PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目

News

[InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目

2019-12-02 掲載

RAIDブース動画

RAIDブースレポート

RAIDはHELIUM 8K S35センサーを搭載したRED Digital CinemaのデジタルシネカメラRED RANGER HELIUM 8K S35とGEMINI 5K S35センサーを搭載したRED RANGER GEMINI 5K S35のほか、MONSTRO 8K VVセンサーを搭載したRED RANGER MONSTRO 8K VVというパッケージモデルを出展。その他にも、同社が取り扱うFocusbugのオートフォーカスシステムや、bebobのバッテリー、TERADEKのワイヤレス・システム、SmallHDのフィールドモニター、8k対応のDIソリューションColorFront 2019などを出展した。

RED RANGERパッケージはカメラ本体のほか最小限のアクセサリーがセットになっており、ユーザーの環境や用途に応じて追加するパーツやアクセサリーが少なく済ませる事ができるほか、保証や修理の場合の手数を省くこともできる。RANGER HELIUM 8K S35と、RANGER GEMINI 5K S35の2つのパッケージはセットされているカメラが新製品のRED GEMINI 5K S35およびRED GEMINI 5K S35である。

Focusbugはカナダのバンクーバーの会社で、今回デモされていたのはシネマレンズにAF機能を付加できるCine RTシステム。これは超音波で距離を計測する方式であり、カメラにセットされたセンサーで距離を計測し、それをレンズにセットしたサーボモーターでレンズのフォーカスリングを回転させてフォーカシングを行う。または専用の小型送信機を使うことでそこをフォーカスのターゲットにすることもできる。

Cine RTシステムは超音波を送受信するベースセンサーと距離情報表示などを行う高輝度LEDディスプレイユニット、設定を行うハンドセットコントロールユニット、フォーカスターゲットの超音波トランスミッターにより構成されている。

RED HELIUM 8K S35。スーパー35サイズのHELIUM 8K S35センサーを搭載しており、35.4メガピクセルの8Kで最大60fpsでの収録に対応 デュアル感度モード対応のRED GEMINI 5K S35。高分解能のHELIUMセンサーと比較して2Kおよび4Kの分解能で視野を増やすことができ、HELIUMまたはRED DRAGONセンサーよりもアナモルフィックなレンズカバレッジを可能にしている RED MONSTRO 8K VV。40.96mmx21.60 mmの8Kフルサイズセンサーを搭載しており、8Kフルフォーマットで最大60fps、8K 2.4:1で最大75fpsの撮影が可能 RANGERパッケージはカメラ本体のほか、最小限のアクセサリーがセットになっている。セットの主な内容はProduction Top Handle、シム調整式 PLマウント、 LCD/EVF Dアダプター24V AC-DC電力アダプター 、レンズマウント用シムパック、トルクスレンチなど Focusbug Cine RTシステムの超音波を送受信するベースセンサーと距離情報表示などを行う高輝度LEDディスプレイユニット。最大8箇所までのフォーカスポイントを設定できる 設定を行うハンドセットコントロールユニット。センサーユニットやディスプレイユニットなどとは2.4GHzのワイヤレスで最大240mまで離れても使用できる フォーカスターゲット。約4×4cmほどのおおきさで、衣服の下にセットすることも可能。最大4台のトランスミッターを約36mの距離まで追跡可能 Vマウントタイプの小型バッテリーV98MICROやV150MICROのほか、シネマ系のカメラや照明などにも対応できる14.4V 81.6 Ah Li-Ion battery 24V/48Vなどbebobのバッテリーシステム bebob VMF-VMICRO2 Vmicro Hotswap Plateを使用することで2つのバッテリーを装着することができ、交互にバッテリーを交換することが可能 SmallHD702 Bright Full HD Field Monitor。 Teradek Sidekick IIレシーバーをTと組み合わせることでワイヤレスモニターを構成することが可能 Colorfrontが8K HDR。新しいHDR GUIを搭載し、REDおよびPanavision DXL2 8K R3D素材のリアルタイム解凍/デベイヤ/再生を実行することが可能。HDRおよびフル8K解像度(7680×4320)はAJA Kona5ビデオカードを使用した8Kビデオ出力(最大60p)でSamsung 82インチQ900R QLED 8K Smartテレビに表示できる。なお、Colorfront Onset Set Dailies2019とExpress Dailies 2019は4K/8K SDR/HDRデイリーの実行可能性とモニタリングが可能で、ProRes RAW、Blackmagic RAW、ARRI Alexa LF/Alexa Mini LF、およびCodex HDE(High Density Encoding)をサポート

[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-12-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[InterBEE2019]オタリテックブース:SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークソリューションを展示

オタリテックは、SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークのソリューションを提案したLAWOコーナーや、DECTワイヤレスインカムのRIEDELコー... 続きを読む

[InterBEE2019]タスカム/ティアックブース:Nikon D500とTASCAM VS-R265/VS-R264の組み合わせで4K高画質ライブ配信ソリューションのデモを実施

ティアックブースでは、TASCAMブランドの放送業務や設備機器の新製品のほか、輸入ブランドのKLOTZ AIS社の業務用ケーブルや、dBTechnologiesブランドのPA/SR... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

AJA Video Systemsブース動画 AJA Video Systemsブースレポート AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 1... 続きを読む

[InterBEE2019]平和精機工業ブース:新製品ビデオモノポッド「TH-M」や小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」など、使用用途に合わせた製品展示

平和精機工業ブース動画 平和精機工業ブースレポート 平和精機工業(Libec)は、プロダクションやブロードキャスト、プロビデオなどの使用用途に合わせたエリアをブース... 続きを読む

[InterBEE2019]アスク/ディストームブース:新製品のNDI KVMによる遠隔リモートコントロールや、テレプロンプターによるオートメーション機能などが追加されたVMC1/TriCaster Premium Accessを中心とした展示

アスクとディストームブースは、NewTekのTriCasterシリーズや3Playシリーズなどの国内取扱いに関するパートナーシップ契約を結んでおり、今年も共同ブースで出展。新製品と... 続きを読む

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[InterBEE2019]ソリトンシステムズブース:Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-telecaster Zao-SH」を展示

ソリトンシステムズはライブ映像中継システム「Smart-telecaster Zao-S」をメインに、Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-t... 続きを読む

[InterBEE2019]ヴァイテックイメージング/ヴァイテックプロダクションズブース:befreeシリーズのハイスペックモデル「befree GT XPRO」や、Syrpのモーションコントロールデバイス「Genie Mini II」を展示

■ヴァイテックイメージングブース動画 ■ヴァイテックグループブースレポート ヴァイテックイメージングとヴァイテックプロダクションズは今年共同でブースを出展。トラベル... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目