PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi P…

News

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

2019-12-03 掲載

AJA Video Systemsブース動画

AJA Video Systemsブースレポート

AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 12GやKUMO 6464-12Gルーター、新たに出荷開始となったCorvid 44 12G開発者向けI/Oモデルなどの新製品を出展。その他にも、11月14日に発表された、8K対応のHDR Image Analyzer 12G、ファームウェアバージョンアップされたKi Pro GO v1.5およびKi Pro Ultra Plus v5.0、openGearのカードとしてSD/HD-SDI対応のアップダウン/クロスコンバーターOG-FS-Mini、SDI 対応のスケーリングやフレームレート変換OG-ROI-DVI、HDMI対応のスケーリングやフレームレート変換OG-ROI-HDMIのほか、フレーム同期ミニコンバーターFS-Miniなどの各種コンバーターを出展した。

HDR Image Analyzer 12Gは今回新たに8Kに対応。リアルタイムでHDR/WCGモニタリングおよび分析ができるほか、無料ソフトウェアにより、最大8K/UHD2 HDRまでのコンテンツのモニタリングおよび分析を可能にし、高帯域ワークフローをケーブル1本で実現する。

11月14日に発表された8Kに対応。リアルタイムでHDR/WCGモニタリングおよび分析ができるHDR Image Analyzer12G HDR Image Analyzer 12Gは、12G-SDI接続で最大8Kの波形やヒストグラム、ベクトルスコープのモニタリングと分析に対応しており、PQ(Perceptual Quantizer)やハイブリッドログガンマ(HLG)といった、SDR/HDR規格のモニタリングと分析が可能。放送やポストプロダクションにおいて、クオリティコントロール(QC)やマスタリングなどで利用可能 openGearに内蔵されるカードとしてSD/HD-SDI対応のアップダウン/クロスコンバーターOG-FS-Miniと、SDI対応のスケーリングやフレームレート変換ができるOG-ROI-DVI、HDMI対応のスケーリングやフレームレート変換ができるOG-ROI-HDMIが新たに加わった Ki Pro GOのv1.5ファームウェアを発表

Ki Pro GOはv1.5ファームウェアにより、タイムコード付きのビデオを収録および再生可能となる。タイムコードはSDI入力信号のRP188から生成され、実時間での記録もしくは特定の時間に開始するよう設定可能。再生の際にはKi Pro GOのSDI出力信号にRP188として自動的にエンベデッドされる。また、5つのUSBポートすべてでバックアップとプライマリ収録が可能になり、ユーザーは希望する記録先をより自由に選択できる。さらに、今回のアップデートでは、新規クリップの名称ルールの設定とセグメント収録ができるようになり、各クリップにファイル名が自動的に付与され、収録が延長した際にも各セグメントを識別できる。

Ki Pro Ultra Plusのv5.0ファームウェアを発表

Ki Pro Ultra Plusは、v5.0ファームウェアで新たに対応となったInfinite Record(永久収録)モードは、すべての映像が自動的にキャプチャされ、常時稼働するバックアップレコーダーとして使用可能。Infinite Recordモードには、自動フォーマットと2つのAJA Pak Mediaスロットへのロールオーバーが含まれており、中断なく収録が行え、1つのドライブがいっぱいになった時でもダウンタイムが発生しない。Ki Pro Ultra PlusはSDI/HDMI接続経由で、最大4チャンネルのHD同時収録、または4K/UltraHD/2K/HDの収録と再生が可能。

