PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2019]ATENジャパンブース:テロップが編集できる直感的なアプリがセットになったライブストリーミング向けマルチチャンネルAVミキサー「UC…
News

[InterBEE2019]ATENジャパンブース:テロップが編集できる直感的なアプリがセットになったライブストリーミング向けマルチチャンネルAVミキサー「UC9020」を展示

#ATEN #Inter BEE 2019

2019-11-14 掲載

アプリの編集機能が機能しているライブストリーミングのオールインワン器機登場

今年のATENジャパンブースは、新製品が多い。その中でも一風変わった存在感を放っているのが「StreamLIVE HD UC9020」だ。サイズが小さいけれども高い機能性を持ったシンプルなライブストリーミングスタジオだ。ライブストリーミングのために必要なものはすべて用意されていて、コンピュータやモニター、複雑なソフトウェア設定も必要ない。そんな気になるUC9020の機能について、ATENジャパンの取締役 企画本部長のJovi Chan氏にお伺いした。

――StreamLIVE HD UC9020というのはどのような機材なのでしょうか?

UC9020は、iPadと組み合わせて使うポータブルでオールインワンのマルチチャンネルAVミキサーです。これまでYouTubeでライブ配信をしたい場合は、スイッチャーやオーディオのミキサー、映像の編集などの機材をそれぞれ準備する必要がありました。

UC9020を使えば、1080pビデオキャプチャ、ビデオスイッチ、ストリームを統合するミキサーデバイスブロードキャスター、ビデオコンバーター、ビデオスプリッター、オーディオミキサーをこの1つのコンパクトなボックスだけで可能になります。

YouTuberもこれ一台買うだけでも、すぐにライブ配信が可能なのが特徴です。国内では2019年11月中に発売予定です。

また、iPadは「iPad Pro」「iPad」「iPad Air」「iPad Mini」のすべてに対応しております。

――御社の製品の中でも、UC9020は新しいカテゴリーに属する製品のようですね。

当社には、「VanCryst」(ヴァンクリスト)と呼ばれるビデオソリューションの専門シリーズのラインナップがありますが、そちらのほうの開発チームではなくて、今回はSOHO向けの製品開発のほうのチームが作った製品になります。ターゲット層としてはYouTuberやコンシューマー向けのほうのお客様をメインで考えています。

ただ、UC9020は、一般のそのコンシューマ向けだけでなく、セミプロフェッショナルクラスにも十分使える仕様になっているというところが、この製品の面白いところです。

たとえば、生放送中にリアルタイムでテロップをいますぐに流したいときに、あらかじめ作っておいた素材を表示したり、その場で入力しておいて盛り上げることが可能です。

――これまでのハードウェア単体のスイッチャーと違って、テロップやレイヤーで編集できるビデオミキサー機能が特徴ですね。アプリはどういった使い勝手なのでしょうか?

UC9020のアプリは、App StoreからダウンロードできるATEN OnAirアプリになります。UC9020のコントローラーとしてだけでなく、モニター、画像レイアウトの編集、PIP設定の調整が簡単に可能です。画面上の右が実際に今ストリーミングを配信しているPGMプレビュー、左がその次のシーンのプレビュー画面のPRVプレビューなります。

例えば、プレビュー画面で画像の重なりを修正したい場合は、レイヤー編集で簡単に修正ができます。素材はPNGの透過型で用意していただいて、何枚も映像に重ねることが可能です。

また、事前に編集が終わったあとに、本体にメモリーが搭載されていて記録できます。事前に8つのシーンの編集を終えて記録をしておけば、iPadがなくても本体単体だけでも実は使えます。

プレビューをその場で確認しながら配信したいならば、iPadをつなぐことをお勧めします。かつ、途中で間違いに気がついても、すぐにその場で編集ができるというところが、UC9020の一番評価をいただいているところです。

――UC9020のビデオ入力環境はどのようになっていますか?

裏側をみていただくとわかりますが、4K HDMI入力ポートが1つと1080pHDMI入力ポートは2つの3つのHDMI入力ができます。

その3つのビデオ入力に対して、ピクチャインピクチャ機能や映像を重ねた演出をできるようになっています。ピクチャインピクチャ機能は大きさや位置を変えられます。編集が終わって、アプレイボタンを押した瞬間に配信のほうに反映される形になります。

――ライブストリームの対応はいかがでしょうか?

