PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2019]ソニーブース:IPを利用した4K8K対応システム製品を展示

News

[InterBEE2019]ソニーブース:IPを利用した4K8K対応システム製品を展示

2019-11-19 掲載

ソニーブース動画

ソニーブースレポート

ソニーは「ともに創る。ともに進む。」をテーマに、IP Liveプロダクンシステムや放送設備の効率的な活用をサポートするソリューションLive Element OrchestratorなどのIPを利用した4K8K対応のシステム製品を出展。IPを利用することで、高付加価値の映像を効率的に制作するすることが可能となり、ライブ制作から映画やCMのほかドキュメンタリーなどの番組制作をカバーするカメラを始めとした様々な製品やシステムを提案。

Live Element Orchestratorは従来大規模なシステムで機器共有をする際に、煩雑な設定変更といった課題をクリアするもので、複数のシステムや他社製品を含む機器の統合的な管理およびリモートプロダクション運用時、特に重要なネットワークの監視を実現するソリューションとなっている。

例えば、スタジオサブシステムや中継車に設置されたカメラやスイッチャーなどの映像制作機器の設定や監視を一元的に行えるもので、従来個別に手動設定が必要だった作業をシステムから簡単に行うことが可能となる。また、各機器の状態監視、アラート機能を統合することで、ワークフローの効率化やダウンタイムの短縮、運用の省力化を実現。

SNS上に投稿された情報をAIが解析し必要な情報のみを自動収集するリアルタイム速報サービスpectee

また、AI技術を生かした新しいソリューションとしてSNS上に投稿された情報をAIが解析し、必要な情報のみを自動収集するリアルタイム速報サービスSpecteeや、音声合成技術を活用し音声読み上げを行うAIアナウンサー「荒木ゆい」など、サードパーティとの協力のもと新たな商品展開も進めている。

CCUレコーディングオプションHKCU-REC55は、カメラコントロールユニットHDCU-5500やHDCU-3500にインストールすることで、カメラヘッドで撮像した映像と音声を本体内にファイル記録することができるレコーディングオプションボード。なおイセンスオプションHZCU-UHD50をインストールすることで、4KHDRの記録や4K HDR/HD SDRの同時記録にも対応

なお、参考出展としてマルチフォーマットスタジオカメラHDC-5000およびカメラコントロールユニットHDCU-5000や24型4K(3840×2160)液晶ピクチャーモニター、新XDCAMドライブ、85型8K液晶テレビ、最小限のリソースで多彩なライブ配信が可能なストリーミング配信ソリューションなども出展されていた。

新製品としては、IBCで発表した新開発フルサイズイメージセンサー搭載のメモリーカムコーダーFX9や、大口径広角ズームレンズFE C 16-35mm T3.1 G、XDCAMショルダーカムコーダー最上位機種PXW-Z750、第3世代のアーカイブとしてオプティカルディスクアーカイブカートリッジODC5500Rや平均3Gbpsの高速データ転送を実現する光学ドライブユニットODS-D380UおよびODS-D380Fなどが出展された。

旋回型4KリモートカメラBRC-X400

旋回型4KリモートカメラBRC-X400は、4Kイメージセンサーを搭載し、水平画角約70°の広角撮影が可能な旋回型カメラ。NewTek社のNDI|HX機能を搭載しており、4K30pの全画素超解像ズーム80倍ズームのほか、テレコンモード、および700プロトコル、CGI、VISCA/VISCA over IPを含むカメラ制御プロトコルのサポートしている。タリーランプおよびゲンロックにも対応しているほか、電源、画像出力、カメラ制御を1本のEthernetケーブル上で行うことが可能。

参考出展の24型4K(3840×2160)液晶ピクチャーモニター

参考出展の24型4K(3840×2160)液晶ピクチャーモニターは、同社のピクチャーモニターLMDシリーズと同等の性能をもち、フィールドでの使用が可能なようにDC電源での使用に対応。電源はバックライトの消費電力が比較的大きいため24Vとなっている。消費電力は100-200Wほど。

新製品XDCAMメモリーカムコーダー「FX9」

FX9は、メモリーカムコーダーFX9は高速性と追従性に優れたファストハイブリッドAFや電子式可変NDフィルター、レバーロックタイプEマウント、1280×720の高精細LCDパネルを採用のビューファインダーなどを搭載しており、記録メディアにはXQDメモリーカードを採用している。4K+HD同時収録のほか、2スロット同時収録(HD時)やリレー記録が可能。記録コーデックとしてXAVC IntraやXAVC Longを搭載しているほか、MPEG HD422やSDカードを使ったXAVC Proxy収録にも対応。S-Cinetoneをデフォルトのルックとして搭載しているが、ワイドカラースペースS-Gamut3/S-Gamut3.cineおよびBT.2020にも対応している。

