PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目
Special

[InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目

2019-12-02 掲載

RAIDブース動画

RAIDブースレポート

RAIDはHELIUM 8K S35センサーを搭載したRED Digital CinemaのデジタルシネカメラRED RANGER HELIUM 8K S35とGEMINI 5K S35センサーを搭載したRED RANGER GEMINI 5K S35のほか、MONSTRO 8K VVセンサーを搭載したRED RANGER MONSTRO 8K VVというパッケージモデルを出展。その他にも、同社が取り扱うFocusbugのオートフォーカスシステムや、bebobのバッテリー、TERADEKのワイヤレス・システム、SmallHDのフィールドモニター、8k対応のDIソリューションColorFront 2019などを出展した。

RED RANGERパッケージはカメラ本体のほか最小限のアクセサリーがセットになっており、ユーザーの環境や用途に応じて追加するパーツやアクセサリーが少なく済ませる事ができるほか、保証や修理の場合の手数を省くこともできる。RANGER HELIUM 8K S35と、RANGER GEMINI 5K S35の2つのパッケージはセットされているカメラが新製品のRED GEMINI 5K S35およびRED GEMINI 5K S35である。

Focusbugはカナダのバンクーバーの会社で、今回デモされていたのはシネマレンズにAF機能を付加できるCine RTシステム。これは超音波で距離を計測する方式であり、カメラにセットされたセンサーで距離を計測し、それをレンズにセットしたサーボモーターでレンズのフォーカスリングを回転させてフォーカシングを行う。または専用の小型送信機を使うことでそこをフォーカスのターゲットにすることもできる。

Cine RTシステムは超音波を送受信するベースセンサーと距離情報表示などを行う高輝度LEDディスプレイユニット、設定を行うハンドセットコントロールユニット、フォーカスターゲットの超音波トランスミッターにより構成されている。

RED HELIUM 8K S35。スーパー35サイズのHELIUM 8K S35センサーを搭載しており、35.4メガピクセルの8Kで最大60fpsでの収録に対応

デュアル感度モード対応のRED GEMINI 5K S35。高分解能のHELIUMセンサーと比較して2Kおよび4Kの分解能で視野を増やすことができ、HELIUMまたはRED DRAGONセンサーよりもアナモルフィックなレンズカバレッジを可能にしている

RED MONSTRO 8K VV。40.96mmx21.60 mmの8Kフルサイズセンサーを搭載しており、8Kフルフォーマットで最大60fps、8K 2.4:1で最大75fpsの撮影が可能

RANGERパッケージはカメラ本体のほか、最小限のアクセサリーがセットになっている。セットの主な内容はProduction Top Handle、シム調整式 PLマウント、 LCD/EVF Dアダプター24V AC-DC電力アダプター 、レンズマウント用シムパック、トルクスレンチなど

Focusbug Cine RTシステムの超音波を送受信するベースセンサーと距離情報表示などを行う高輝度LEDディスプレイユニット。最大8箇所までのフォーカスポイントを設定できる

設定を行うハンドセットコントロールユニット。センサーユニットやディスプレイユニットなどとは2.4GHzのワイヤレスで最大240mまで離れても使用できる

フォーカスターゲット。約4×4cmほどのおおきさで、衣服の下にセットすることも可能。最大4台のトランスミッターを約36mの距離まで追跡可能

Vマウントタイプの小型バッテリーV98MICROやV150MICROのほか、シネマ系のカメラや照明などにも対応できる14.4V 81.6 Ah Li-Ion battery 24V/48Vなどbebobのバッテリーシステム

bebob VMF-VMICRO2 Vmicro Hotswap Plateを使用することで2つのバッテリーを装着することができ、交互にバッテリーを交換することが可能

SmallHD702 Bright Full HD Field Monitor。 Teradek Sidekick IIレシーバーをTと組み合わせることでワイヤレスモニターを構成することが可能

Colorfrontが8K HDR。新しいHDR GUIを搭載し、REDおよびPanavision DXL2 8K R3D素材のリアルタイム解凍/デベイヤ/再生を実行することが可能。HDRおよびフル8K解像度(7680×4320)はAJA Kona5ビデオカードを使用した8Kビデオ出力(最大60p)でSamsung 82インチQ900R QLED 8K Smartテレビに表示できる。なお、Colorfront Onset Set Dailies2019とExpress Dailies 2019は4K/8K SDR/HDRデイリーの実行可能性とモニタリングが可能で、ProRes RAW、Blackmagic RAW、ARRI Alexa LF/Alexa Mini LF、およびCodex HDE(High Density Encoding)をサポート


[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-12-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[InterBEE2019]オタリテックブース:SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークソリューションを展示

オタリテックは、SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークのソリューションを提案したLAWOコーナーや、DECTワイヤレスインカムのRIEDELコー... 続きを読む

[InterBEE2019]タスカム/ティアックブース:Nikon D500とTASCAM VS-R265/VS-R264の組み合わせで4K高画質ライブ配信ソリューションのデモを実施

ティアックブースでは、TASCAMブランドの放送業務や設備機器の新製品のほか、輸入ブランドのKLOTZ AIS社の業務用ケーブルや、dBTechnologiesブランドのPA/SR... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

AJA Video Systemsブース動画 AJA Video Systemsブースレポート AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 1... 続きを読む

[InterBEE2019]平和精機工業ブース:新製品ビデオモノポッド「TH-M」や小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」など、使用用途に合わせた製品展示

平和精機工業ブース動画 平和精機工業ブースレポート 平和精機工業(Libec)は、プロダクションやブロードキャスト、プロビデオなどの使用用途に合わせたエリアをブース... 続きを読む

[InterBEE2019]アスク/ディストームブース:新製品のNDI KVMによる遠隔リモートコントロールや、テレプロンプターによるオートメーション機能などが追加されたVMC1/TriCaster Premium Accessを中心とした展示

アスクとディストームブースは、NewTekのTriCasterシリーズや3Playシリーズなどの国内取扱いに関するパートナーシップ契約を結んでおり、今年も共同ブースで出展。新製品と... 続きを読む

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[InterBEE2019]ソリトンシステムズブース:Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-telecaster Zao-SH」を展示

ソリトンシステムズはライブ映像中継システム「Smart-telecaster Zao-S」をメインに、Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-t... 続きを読む

[InterBEE2019]ヴァイテックイメージング/ヴァイテックプロダクションズブース:befreeシリーズのハイスペックモデル「befree GT XPRO」や、Syrpのモーションコントロールデバイス「Genie Mini II」を展示

■ヴァイテックイメージングブース動画 ■ヴァイテックグループブースレポート ヴァイテックイメージングとヴァイテックプロダクションズは今年共同でブースを出展。トラベル... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目