2つライブストリーミングプラットフォームをセットアップできます。あらかじめ申請をしていたサーバーURLとストリームキーを入力してそれぞれ2つ登録ができます。本体のGoLiveボタンを押すと、登録したURLのほうにストリーミングを開始、もう一度押すと停止します。配信は、登録したURLの1つか2つ同時にできます。

ちなみに、ATEN OnAirアプリには、オーディオミキサー機能も搭載されています。HDMIキャプチャ入力1つ、ダイレクトにつないでいるライン入力1つ、マイク入力1つなどを全部ミキシンしてストリーミングで流せるのも特徴となっています。

True 4K解像度、HDR10に対応したビデオマトリクススイッチャー登場

ATENジャパンブースでは、マトリクスのスイッチャーの新製品もいくつか展示されていた。

1つが、「VM6404HB」で、ATEN初のTrue 4K、4K HDR、60対応のマトリクススイッチャーだ。これまでの対応する4K解像度は、4,096×2,160@30Hz(4:4:4)、4,096×2,160@60Hz(4:2:0)までだったがTrue 4K規格への完全対応を特徴としている。4入力、4出力に対応しており、最近のHDRの規格のHDR10+、HDR10、Dolby Vision、HLG(Hybrid Log Gamma)すべてのHDRに対応している。

もう1つが、上位機種の32入力、32出力に対応できるマトリクススイッチャー「VM3250」。先ほど紹介したVM6404HBと同じで、シームレスの切り替えが可能。True 4K高解像度対応で、かつソースの切り替えの間にまったく黒画面がないというような処理を中のプロセッサで行っている。

地上波、BS、Cの4K放送を行う放送局もしくはポストプロダクションの現場に使われているほか、店舗や公共施設でよく見かけるビデオウォールでも使われているという。

マトリクススイッチャー「VM6404HB」 マトリクススイッチャー「VM3250」

ミキサーも含めた一体型や外部制御対応可能で、コストを抑えた4Kプレゼンテーションマトリックススイッチャー「VP1421」登場

今回初お披露目の4Kプレゼンテーションマトリックススイッチャー「VP1421」もブースの目玉展示だ。特徴は、一台でいろいろ揃っている。HDBaseT自身のトランスミッター、音声のミキサー機能、HDMIの入力ができてスイッチングが可能だ。

これまでは、ビデオマトリクススイッチャーとミキサーは別に用意されて、プロジェクターやディスプレイと組み合わせて会議室や教室のシステムを組むのことが多かった。

VP1421は、一台に映像入力、映像入力もHDBaseTも搭載している。映像にミキサーも内蔵しているということで、これだけでも音量の調整なども可能にしている。

入力はHDMI2つ、HDBaseT1つ、VGA1つの合計4つ。HDBaseT対応により、別々にソースからスイッチャーまでの間を伸ばすための延長器も必要ない。だいたいよく使うインタフェースが1つにまとまっているので、外部の機材を買い足す必要はないということも特徴だ。

出力は、HDMI1つ、HDBaseT1つの2つあり、HDBaseT対応のプロジェクターであればそのまま直結できる。受信機や延長器を用意する必要がないので機材の点数を少なくできる。

特にミキサーとかもすべて一体型にしており、全体的な金額もかなり小さくできる。かつ、外部制御対応も可能なのがVP1421の特徴だ。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-11-14 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[InterBEE2019]オタリテックブース:SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークソリューションを展示

オタリテックは、SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークのソリューションを提案したLAWOコーナーや、DECTワイヤレスインカムのRIEDELコー... 続きを読む

[InterBEE2019]タスカム/ティアックブース:Nikon D500とTASCAM VS-R265/VS-R264の組み合わせで4K高画質ライブ配信ソリューションのデモを実施

ティアックブースでは、TASCAMブランドの放送業務や設備機器の新製品のほか、輸入ブランドのKLOTZ AIS社の業務用ケーブルや、dBTechnologiesブランドのPA/SR... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

AJA Video Systemsブース動画 AJA Video Systemsブースレポート AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 1... 続きを読む

[InterBEE2019]平和精機工業ブース:新製品ビデオモノポッド「TH-M」や小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」など、使用用途に合わせた製品展示

平和精機工業ブース動画 平和精機工業ブースレポート 平和精機工業(Libec)は、プロダクションやブロードキャスト、プロビデオなどの使用用途に合わせたエリアをブース... 続きを読む

[InterBEE2019]アスク/ディストームブース:新製品のNDI KVMによる遠隔リモートコントロールや、テレプロンプターによるオートメーション機能などが追加されたVMC1/TriCaster Premium Accessを中心とした展示

アスクとディストームブースは、NewTekのTriCasterシリーズや3Playシリーズなどの国内取扱いに関するパートナーシップ契約を結んでおり、今年も共同ブースで出展。新製品と... 続きを読む

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目

RAIDブース動画 RAIDブースレポート RAIDはHELIUM 8K S35センサーを搭載したRED Digital CinemaのデジタルシネカメラRED... 続きを読む

[InterBEE2019]ソリトンシステムズブース:Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-telecaster Zao-SH」を展示

ソリトンシステムズはライブ映像中継システム「Smart-telecaster Zao-S」をメインに、Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-t... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2019]ATENジャパンブース:テロップが編集できる直感的なアプリがセットになったライブストリーミング向けマルチチャンネルAVミキサー「UC…