6Kフルサイズ裏面照射型Super 35mmサイズのCMOSイメージセンサーを搭載しており、15ストップ+の広いラチチュードと低ノイズを実現。感度はISO800とISO4000の2つの基準ISO感度を持つデュアルベースISOとなっているが、ISO800とISO4000のノイズレベルはほぼ同じでクリアな映像表現が可能。また、フルサイズ撮像でHD 120fps(将来のファームアップで180fps)のハイフレームレート撮影に対応しているほか、オプションの拡張ユニットXDCA-FX9からのRAW出力を他社製レコーダーで収録することによりSuper35mm撮像で4K(3840×2160)120fps収録も可能。

来春発売予定の大口径広角ズームレンズFE C 16-35mm T3.1 G(SELC1635G)

ズーム全域の開放絞りT3.1(F2.8相当)で高い光学性能とプロフェッショナルの動画撮影に求められる操作性を追求したシネマレンズで、超高度非球面(XA-extreme aspherical)レンズを2枚、非球面レンズ3枚を効果的に配置、諸収差を補正することで、ズーム・フォーカス全域で画面周辺まで高い解像性能を実現。フォーカスリング、ズームリング、アイリスリングに0.8mmピッチギアを搭載しフォローフォーカスなどが使用できる。さらにマットボックス(114mm径)やレンズサポートにも対応可能。

XDCAMショルダーカムコーダーPXW-Z750

XDCAMショルダーカムコーダーPXW-Z750は、4K 2/3型イメージセンサー搭載の3板方式を採用し、高色再現・高感度を実現したほか、グローバルシャッター機能により、フラッシュバンドや歪みのない映像表現が可能なほか、HD 120fpsのハイフレームレート撮影が可能。

従来のHD運用時と同様に、1本の同軸ケーブルで4K/60p映像を伝送できる12G-SDIに対応しているほか、ネットワーク機能を内蔵しているため、ストリーミングやファイル転送を本体のみで実現可能。また、報道制作向けクラウドサービスXDCAM airに対応することで、特に即時性が求められる報道用途やチームでの作業の多い制作用途において、効率的な素材管理を実現できる。

PXW-Z750の記録フォーマットは高効率圧縮・低ビットレートを実現したXAVC-L422 QFHD 200に対応しており、S-Log3とHybrid Log-Gammaの2つの方式を採用している。また、4K HDR/HD SDRの同時記録が可能で、4K HDRライブ制作のワークフローSR Live for HDRにも対応。 PXW-Z750は最新のイメージセンサーおよび信号処理により、高解像度に加えて高感度を実現している。夜間や暗所での撮影でもノイズの少ない映像を収録が可能。なお、2/3型イメージセンサーの採用により、既存のB4レンズ資産も活用できる ブース正面には9.7m×5.4mのCrystal LEDディスプレイシステム(8K×4K構成)を設置

なかば恒例となったCrystal LEDディスプレイシステムは今年もブース正面に設置され、8K×4K構成の9.7m×5.4mの大画面で、リアリティーあふれる8Kコンテンツなどを上映していた。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-11-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.02 TOYOTA、メルセデス・ベンツ、Sony~それぞれの「その次」の示し方~ MediaDay02

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 各社が次に問うモビリティとは? CESには世界160カ国から6,000人以上のメディア関係者が集まる。そのメディア関係者... 続きを読む

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[InterBEE2019]オタリテックブース:SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークソリューションを展示

オタリテックは、SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークのソリューションを提案したLAWOコーナーや、DECTワイヤレスインカムのRIEDELコー... 続きを読む

[InterBEE2019]タスカム/ティアックブース:Nikon D500とTASCAM VS-R265/VS-R264の組み合わせで4K高画質ライブ配信ソリューションのデモを実施

ティアックブースでは、TASCAMブランドの放送業務や設備機器の新製品のほか、輸入ブランドのKLOTZ AIS社の業務用ケーブルや、dBTechnologiesブランドのPA/SR... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

AJA Video Systemsブース動画 AJA Video Systemsブースレポート AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 1... 続きを読む

[InterBEE2019]平和精機工業ブース:新製品ビデオモノポッド「TH-M」や小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」など、使用用途に合わせた製品展示

平和精機工業ブース動画 平和精機工業ブースレポート 平和精機工業(Libec)は、プロダクションやブロードキャスト、プロビデオなどの使用用途に合わせたエリアをブース... 続きを読む

[InterBEE2019]アスク/ディストームブース:新製品のNDI KVMによる遠隔リモートコントロールや、テレプロンプターによるオートメーション機能などが追加されたVMC1/TriCaster Premium Accessを中心とした展示

アスクとディストームブースは、NewTekのTriCasterシリーズや3Playシリーズなどの国内取扱いに関するパートナーシップ契約を結んでおり、今年も共同ブースで出展。新製品と... 続きを読む

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目

RAIDブース動画 RAIDブースレポート RAIDはHELIUM 8K S35センサーを搭載したRED Digital CinemaのデジタルシネカメラRED... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2019]ソニーブース:IPを利用した4K8K対応システム製品を展示