark IIなどの新製品を展示
News

[InterBEE2019]キヤノン、InterBEE2019出展概要を発表。キヤノン初の8K放送用レンズやEOS C500 Mark IIなどの新製品を展示

#Canon #Inter BEE 2019

2019-11-08 掲載

※写真は昨年の様子

キヤノンは、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」に出展する(ホール4/No.4314)。

同社ブースでは、「高解像度のその先へ。あらゆる映像表現の可能性を超えていく。」をコンセプトに、新製品やキヤノンの最先端技術を紹介する。展示内容の詳細は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

1.8K放送用ズームレンズなどさまざまな8K映像ソリューションを展示
世界最長※1焦点距離・世界最高※1の51倍ズームを実現した8K放送用フィールドズームレンズ”UHD-DIGISUPER 51″(2020年4月上旬発売予定)と、世界初※2の8K放送用ポータブルズームレンズ”7×10.7 KAS S”(2019年12月上旬発売予定)をはじめ、8Kに対応した豊富なレンズのラインアップを展示します。また、キヤノンが開発を進めている8K⁄HDR※3対応のカメラ、レンズ、ディスプレイのタッチ&トライができるほか、4Kプロジェクターを4台活用した8Kシアターでは、8K映像ならではの精細さと奥行きを体感することが可能です。

2.4K⁄HDR対応の高画質・高性能な映像制作機器を紹介
映像制作機器CINEMA EOS SYSTEMをはじめとする、4K⁄HDR対応の高画質・高性能な幅広い製品群を紹介します。5.9Kフルサイズセンサーと新開発の映像処理プラットフォームを搭載したデジタルシネマカメラの新製品「EOS C500 Mark II」(2019年12月下旬発売予定)、PLマウントのシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」(2019年6月より順次発売)、最大・全白輝度2,000cd⁄m2と高コントラスト200万:1を実現した業務用31型4K⁄HDRディスプレイ「DP-V3120」(2019年11月発売)などを体験できます。

3.実用化段階に進展した自由視点映像生成システムによる映像を上映
実用化段階に進展した自由視点映像生成システムによる、ラグビーの試合のハイライトシーンを上映します。自由視点映像は、実際のカメラ位置にとらわれない自由な位置や角度からの映像により、まるでグラウンドの中にいるような体験を提供します。

※1 1.25型センサー搭載の8K放送用カメラ対応フィールドズームレンズにおいて。2019年11月6日現在。キヤノン調べ。
※2 1.25型センサー搭載の8K放送用カメラ対応ポータブルズームレンズにおいて。2019年11月6日現在。キヤノン調べ。
※3 High Dynamic Rangeの略。映像の明部と暗部の輝度差(ダイナミックレンジ)を向上させる技術。

[ Category : ]
[ DATE : 2019-11-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン製カメラをウェブカメラとして活用可能なソフトウェア「EOS Webcam Utility」を無償提供

キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、キヤノン製カメラをウェブカメラとして活用できるソフトウェア「EOS Webcam Utility」の無償提供を2020年9月下旬に開始する... 続きを読む

キヤノン、インスタライブを9月24日に実施。噂の新コンセプトCINEMA EOS SYSTEM製品発表か?

キヤノンは、2020年9月24日21時から同社のプロクリエイター向けInstagramアカウントでインスタライブを実施する。 ティザーのグラフィックからは、ミラーレス一眼風の... 続きを読む

キヤノン、EOS R5/EOS R6の機能向上と修正を盛り込んだファームウエアVersion 1.1.1提供開始

キヤノンは、同社のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」「EOS R6」を対象に、以下の機能向上と修正を盛り込んだファームウェアVersion 1.1.1を公開した。同社Web... 続きを読む

キヤノン、川崎事業所内に「ボリュメトリックビデオスタジオ‐川崎」を開設。エンターテインメント分野に新たな映像体験を提供

キヤノンは、スポーツ分野で培った自由視点映像生成技術を応用し、キヤノン川崎事業所に自由視点映像、3Dデータコンテンツの撮影から編集までを行う「ボリュメトリックビデオスタジオ‐川崎」... 続きを読む

キヤノン、EOS R5の機能向上と修正を盛り込んだファームウェア提供開始

キヤノンは、同社のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」を対象に、以下の機能向上と修正を盛り込んだファームウェアVersion 1.1.0を公開した。同社Webサイトよりダウン... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [InterBEE2019]キヤノン、InterBEE2019出展概要を発表。キヤノン初の8K放送用レンズやEOS C500 Mark IIなどの新製品を展示