Ki Pro GO v1.5ファームウェアおよびKi Pro Ultra Plus v5.0ファームウェアは近日中に無償で提供予定。

KUMO 6464-12Gルーター。SDIレートの自動リロッキングとBNC接続でのエンベデットオーディオにより、簡単なビデオルーティングおよび制御が可能。Dual Link/4K/Ultra HD/8Kワークフロー向けの複数の入出力をまとめて扱うことができ、これにより、非圧縮、圧縮、またはRaw 4K信号をシームレスにルーティングできる 3G-SDI、HD、SD高品質ビデオのフレームを同期し、アップ、ダウン、クロスコンバージョンに対応するコンパクトなミニコンバーターFS-Mini。タイミングの合っていない3G-SDI、HD、SDビデオ信号のフレーム同期を行うとともに、アップ、ダウン、クロスコンバージョンができる Corvid 44 12G BNCは、12G-SDI入出力を備えた8レーンPCIe 3.0ビデオ&オーディオI/Oカードで、ワークステーションやサーバー向けにロープロファイルで設計されている。8K/UltraHD2/4K/UltraHDのハイフレームレート(HFR)、Deep Color、HDR のワークフローをサポートし、マルチチャンネルの12G-SDI I/Oにより、8Kまたは複数の4Kデータの入出力にも対応可能。Corvid HEVCは、PCIe 2.0 8レーンのリアルタイムビデオエンコードカードで、4K HEVCエンコーディングを低レイテンシで行えるほか、1080pHDやそれ以下の解像度にも対応可能 IPT-10G2-HDMIとIPT-10G2-SDIは非圧縮HDビデオとオーディオの変換と転送が可能で、既存のHDMI信号や3G-SDI信号からSMPTE ST 2110へ変換し、IPベースのワークフローを実現。以前に販売されたレシーバーIPR-10G2-HDMIとIPR-10G2-SDIを補完する製品

[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-12-03 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[InterBEE2019]オタリテックブース:SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークソリューションを展示

オタリテックは、SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークのソリューションを提案したLAWOコーナーや、DECTワイヤレスインカムのRIEDELコー... 続きを読む

[InterBEE2019]タスカム/ティアックブース:Nikon D500とTASCAM VS-R265/VS-R264の組み合わせで4K高画質ライブ配信ソリューションのデモを実施

ティアックブースでは、TASCAMブランドの放送業務や設備機器の新製品のほか、輸入ブランドのKLOTZ AIS社の業務用ケーブルや、dBTechnologiesブランドのPA/SR... 続きを読む

[InterBEE2019]平和精機工業ブース:新製品ビデオモノポッド「TH-M」や小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」など、使用用途に合わせた製品展示

平和精機工業ブース動画 平和精機工業ブースレポート 平和精機工業(Libec)は、プロダクションやブロードキャスト、プロビデオなどの使用用途に合わせたエリアをブース... 続きを読む

[InterBEE2019]アスク/ディストームブース:新製品のNDI KVMによる遠隔リモートコントロールや、テレプロンプターによるオートメーション機能などが追加されたVMC1/TriCaster Premium Accessを中心とした展示

アスクとディストームブースは、NewTekのTriCasterシリーズや3Playシリーズなどの国内取扱いに関するパートナーシップ契約を結んでおり、今年も共同ブースで出展。新製品と... 続きを読む

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目

RAIDブース動画 RAIDブースレポート RAIDはHELIUM 8K S35センサーを搭載したRED Digital CinemaのデジタルシネカメラRED... 続きを読む

[InterBEE2019]ソリトンシステムズブース:Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-telecaster Zao-SH」を展示

ソリトンシステムズはライブ映像中継システム「Smart-telecaster Zao-S」をメインに、Zao-Sの次世代ファームウェアを搭載した超短遅延ライブ中継機「Smart-t... 続きを読む

[InterBEE2019]ヴァイテックイメージング/ヴァイテックプロダクションズブース:befreeシリーズのハイスペックモデル「befree GT XPRO」や、Syrpのモーションコントロールデバイス「Genie Mini II」を展示

■ヴァイテックイメージングブース動画 ■ヴァイテックグループブースレポート ヴァイテックイメージングとヴァイテックプロダクションズは今年共同でブースを出展。トラベル... 続きを読む

特集記事

Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示